Happy Birthday to Me Part5
in Busan(釜山)

2005.12. 2(金)

 もう恒例となってしまった、誕生日の自分へのご褒美。40歳を過ぎて始めた
このイベントも、今年で5回目となった。HPにアップするために、やっているの
では?と思わないでもないが、まー、一年に一度ぐらいは(一度と言わず、何
度も遊び歩いているじゃないか、という声はこの際無視して・・・)こんなヤラセが
あってもいいじゃないか。

 4年前の12/2は子供達と3人で福岡に行って、麻子は買い物をするからと、
崇弘と二人で「ライオンキング」を見て、久留米に帰ってレストラン「サンマルク」
でバースディディナーを楽しんだ。

        Part.1 2001.12. 2 42才の誕生日

 3年前の12/2も同じく3人で福岡に行って、またまた崇弘と綾戸知絵のコンサ
ートを聴いた。(麻子はこの日も一人で天ブラしていた)そして、子供達にドトール
コーヒーのフルーツミルクレープをおごってもらった。

        Part.2 2002.12. 2 43才の誕生日

 なのに、2年前の12/2は、とっても寂しいバースディだった。舞台やコンサート
の予定もなく、仕方なく一人でランチを食べてきた。上津・藤光バイパスから、
ちょっと入ったところにある、小さな和食屋さん「和」だ。何度か行ったことがあ
ったので1,000円のランチを食べた。(そのお店も数ヵ月後に閉店となってしまっ
た)

          Part.3 2003.12. 2 44才の誕生日

 昨年は、一昨年のリベンジを果たそうと(と言いつつ、結局昨年も一人だった
が)福岡に劇団四季のミュージカル「異国の丘」を観に行き、そのあと福岡のイ
ルミネーションを楽しんできた。

          Part.4 2004.12. 2 45才の誕生日

 そして、今年。長年の夢だった日本脱出を図るべく取得したパスポート。その
パスポートにとにかく「出国・入国」のスタンプが欲しくて、一番手軽な外国、韓
国、それも博多から高速船で3時間で行ける釜山に行くことにした。誕生日の
朝9時に博多港を出港して、翌日の朝8時には帰港という23時間の釜山への旅
である。果たして、初めての海外旅行、どうなることやら・・・

博多港国際ターミナル利用券 高速コビーの乗車券 左が日本入国、右が日本出国の査証
博多港国際ターミナル利用券 高速船コビーの乗車券 左が日本入国、右が日本出国の査証

 最初から終わりまできっちり写真に撮ってくる私のこと、もちろん博多埠頭の
ターミナルビルから、両替をした「新韓銀行」、高速船コビーの中からの風景、
など撮影していた。うん、間違いなく。それなのに、昼食を食べようとしてその
写真を撮ろうとして、日本出国前後の写真が消えていることに気がついた。と
ても不思議なのだが、メモリーからすっかり消えてしまっていたのだ。もしかし
て、入国審査時に機械を通した時にメモリーが消去されてしまったとか・・・
そんなことないよねー。で、気を取り直して釜山港ターミナルビルから。

入国審査(このように日本語で書いてあるとよくわかるのだが・・・)
入国審査(このように日本語で書いてあるとよくわかるのだが・・・)

ターミナルビル2階の土産物屋(ここは日本語が通じるし、日本円での支払い(おつりも)もOKだった)
韓国土産が所狭しと置いてある(矢印の女性が左の写真) 日本語が堪能なかわいい店員さん
韓国土産が所狭しと置いてある(矢印の女性が右の写真) 日本語が堪能なかわいい店員さん

「伽○会館」○は変換出来ない)   釜山に着いてまず腹ごしらえ。
 ターミナルビルにある食堂なら、
 日本語も通じるし、日本円で支
 払いができますよ、とのことだっ
 たので、3階にある「伽○会館」
 (○は変換出来ない)。どう読む
 のかわからないが・・・、で食事
 をした。

韓国は金属の箸とスプーンである 要らないのにこれだけの副菜がついてくる 石焼きビビンバ(おいしかったよー)
韓国は金属の箸とスプーンである 要らないのにこれだけの副菜がついてくる 石焼きビビンバ(おいしかったよー)

