from 2003.10. 7
「明善高校」での
保護者会活動のページ


  2005.11.29(火) 平成17年度 保護者会役員研修会

 4年前に始めて経験した保護者会役員研修会も今回で5回目、そして最後となった。
この4年間で熊本・長崎・大分など北部九州を中心に回ったので、今年は南部に行ける
かな、と少しは期待していたが、この期待は見事に外れ、一番近い(遠い福岡県内の高
校よりも近い?)佐賀県立致遠館高校に行くことになった。今までに行った、伝統校と違
い、開校以来17年という歴史の浅い学校である。その上、2年前に中学部も併設され、
中高一貫校となった、いままでの視察校とはひと味違った高校でもある。その辺の所を
じっくり視察してきたい。

 そして、昨年から高校+大学の視察と言うことで、今年は明善生が一番多く行きたい
と希望している大学、九州大学の伊都キャンパスを視察することになった。今年の10月
より工学部系の一部の学科から移転が始まり、これから約15年かけて、医学部等一部
の学部を除いて、すべての学部がここに移転してきて、一大学術拠点ができあがると
言う。まだ、その端緒についたばかりの伊都キャンパスへ、きっとこの先来ることもない
だろうなー、と思いつつ視察に行くことに・・・

  佐賀県立致遠館高校と九州大学伊都キャンパスへの研修会のページ 

   2005.11.10(木)
 筑後地区公立高等学校父母教師会連絡協議会研修会  
                         
於 ホテルニュープラザ久留米


 私が明善高校の保護者会役員になって5年目。その間、この研修会も5回開催されたわ
けだが、昨年をのぞいて今回で4回目の参加となる。もう、この研修会がどのように進行さ
れ、懇親会がどんな感じで行われるのかもしっかり頭の中に入ってしまった。その研修会も
出席するのは今回で終わりである。

 特に今年は、桑野会長が県高P連の会長、大雄校長が筑後地区校長会の会長として2
人とも来賓席に座られるという、明善高校にとってはとても名誉な会であった。
         研修会の横断幕と国旗と県PTA旗
     発表のテーマ   発表のテーマ   県内高校のPTA広報紙
 PTA広報紙の優秀作品
     挨拶される大雄校長   大雄校長と桑野会長   挨拶される桑野会長
       挨拶される大雄校長     大雄校長と桑野会長      挨拶される桑野会長

   2005. 8.26(金)〜28(日)
   第55回 全国高等学校PTA連合会大会 『長野大会』

 とうとう長野までやってきてしまった。明善高校はPTAの全国大会には参加しないという方
針のため、九州地区で開催される全国大会以外は参加できないとあきらめていた。しかし、
今年度から2年間、保護者会会長の桑野さんが、福岡県の高P連の会長になられたという
こともあり、それならご一緒に全国大会に参加させてください、ということで、急遽参加が決
まった。

 しかし、長野は遠かった。特に出発した26日は前日夜から台風11号が東海から関東地区
に接近しており、飛行機が飛ばないかもしれない、という状況だった。しかし、夜が明けてみ
ると、台風は海上に去り、台風の影響を受けることもほとんどなく、予定通りに羽田空港に到
着した。モノレールで浜松町→東京と乗り継いで、初めて長野新幹線「あさま」の乗って2時
間。高校の修学旅行以来、約30年ぶりの長野入りである。

 女性理事3人で訪れた長野の旅行記はまた改めてアップすることとして、まずは、長野大
会の様子を下記にアップしたので、ご覧下さい。

       第55回 全国高等学校PTA連合会大会 『長野大会』

         メイン会場の長野市ビッグハット(長野オリンパックアイスホッケー会場)
            メイン会場の長野市ビッグハット(長野オリンパックアイスホッケー会場)

 副会場の前で明善高校の出席者の記念撮影   私たち福岡県の席は、上のメイン会場では
 なかった。副会場の長野県県民文化会館で
 スクリーンを見ながらの大会参加となった。

