最前列 ど真ん中での
「オペラ座の怪人」観劇

2004. 2.20(金)

 昨年8月に開幕した「オペラ座の怪人」。7年前、オープンした福岡シティ劇場の
柿落とし演目だった「オペラ座の怪人」を見損なったこともあり、この演目が早く福
岡で再上演される日を待っていた。

 初日のチケットは取れなかったものの、運動会直後の9/17(水)に初めて観劇し
大感激だった。しかも、前から2列目。それに味をしめた麻子が、また観に行きた
いという。

 3/28(日)が千秋楽と決定し、これは抽選なので、チケットが取れるかどうかわか
らないので、2/20(金)のチケットをインターネットで申し込んだ。平日の夜の公演
は意外と空いているものである。なんと最前列ど真ん中が取れた。(座席表では
2列目となっているが、最前列は舞台構成上、外してあるため、2列目(B列)が最
前列となる)
今回の「オペラ座の怪人」のチケット(会員なので1,000円引) 福岡シティ劇場の座席
今回の「オペラ座の怪人」のチケット   . 福岡シティ劇場の座席

 平日の夜の公演を観に行くときには、麻子を学校に迎えに行ってから久留米を
発つので、いつも開演時間ぎりぎりなのだが、今回は学年末試験の最終日で、
お昼過ぎには学校が終わったので、ゆっくりと食事を楽しむことができた。

 なーんて、言っても貧乏性なので、高級レストランで食事とはいかない。昼食は
私だけ「かうひいや しらい」ですませていたので、麻子は西鉄久留米駅ビル内
の「アルページュ」で食べた。

「かうひいや しらい」のポトフ     . 「アルページュ」のハンバーグドリア
「かうひいや しらい」のポトフ 「アルページュ」のハンバーグドリア

 福岡に着いて、天神をぶらぶらして、キャナルシティ博多へ。ここにある「ラーメ
ンスタジアム」で食べようかと思ったが、エスカレーターを4階まで昇りきった時に
「『オペラ座の怪人』のチケットをお持ちの方、料金を10%割引」という張り紙が目
についた。廻転寿司の「平四郎」だった。

 久留米あたりでは、全皿100円というような廻転寿司のお店もあるが、さすがは
福岡である。最低は100円でも、最高は一皿500円というのまである。しかし、どう
しても高い皿には手を出せない貧乏性が恨めしい。最高でも360円の皿しか食べ
られなかった。麻子と2人で食べた、廻転寿司を一挙公開。

卵焼き (120円) ネギトロ (180円) タコ (120円) えび (120円)
卵焼き (120円) ネギトロ (180円) タコ (120円) えび (120円)
コーン (120円) 納豆 (120円) ほっき貝サラダ (180円)
コーン (120円) 納豆 (120円) ほっき貝サラダ (180円)
あぶりサーモン(250円) ほたて貝柱 (250円) うに (360円)
あぶりサーモン(250円) ほたて貝柱 (250円) うに (360円)
レアチーズケーキ (100円) チョコバナナ (100円) アロエメロン (100円)
レアチーズケーキ (100円) チョコバナナ (100円) アロエメロン (100円)

 おなかがいっぱいになって、劇場に入る。今更ながらに最前列の迫力に
驚く。手の届きそうなところにシャンデリアがある。「私たちの所に落ちてき
たらどうしよう」なんて、冗談を飛ばしながら開演を待つ。9月の公演の時に
CDを買って帰ったので、せりふも歌もほとんど覚えてしまっている。ただ、
パンフレットを買っていなかったので、今回買った。千秋楽のチケットも当
たった事だし、次回に備えて、また学習だ。

パンフレットの表紙         . パンフレットの中面
パンフレットの表紙 パンフレットの中面