両替をやってくれる釜山銀行 今日(12/2)の交換レートは・・・
両替をやってくれる釜山銀行 今日(12/2)の交換レートは・・・

コンビニというか売店というか・・・      . 珈琲や軽食などが摂れるスナック
コンビニというか売店というか・・・ 珈琲や軽食などが摂れるスナック

 ターミナルビルの観光案内所(ここのお姉さんも日本語がとてもお上手)で、私が
ひとりで歩いて回れそうなところを教えてもらって、いざ、釜山の町へ。

日本とほとんど変わらない光景もありました(パトカー、バス、POST)
日本と比べて色が控えめなパトカー 路線バス(前方から) 路線バス(側面から)
日本と比べて色が控えめなパトカー 文字さえ日本語なら、日本のバスとまったく同じだった
郵便ポスト         . 郵便物集配車
郵便ポスト 郵便物集配車

釜山の街にそびえ立つビル群(釜山は福岡市よりも大きな(人口の多い)都市だった)
釜山の街にそびえ立つビル群1 釜山の街にそびえ立つビル群2 釜山の街にそびえ立つビル群3

港に停泊していた客船(フェリーかしら?)
港に停泊していた客船1 港に停泊していた客船2

釜山の街で見かけたものetc.
雑居ビルの案内板 テナントに入居している店舗(?) どこかの駐車場
雑居ビルの案内板 テナントに入居している店舗(?) どこかの駐車場
斜め上方に伸びたこれは何?後方はスーパー銭湯        . 何かの注意書きだとは思うのだが・・
斜め上方に伸びたこれは何?後方はスーパー銭湯 何かの注意書きだとは思うのだが・・

龍頭山公園に続く並木道 並木道でくつろぐ人々
龍頭山公園に続く並木道 並木道でくつろぐ人々

上の写真の並木道でたくさんみかけた石碑。ハングルで書いてあったので読めませ〜ん。
(写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます)
石碑1
石碑1
石碑2
石碑2
石碑3
石碑3
石碑4
石碑4

龍頭山公園
(Yongdusan Park)

釜山に来たことの証拠に1枚だけ
龍頭山公園案内図(クリックすると拡大図が見られます)
釜山に来たことの証拠に1枚だけ(三脚で撮りました) 龍頭山公園案内図(クリックすると拡大図が見られます)

釜山市のシンボル、釜山タワーをいろんな所から撮ってみました
龍頭山公園に行く途中の並木道から撮りました タワーの下に楼閣を入れて 「龍頭山公園」の碑の後に撮ってみました
龍頭山公園に行く途中の並木道から タワーの下に楼閣を入れて 「龍頭山公園」の碑を入れて

大釣鐘を奉納している釣鐘堂 大釣鐘(どれくらいの重さあるんだろう)
大釣鐘を奉納している釣鐘堂 大釣鐘(どれくらいの重さあるんだろう)

李舜臣将軍の銅像   . 何かの記念碑(?)   . 龍のオブジェ
李舜臣将軍の銅像 何かの記念碑(?) 龍のオブジェ

タワー展望室&水族館のチケット売り場 個人大人同時入場割引券(5,000ウォン約430円) 公衆電話
タワー展望室&水族館のチケット売り場
(タワー展望室 3,500ウォン、水族館 2,500ウォン
同時入場割引券 5,000ウォン)
個人大人同時
入場割引券
(5,000ウォン約600円)
公衆電話
(電話帳等もあって、日本とほとんど変わらない)

では、高さ120m(だったかなー)の釜山タワーの展望台へ上ってみましょう

ここから展望室へ  上りエレベーターは
 展望室の一階下で
 下ろされて、左の入
 り口から入り、右の
 狭い狭い階段を登っ
 て展望室へ行きます。
展望室への狭い狭い階段

この望遠鏡を覗くと北朝鮮が見えるのかな         . 展望室で食べたアイスクリーム
この望遠鏡を覗くと北朝鮮が
見えるのかな(まさかね!)
アイス(ソフト)クリーム大好きな
私はここでも食べてしまった