  写真左より、城理事・半田監事・私、桑野
 会長・杉山参事事務長である。

   2005. 6.24(金)
   第49回 九州地区高等学校PTA連合会大会 『宮崎大会2005』

 
一昨年の沖縄、昨年の福岡に続いて、今回で3年連続3回目の参加となる九州大会。一昨
年の沖縄に味をしめ、今年もできれば遠いところ(宮崎or鹿児島)ならぱいいな、と思っていた
ら、今年は何と宮崎だという。理事会でどなたか出席される方は、との会長の依頼に手を挙げ
たのが私と、副会長と岸田さんだけだった。もっとたくさんの方が行かれるだろうと思っていた
が、結局私と岸田副会長、学校から大雄校長の3名(桑野会長は県高P連の役員として別行
動)ということになった。だけど、あとでわかったのだが、宮崎へのアクセスの悪さがみんなの
参加をためらわせたのではないかと。

 10年ぶりの宮崎だったのだが、飛行機は乗っている時間は短いもののその前後の時間が
かかりすぎるし、JRは言うに及ばず。結局久留米インターから高速バスに乗って宮崎往復し
たのだが、片道3時間半もかかってしまった。つい先日名古屋に行って来られたばかりの校
長と副会長が「新幹線で名古屋から帰ってきたごたるねー」とおっしゃっていた。それほど、
宮崎は遠いわけである。

 それでも、宮崎に到着したら宮崎出身の小倉工業高校の校長先生が、車で迎えに来てくだ
さっていて、小倉工業のPTAの方3名とともに、私たちを平和台公園に案内して下った。
                    
                    「10年ぶりの宮崎」

シーガイアの象徴、高さ154メートルのシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート  翌日も、私たちの宿泊しているホテルに迎えに来て下さっ
て、「宮崎大会2005」の会場であるシーガイアへ。もちろん
ここも10年ぶりである。会場も同じ所(ワールドコンベンション
センター「サミット」&宮崎国際会議場)で、午前中は分科会
となっていた。

 第1と第2野分科会は
「サミット」で開催されるのだが第3
分科会は国際会議場でサミットと少し離れた場所だったので、
両校長がそちらに行かれた。

 私が出席した第1分科会は「青少年の健全育成とPTA活動」
に関する事例発表。パワーポイントを使っての発表あり、日南
弁を使っての発表あり、とても楽しいものだった。
シーガイアの象徴、「シェラトン・
グランデ・オーシャンリゾート」
私が出席した第1分科会会場 サミットホール(樹葉)
「青少年の健全育成とPTA活動」
.      . 私が出席した第1分科会会場「青少年の健全育成とPTA会場」
第1分科会 第2分科会 全体会
         . 第1分科会      . 第2分科会      . 全体会
  .  午後の部にも参加したかったのだけれど、なんせ
遠い宮崎のこと。高速バスの時間の関係で、午前
の部で退出することにした。いつものお弁当を会場
で頂いて、小倉工業の校長先生の車に乗って、綾
町に案内してもらい、「酒泉の杜」で昼食。そこで
おみやげを買って、宮崎駅まで送ってもらい、高速
バスに乗り込んだ。長い長い宮崎への旅だった。
会場で頂いたお弁当
会場で頂いたお弁当

   2005. 6.14(火)  
      平成17年度福岡県高等学校PTA指導者研修会


 更新をさぼっていたら、いつの間にか新年度(平成17年度)になっていた。いよいよ、泣いても
笑ってもPTAの仕事をするのは今年度で終わりである。というわけでもないが、明善高校保護
者会の役員として最後の年に当たり、「監事」の役を拝命した。私の中では「監事(監査)」とは、
年度の終わりに会見監査をするだけという思いがあったが、監査の仕事の他にもいろいろとす
ることはあるようだ。

 で、今年度の最初の仕事として県高等学校PTA指導者研修会へ出席してきた。この研修会
へは昨年初めて出席したのだが、昨年までは篠栗町にある「福岡県社会教育総合センター」
といういうところで、朝から夕方まで、ほぼ一日みっちりと四手が組まれていた。ところが、今年
からは天神の「都久志会館」で12時半開始、16時半終了という半日コースに変更された。

 理由はいろいろあるらしいが、一日拘束されるよりは半日の方がいい。しかも天神だから、県
内のどの地域から出てくる人にとってもアクセスはいいはずである。

 そして、この研修会が明善高校の保護者会会長、桑野氏にとって県高P連会長としてのデビ
ューの日でもあった。今まで3年間の明善高校の会長としての実績により、県高P連会長に推
薦され、今年度より2年間その任に就かれる。挨拶はもう、慣れたものであろうが、明善高校
の保護者を前にしての挨拶と、県下の高校のPTA役員を前にしての挨拶では少々緊張される
かな、と思っていたがまずは無難な船出のようである。
   . 研修会の開会式で福岡県高P連会長として挨拶される桑野明善高校保護者会会長  . 桑野明善高校保護者会会長
研修会の開会式で福岡県高P連会長として挨拶される桑野明善高校保護者会会長

アトラクション【伝統芸能発表】
        . 福岡県立遠賀高等学校 遠賀太鼓部の演奏
福岡県立遠賀高等学校 遠賀太鼓部の演奏


  2004.11.29(月) 平成16年度 保護者会役員研修会

 3年前に始めて経験した役員研修会から早くも今年で4回目である。今回は、初めて
東九州の大分を訪れる。大分県立大分上野丘高校、あまり馴染みのない名前だが、
大分県における進学者数トップ校である。福岡県でいうなら修猷館高校、熊本県でいう
なら熊本高校のような学校である。なかなか行く機会のない大分県だからこそ、じっくり
と上野丘高校を観察してこようと思う。

 そして、今回は立命館アジア太平洋大学(APU)の見学もコースに入っているとのこと。
こちらも楽しみである。また開学して4年。今年、初めての卒業生を出した大学である。
留学生の多い(全生徒数に対する割合)のも、国内で群を抜いているとのこと。施設の充
実ぶりや、別府湾のすばらしい眺望も楽しみである。

  大分県立上野丘高校と立命館アジア太平洋大学への研修会のページ 

   2004. 7.15(木) エアコンの室内機も撮影してきました  

    先月、エアコンの室外機は撮影していたが、室内機を撮影する機会がなかなかなかっ
   た。夏休みを前にして三者面談があり、昨年までは暑い教室で面談をしたことを思い出
   した。しかし、今年はエアコンが適度に効いて、快適な教室の中での三面となった。そこ
   で、おまけに室内機も撮影してきたのでここに貼り付けておく。新しい校舎ならば、天井
   埋め込みにして目立たないようにできるのであろうが、明善の校舎はかなり古くて、埋
   め込みはできなかったのだろう。天井からのつり下げ式になっていた。ただ、送風口の
   角度によっては、直接冷気が体に当たり、「寒い」と感じる子もいるらしい。
ひと教室に2つの室内機が設置されている
ひと教室に2つの室内機が設置されている
向かって左側のエアコン エアコンをしたから見たところ 向かって右側のエアコン
向かって左側のエアコン エアコンをしたから見たところ 向かって右側のエアコン

     2004. 6.25(金) 第48回 九州地区高等学校PTA連合会大会    .
           「ふ く お か 2004」【工事中】
                         ↑
          ここをクリックすると「ふくおか2004」のページへリンクしています
            

   2004. 6. 1(火) 空調工事も最後の追い込み

 
3年前(平成13年)の保護者会研修会で、熊本県立済々黌高校を視察した際に、同校
ではすでに10年ほど前からエアコンが設置されているという話を聞いた。明善高校でも
そろそろ空調をつけたら、という話が出たのもそのころからである。

 翌年(平成14年)の高校視察が長崎県の長崎北陽台高校。ここもすでに設置されてい
た。福岡県でも修猷館高校はすでに稼働しており、お隣の久留米高校が来年から稼働
を始めるということである。明善高校としても話がいよいよ具体化してきた。

 昨年(平成15年)、高P連の九州大会が沖縄で開催された折、荒尾事務長(当時)が懇
意にされている、豊見城高校の事務長に空調の視察をさせて欲しいという依頼を快く
聞いてもらい、校内を丁寧に視察させてもらった。(豊見城高校空調視察のページへ)
そして、同年の高校視察が、2年前と同じく熊本県の熊本高校。施設の視察は時間の
関係で残念ながら出来なかったが、設置費用や維持費用等について詳しく話を聞くこ
とができた。(熊本高校視察のページへ)

 時を同じくして、明善高校も保護者会理事会・評議員会・総会において、来年度(平成
16年度)からの稼働を決定し、空調設置委員会が発足。設置について一番問題となる
費用については、同窓会が費用の半分を寄付、残りの半分を無利子の融資でまかなう
ことが決定。施工業者も決定し、今年の春から工事が始まった。