展望室から見た釜山の町。さすがに韓国第二の都市であり、一番の港町である。
(写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます)
釜山タワーから見た釜山の町並み1
タワーからの遠望1
釜山タワーから見た釜山の町並み2タワーからの遠望2 釜山タワーから見た釜山の町並み3
タワーからの遠望3
釜山タワーから見た釜山の町並み4
タワーからの遠望4
釜山タワーから見た釜山の町並み5
タワーからの遠望5

 タワーの2階にもおみやげ屋があり、日本語の上手なおじさんにつかまってしまった。
このおじさん、名前を「呉 昌植(オ チャンシキ)」といい、自分のことを「おっちゃんだよー」
なんて言っていた。英・露・中・日・韓の5カ国語を使いこなすスーパーおじさんで、この
おじさんの巧みな話術にはまってしまった私は、残り少ないお金を使い果たしてしまった。

名物おじさんの名前は「オチャン」と言う     . 所狭しと並べられていた韓国スターのグッズ
名物おじさん、名前は「オチャン」 所狭しと並べられていた韓国スターのグッズ

水のサーバー   私の大好きな韓国スター、キム・スウンが主演した 
 ドラマ「新貴公子」は、水の配達人が主人公である。

  日本では想像できないが、韓国では水道水は飲ま
 ないようにと注意を受けていた。その代わり、どこにも
 このような水のタンクが備え付けられていて、定期的
 に配達人がこのタンクを取り替えに来るようになって
 いるそうだ。

  このタンクを見た瞬間、「うわー、新貴公子みたい」と
 思い、つい写真を撮ってしまった、というわけである。
水のタンク

釜山タワーから降りてきて、龍頭山公園を歩いていたらこんなものを見かけた
長崎の平和公園みたいに鳩がいっぱい コカコーラの自販機や看板がこんなところに
長崎の平和公園みたいに鳩がいっぱい コカコーラの自販機や看板がこんなところに

国 際 市 場

 国際的な商品がいろいろ取引されているところということで、「国際市場」と呼ばれ
始めたこの市場には総勢1,400あまりのお店(露店)がある。雑貨、服、皮製品、電気
製品、玩具、アクセサリー、食べ物など様々な商品を安く提供しており、いつも人混み
でにぎやかである。だけど、雨の時はどうするんだろー。

露店で天ぷらをあげていた。とてもおいしそうだったので、イカの天ぷらを食べてみることに・・・
どんぶりに入ったタレをつけて食べる 肉厚のイカの天ぷら イカの天ぷらが400ウォン
どんぶりに入ったタレをつけて食べる 肉厚のイカの天ぷら イカの天ぷらが400ウォン

狭い路地を占領しているかのような露店の数々。国際色あふれるお店もいっぱい。
(写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます)
アクセサリー
アクセサリー
CD(日本のCDもあった)
CD(日本のCDもあった)
帽子
帽子
めがね
めがね
焼きソーセージ
焼きソーセージ
バッグ
バッグ
キャラクタースリッパ
キャラクタースリッパ
巻きずし&キムチ
巻きずし&キムチ

カボチャが入ったぜんざい          . マクドナルドのお店がありました
カボチャが入ったぜんざい(2,000ウォン)
(思ったほど甘くなかった)
国際市場の近くにはどこか
で見たような看板が・・・

    国際市場からチャガルチ市場に行こうとしたときに、残酷にもデジカメの電池が
   プチンと切れてしまった。2セット(8本)のニッケル水素電池を持って行っていたにも
   かかわらず、この失態だ。カメラが使えなきゃチャガルチ市場に行く意味がない。
   そこで必死に電池を売っているところを探した。ようやく見つけたコンビニにあった
   電池がコレ。韓国では5本セット(1本はおまけか?)で売っている。韓国で売られ
   ていた証拠が右の写真。
ようやく見つけた単三電池     . ハングル表記がある乾電池

左の写真だと日本ででも売ってそうな乾電池
だが、韓国で売っていた証拠にハングルで表
記してある箇所がある

ようやく見つけた単三電池
(3,700ウォンぐらいだった)