 梅雨の最盛期に稼働開始を目指し、突貫で工事を行っている様子を撮影してきた。工
事業者は「川波電気工事」。その他、空調機器、設計施工はそれぞれ別の会社が担当
している。7月1日(木)にスイッチオンを目指して、室外機の工事が進む様子をご覧くだ
さい。(室内機はまた別の機会に・・・)

3棟教室横の大型室外機 3棟教室横の小型室外機 2,3階の室外機とはケーブルで接続
3棟教室横の大型室外機 3棟教室横の小型室外機 2,3階の室外機とは
ケーブルで接続
       第3棟東側靴箱横の室外機      川波電気工事の車両
       第3棟東側靴箱横の室外機 川波電気工事の車両

     2004. 5. 8(土)  平成16年度 保護者会総会    
                        於 久留米市民会館 大ホール

 今までの保護者会総会と言えば、高校の体育館で講師を招いて講演を聞いた後、
引き続き総会というのがパターンだったが、今年は会長の発案で、生徒たちの文化部
発表会を見た後で総会ということになった。当然会場は発表会を行う久留米市民会館
である。明善高校明善高校保護者会始まって以来初の市民会館での総会ということ
になった。

 まー、内容は例年のごとく行事や予算・決算その他の議事の報告を審議了承という
かたちで、1時間もかからずに終了した。

   中島校長先生 桑野保護者会会長 進行役の北島先生
      中島校長先生           桑野保護者会会長          進行役の北島先生

   旧 保護者会役員 新 保護者会役員
         旧 保護者会役員                     新 保護者会役員

   山口(旧)副会長 東之薗(旧)副会長 川上監事
     山口(旧)副会長          東之薗(旧)副会長             川上監事

          岸田(新)副会長     吉村(新)副会長
            岸田(新)副会長                吉村(新)副会長

 明善高校保護者会のオールメンバー紹介でした。そして、今年の高P連九州大会
は福岡市のシーホークホテルで開催される。昨年の沖縄からもう1年も経ったのかと
いう思いである。さあ、今年の「桑野丸」も無事船出したようである。

     2004. 3. 3(水)   平成15年度卒業謝恩会
                           於 ハイネスホテル久留米.

 毎年3月3日は明善高校の卒業式である。そして、その日の夜、卒業謝恩会が開催
される。明善高校の全日制教職員と卒業生の保護者とで、明善高校3年間における最
後の懇親会を行うのである。しかし、これにすら出席されない保護者の数の方が多い。

 結局、子供は同じクラスでも親の顔は知らない、って人が圧倒的に多いのである。3
年間も同じ学校に子供が通っていて、親のコミュニケーションが取れないのも、高校で
は仕方のないことか。まー、それでもまったく知らなかった方と、仲良くなれた人もたく
さんいる。今後とも仲良くつき合っていきたい人たちもできた。今夜は先生方やそういう
保護者の方々とたくさん飲んでたくさん話して、いい謝恩会だった。

    保護者会会長(マイクを持っている人)と3年生の担任
          保護者会会長(マイクを持っている人)と3年生の担任
        (一番左の1組担任・田中先生、ついたての影になってしまってごめんなさい)

   事務長として全国表彰をされ、勇退される荒男事務長 最後に万歳三唱される山口副会長
   事務長として全国表彰をされ、勇退される          最後に万歳三唱される山口副会長
    荒尾事務長


  二次会 於 ミルキーウェイ
 明善高校で懇親会があると、二次会はだいたいここであるようになっている。明朗
会計で、従業員さんも明善高校のことをよくご存じだということのようである。

   8組担任の原口先生と明善高校で同級生の草場さん  中村総括教頭  剣道の富石先生と同じく同級生の私
    8組担任の原口先生と         中村総括教頭           剣道の富石先生と同じく
  明善高校で同級生の草場さん                            同級生の私

 
子供の謝恩会なのに、どういうわけか明善高校の同級生が2組もいた。こうなると、
子供の話なんてどこへやら、である。20数年前にタイムワープして、自分たちの高校
時代の話に花が咲いていた。 

  2003.11.27(水)  平成15年度保護者会役員研修会
 
 毎年、2学期の期末考査実施期間中に行われる、保護者会役員研修会。他校視察と
いう形式になったのが、平成5年度ということなので、今回で11回目ということになる。
すでに、沖縄をのぞく九州・山口は一巡しており、昨年の長崎も2回目、そして今回の熊
本県立熊本高校は、一昨年の済済黌高校に続いて、熊本県としては2年ぶり3回目の
視察となる。しかも、第1回目の視察校が今回と同じ熊本高校だったというから、いかに
明善高校が熊本高校を目標に学ぼうとしているかが、よくわかる。

 熊本高校は藩校であった「済済黌」より明治33年に分設した学校である。平成12年に
は創立百周年を迎え、母体である済済黌高校を進学者数においては、堂々と抜き去っ
てしまった。すなわち「青は藍より出でて藍より青し」を体現している高校である。その点
明善高校は、創立120周年を超え、久留米藩の藩校として、筑後地区の雄として、少し
ばかりその地位にあぐらをかいてきたのではないかと思う。

 そんな、明善高校の保護者、教職員がカルチャーショックを受けるほどの、大胆な取り
組みに、参加者一同熱心に交流会を聞き入っていた。この研修会が今後の明善高校の
改革の一歩につながれば幸いである。

  熊本県立熊本高校の視察及びフードパル熊本散策のデジカメリポート

              2003.11.12(水)
       筑後地区公立高等学校父母教師会連絡協議会研修会
                             於 ホテルニュープラザ久留米

 2年前に、当時の副会長だった西田さんに声かけられて、訳もわからぬまま出席した
のが、ついこの前のことのようだ。毎年この時期にこういう大がかりなPTAのイベントが
行われていることは、ほんの一部の人しか知らない。

 もちろん、すべての人が参加できるわけではないが、こういう研修会が行われている
ことを知っていただくのもいいのではないかと、当日の模様を簡単にアップした。ただ、
名前を覚えていない方もいるので、その点はご容赦ください。

 それにしても、毎年13時から17時45分までの研修会と、その後20時までの懇親会と
連続したら、計7時間ものロングランである。ただただ、忍耐の一日だった。

          筑後地区高P連研修会のデジカメリポート 

               2003. 9.26(金),10. 3(金)
     平成15年度 保護者会懇談会・懇親会 他

 毎年、この時期に開催される保護者会懇談会・懇親会。一年に一度の全保護者を対
象とした、行事である。例年は学年別に日を変えて行われていたのだが、今年は講演
会の講師として、福岡県の高校教育課長をお招きするということになり、できるだけたく
さんの保護者に聴いてもらいたいという学校側の意向により、1,2年と3年に分けての
実施となった。

 9/26(金)に開催された3年生保護者対象の講演会・懇談会(3年生は授業参観なし)
は柔道場で、中島校長先生のお話と、3年生担当のそれぞれの主任からの説明で終
わった。その後、場所を「さわ荘会館」に移して、懇親会。70名超の保護者・教職員の
参加により盛会にて開催された。

 10/3(金)に開催された1,2年対象の授業参観・合同の講演会・懇談会(1年生は各
教室で、2年生は合同で)。その中でも講演会の講師としてお招きしたのが、福岡県の
今泉高校教育課長。9/7の大運動会にもおいでになっていたが、今回で明善高校に来
るのは5回目になると言われた。それほど、明善高校には思い入れがあると。

 もちろん、課長はキャリアであり、麻布高校・東大出身の超エリート官僚であるが、福
岡県の県立高校を取り仕切る行政のトップとして、明善高校の「文武両道」という校風・
教育方針が好きだ、とおっしゃていた。最後に、思いもかけず、課長が東大時代に在
籍しておられた、「応援部」で鍛えたのどを発揮して、「フレーフレー、明善」とエールを
送ってくださったのには、一同度肝を抜かれてしまった。官僚らしからぬ、課長の人柄
に触れた気がした。

 この日の懇親会は「BSクラブ」。1,2年生合同だから、人数も100人を越えていた。こ
の開催方法には賛否両論あったが、まー、それなりに楽しくやれたのではないかと思
う。

 今回の2日間の保護者会も写真に納めようと思ったのだが、なかなかシャッターを切
るのがむずかしく、結果的につまらない写真ばかりになったが、それでも、今泉課長の
写真はばっちり撮れているので、ご覧ください。