チャガルチ市場
(Jagalchi)

 港町・釜山ならではの巨大水産物市場として、新鮮な活魚と各種の海産物を
安く購入することが出来る。ここの雰囲気、何となく沖縄・那覇の公設市場に似
ている。要するに元気なおばあがたくさんいるのである。シーフード大好きな私
だったが、ここにたどり着くまでにお小遣いをほとんど使い果たしてしまい、ここ
ではまったく買い物ができなかった。何という無計画。切腹〜。

チャガルチ市場の入場ゲート   . チャガルチ市場の大漁(?)旗
チャガルチ市場の入場ゲート チャガルチ市場の大漁(?)旗

元気なおばあたちが活躍する市場
元気なおばあたちが活躍する市場

氷の上に鯛がいっぱい ヒラメやカレイも安かったよー 貝類やエビなどもたっくさん・・・
氷の上に鯛がいっぱい ヒラメやカレイも安かったよー 貝類やエビなどもたっくさん・・・

市場で買った魚介類をこの食堂で調理してくれる 市場の隣には乾物屋さんがずらーっと並んでいる
市場で買った魚介類をこの食堂で調理してくれる 市場の隣には乾物屋さんがずらーっと並んでいる

 以上で、お金も時間もなくなってしまった。また港まで歩いて帰らなければ
ならない。そこで地下街に入ったら、また方角がわからなくなってしまい、何
度も尋ねた。でもみんな親切に教えてくれた。買い物もしないのに、地図ま
で書いて教えてくれたおばちゃんもいた。

地下街のお店をのぞいてみました
子供用のチマチョゴリがたくさん・・・       . 絵を描いているお姉さん
子供用のチマチョゴリがたくさん・・・ 絵を描いているお姉さん

韓国の家電量販店   時間があったので、家電量販店(ベスト電器
 のようなお店)があったので、立ち寄ってみた。

  いろんな商品があったが、それらすべてが
 SUMSUNG(サムソン)のもので、日本製のも
 のがまったくなかった。いや、ひとつだけあっ
 た。それは、CASIOの電子辞書。もちろん韓国
 語版だ。

  私の予想では、ビデオカメラやデジカメは、
 日本製の物がたくさん並んでいると思ってい
 たが、予想は大きくくつがえされた。

  やはり、自分の足と目で確認しないとわから
 ないものもあるということがわかった。

こんな電光表示板があったのだけれど・・・   . 港の入り口にあったゲート
こんな電光表示板があったのだけれど・・・ 港の入り口にあったゲート

ターミナルビルにあったインターネットカフェ 晩ご飯に食べた牛肉クッパ(確か5,000ウォン)
ターミナルビルにあったインターネットカフェ(日本語対応
ではない)【5分100ウォン、25分500ウォンだったかな?】
晩ご飯に食べた牛肉クッパ(確か5,000ウォン)

 さあ、これで滞在時間7時間の釜山の旅も終わりである。韓国語はしゃべれない、
ハングルは読めない、ガイドさんもいないという「3ない」一人旅。このツアーを申し込
んだJTBの方も「初めての海外旅行のようですが、大丈夫ですか?」ととても心配さ
れていた。

 まー、今回はどこでもいいからとにかく日本脱出をしたかっただけで、ただお金も
時間も無かったから、必然的に行き先は釜山ということになったというわけである。
道を尋ねるのは大変だったが、買い物をするところは日本語が分かる人がいて、そ
れほど不自由することはなかった。観光ツアーで行くよりは、ずっと新鮮でスリリング
な旅行だった。

 ところで、両替していった韓国ウォンをほとんど使い果たし、手元に残ったのは、
1,050ウォン(約125円)だけだった。それなのに、港湾使用料2,200ウォンを請求され
てしまい、「お金ないんですけど」と言ったら「日本円でもいいですよ」と流ちょうな日
本語で言われたので「では、それでお願いします」と言ったら「300円になります」と
言われた。日本円での支払いの方が若干高めか。