     平成15年度 保護者会懇談会・懇親会のデジカメリポート

         2003. 6.26(木)〜28(土)
      九州地区高等学校PTA連合会大会
      『かりゆし沖縄大会』

 九州8県で持ち回り開催されている、九州地区高P連大会が今年は沖縄で開催され
た。今までは九州本土での開催だったので(特に昨年は佐賀県)、役員を含め、毎年
数名参加していたが、今年は沖縄だ。東京に行くぐらいの時間と費用がかかる。しかし
昨年は、北体育館焼失に伴う寄附などもあって、どこにも行かなかったこともあって、
今年は学校側の事務長も含め4名で大会への参加となった。

 日程は2泊3日。一日だけの大会参加にしてはちょっと長い気もするが、それにはわ
けがある。来年度、空調設備の導入が決定している本校の参考のために、既に空調
を設置している(沖縄だからクーラーが設置されているのは当然だが)豊見城高校を視
察するという別の目的があったためだ。事務長が先方の事務長をよくご存じだったため
前もって連絡を入れてもらっていた。

 やはり、机上の論議だけでなく、実際の設備を見、冷房効果を聞けたということは、と
ても有意義だった。

 そして、2日目に高P連の「かりゆし沖縄大会」に参加した。沖縄には独特の伝統と文
化があり、それらのものに触れられたこともとても幸いだった。

 梅雨の真っ盛りの福岡を抜け出して一路飛行機で南下、梅雨明けした沖縄はすでに
夏真っ盛りだった。残りの時間は最年長の事務長がレンタカーで、沖縄初心者の私達
3人を案内して下さった。どうもお疲れ様でした。

              豊見城高校での空調設備視察

           ・高P連九州大会「かりゆし沖縄大会」

   2003. 5.16(金)  2年前「1年6組」だった
                     保護者の懇親会


 崇弘が1年生だった時の保護者って、懇親会がある都度参加率がとても高かった。
そして、昨年2月に「チャイナ梅の花」で懇親会をやった時に、1年に1度はこんな会を
設けて欲しい、との保護者からの強い要望により、1年よりは若干時間が空いてしまっ
たが、白井さんのお薦めで、城南町の居酒屋「あじっさい」で開催した。心配された出
席者も、先生を含めて14名と、クラス替えが2度もあったにもかかわらず、すごい出席
率で、というより、前回とほとんど変わらない顔ぶれである。この顔ぶれを見ただけで、
どのように会になるかはだいたい想像できる。

 こういう会に珍しく、ほとんど遅刻者もなく、定時に開始。居酒屋だから、大皿に盛ら
れた料理が次から次に出てくる。飲み物もビール・日本酒・紅白のワイン・ウォッカの
ジュース割り、もちろんウーロン茶もある。だがこんな席でアルコール以外を飲むのは
無粋である。ビールやワインのビンが次から次へ空いてゆく。おそろしー。

 ただ、座敷でないので、椅子に座るとなかなか席が変われない。先生と話たくても、
端と端ではビールをつぐことすらできない。だけど、14人程度だから、みんなで同じ話
題を共有することができるし、特クラのところも、赤点すれすれのところも、そんなことま
ったく関係なく話すことができる。で、会の途中で何度も「次はいつ?」「卒業してもや
るっちゃろーもん?」と念を押されてしまった。だから私も「卒業したら、在校みたいに
連絡が取れないから、メールアドレスを私に連絡しといて」と言ったら、ほとんどの人
が、すぐに教えてくれた。みんなそんなにこの会を楽しみにしているのだ。

 そして、担任の「濱ちゃん(親愛の意味を込めて、敢えてこう呼ばせてもらいます)」が
最初の挨拶の時に、「これからの長い教員生活の中で、初めて持った担任のクラスの
保護者の方々とこんな出会いがあって、担任が離れてもこうして懇親の場を持てると
言うことは自分にとってとてもうれしいことです」と言われた。先生は今28才だそうだ。
明善の教師の中で一番若く、そしてこんな懇親会の中では、自分より10才以上年上
のおば様達と飲んで食べて話して、ということが果たして楽しいのか、と考えるとき、
彼にとってこれも勉強、とおば様達は自分勝手に「濱ちゃん」を酒の肴にしているので
あった。