       最後に残った韓国ウォン 1,050ウォン

「ニューかめりあ号」の乗船券(二等客室 440号室) 左が韓国入国、右が韓国出国の査証
「ニューかめりあ号」の乗船券(二等客室 440号室) 左が韓国入国、右が韓国出国の査証

出国審査 免税店 乗船ゲートへの案内板
出国審査 免税店 乗船ゲートへの案内板

「ニューかめりあ号」の船尾 案内の女性(韓国人) 「ニューかめりあ号」の船体
「ニューかめりあ号」の船尾 案内の女性(韓国人) 「ニューかめりあ号」の船体

「ニューかめりあ号」の船内
私が宿泊した二等客室440号室           . 二等客室の中(10人部屋)
私が宿泊した二等客室440号室 二等客室の中(10人部屋)
お風呂入り口 お風呂内洗面所 脱衣場(着替え入れロッカー)
お風呂入り口 お風呂内洗面所 脱衣場(着替え入れロッカー)

いよいよ、釜山ともお別れ。出航した船から撮った、釜山の夜景
いよいよ、釜山ともお別れ。出航した船から撮った、釜山の夜景

JR博多駅のカフェで食べたモーニング   12/2の夜8時に「ニューかめりあ号」に乗り込み
 11時頃に釜山港を出港。6時間かけて真夜中の
 海を航海し、12/3の朝5時に博多港に到着。入国
 手続きが必要なため、3時間、船の中で待機して
 8時に下船。

  前日9時出発して、たった23時間で帰国という
 超ハードスケジュールな釜山旅行はこうして終
 わった。釜山ではまったく乗れなかったバスに、
 さっさと乗り込んでJR博多駅まで。そこで、遅めの
 朝食(モーニング)を摂る。ようやく日本に帰ってき
 たな、と実感した。

 たかが、7時間の釜山滞在なのに、こーんなに買い物をしてしまった。あらためて
自分のアホさ加減に驚いている。ちなみに、私はイ・ビョンホンのファンであり、チャ
ングム役のイ・ヨンエは叔父が大好きなのである。食べものは一応韓国定番を押さ
えてきたつもりだが・・・

 まー、次に行くときにはもう少し考えて買わなくっちゃ、と反省している・・・
        (写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます)
イ・ビョンホンストラップ1
イ・ビョンホンストラップ1
イ・ビョンホンストラップ2
イ・ビョンホンストラップ2
イ・ビョンホンキーホルダー
イ・ビョンホンキーホルダー
イ・ビョンホン小銭入れ
イ・ビョンホン小銭入れ
イ・ビョンホンカレンダー
イ・ビョンホンカレンダー
イ・ヨンエマグカップ
イ・ヨンエマグカップ
イ・ヨンエストラップ
イ・ヨンエストラップ
イ・ヨンエ栓抜き
イ・ヨンエ栓抜き
誕生石ストラップ
誕生石ストラップ
ルイ・ヴィトン小銭入れ
ルイ・ヴィトン小銭入れ
うなぎ皮財布
うなぎ皮財布
携帯電話ケース
携帯電話ケース
韓国の箸とスプーン
韓国の箸とスプーン
韓国海苔
韓国海苔
キムチ
キムチ
サムゲタン
サムゲタン
「冬のソナタ」チョコ
「冬のソナタ」チョコ
辛ラーメン
辛ラーメン
アカすり石けん
アカすり石けん
ペ・ヨンジュンカレンダー
ペ・ヨンジュンカレンダー

 この年(隠すこともないので、46才)になるまでなんで海外に行ったことがなかった
んだろう。唯一のチャンスだった新婚旅行も北海道だったし(今から考えれば、韓国
旅行より時間も費用もずっとかかっていたのだが)、何よりも英語を始めとして外国
語を話せない、ということが一番のネックだった。

 だけど、今回たった一人で初めての海外旅行を経験してみて、言葉の壁というの
はたいした障害ではないことがわかった。もちろん、日本のように治安や水のこと
などすべて信用できるわけではないから、安心は禁物だが。

 要するに海外は行こうという気持ちと、現地でなんでも挑戦してみようという気持
ちがあれば何とかなると思った。さあ、2006年は海外にどれだけ行けるだろうか・・