当日の写真を載せておきます。とっても楽しかった様子がおわかりいただけると思います。

顔が分かると支障がある(と思う)ので、写真を加工しています。
そのままでも支障のない方はご連絡ください。
  担任だった濱田先生    .
    我らがアイドル「濱ちゃん」です
今回初参加の荒木組  .
今回初参加の荒木組
娘さんは書道部のエース
娘さんは書道部のエース
この会常連のお二人さん
この会常連のお二人さん
「すーちゃん・ドット・ネット」のリピーターでもあります

2003. 5.14(水) 女性理事での昼食会&保護者会総会

 一週間前からぎっくり腰が入院しているが、この日は外出させてもらうことを約束して
いたために、10時頃病院を出て、銀行やケーキ屋に寄って、11時ちょっと前に「茶の
華庵」に着く。ひとりの欠席を除き、ほとんどみんな定刻に参集。女ばっかり8人、わい
わいがやがや。年の話、子供の話、家の話、先生の話などなどかしましくあっという間
の1時間半だった。こんな時間もたまにはあっていい、と思った。

 そして、保護者会として、1年で最も大きな行事である総会。毎年、世帯数の半分以
上が出席するという、小・中学校からは想像も付かないマンモス総会である。が、質問
もなく、スムーズに進みすぎて、講演会、学年別懇談会と終わった。
当日のステージ 議事を進行する桑野会長
(ちょっとピンぼけですが・・・)
議事を進行される桑野会長
当日のステージ
山口副会長 旧の役員さんたち
旧の役員さんたち
予算・決算などを読み上げる山口副会長
当日出席の保護者たち
当日出席の保護者たち
講演をされる中嶋恵子さん
講演をされる中嶋恵子さん

2003. 4.18(金) 旧役員での最後の理事会
2003. 4.25(金) 1年生の理事選出・新理事での理事会
            &評議員会、先生方との懇親会


 例年のことなので、特別変わったこともなく、4/18の理事会で新理事の発表。5/14
に決定している保護者会総会の段取りなど・・・

 4/25は、まず1年生の評議員だけで、新理事の選出。私は3年の理事・評議員を辞
任していたからこの場でもすぐに手を挙げた。割とスムーズに新理事も決まった。

 そのメンバーを含めて、校長室での理事会。私は入学式以来3回目だが、今回も新
校長と新総括が挨拶された。今年度は教頭が理事会などの司会をされるそうだ。内
容は一週間前とほとんど同じ。その内容で今度は評議員会。もう、3回目なので、少々
退屈。退屈しのぎに女性の理事さんたちの携帯のメモリーなどを入れていた。ごめんな
さい。こんなことしちゃー、いけませんね。

 そして、初の試みとして、「女性理事だけでも仲良くなりましょう」と、現2年生の理事さ
んからの提案で、食事会を行うことに。この幹事も暫定的に私。で、日時は総会の日
(5/14am11:00〜)、場所は元金文堂の「茶の華庵」。もう決定していて、2年3年には連
絡していたので、1年生の理事の分だけプリントを作っておいて、新理事さん(私を除い
て3名)に聞いたら、皆さん喜んで出席します、とのこと。理事会でまた別の楽しみがで
きた。

 その日は1年に1回の幹部教職員と評議員との懇親会の日でもある。場所も2年前
から(いえ、そのずっーと前から)「さわ荘会館」である。今年は、理事会などの始まる時
間を遅く設定してあったので、ほとんど空き時間がなく、懇親会場へ。まー、例のごとく
学年ごとに先生方と保護者が座って、時間と共にそれが崩れていって、会場内がバラ
バラに。そして9時前にお開き、これも例のごとく文化街の二次会場「ミルキーウェイ」
へ。ここに来る人は一次会の半分以下となる。ここも適当にお開きになり、同じ町内に
すむKさんが、車で来ているからと、乗せていってくださった。ラッキー。

   2003. 4. 8(火)   麻子入学式(評議員選出)

 今日、麻子の入学式。式の後お決まりのように、教室に入り、例のごとく役員選出の
儀式。私はもちろん、評議員らになるつもりだったから、迷わず手を挙げたが、あと1人
がなかなか決まらない。それでも、何とか決定して、新年度の役員体制もスタートした。
                                           (2003. 4. 8 記)