気の向くまま
     日記

2003年 8月15日(金)

 日頃は、うちの仏壇に手を合わせることもほとんどない。それは子供たちも同様
である。しかし、一年に一度ぐらいは、ご先祖様の眠る納骨堂やお墓にお参りする
のも大切なのではないかと、、最近だれきっている子供たちを連れて行ってきた。

父の眠る三潴町円福寺の納骨堂
円福寺本堂 納骨堂の中の仏壇
手前階段を上がると本堂があり、その奥に納骨堂がある 父のお骨が収められているところ

祖父母が眠る上津町極楽寺の墓地
極楽寺本堂 極楽寺墓地1 極楽寺墓地2
今にも崩れそうなお寺の本堂 本堂に比べて、整然ときれいに並んだお墓(何基ぐらいあるのだろう?)

 納骨堂は暗くて、場所も狭いので、写真を撮るのもなかなか難しいが、
こんなに広い墓地だったら、天気さえ良ければ、最高のロケーションで
撮影ができる。なーんて、墓地で撮影というのも、ちと不謹慎かと思ったが
たまには、こんなこともやっているんだぞ、という証拠写真(。、ヾ

お墓を浄める崇弘 お参りする麻子 「どうか痩せますように」と拝む私(。、ヾ
崇弘が、水できれいに浄めてくれた 麻子は、毎年ここに連れてきている この写真を見て、本気でダイエット
しなきゃ、と思った

 というわけで、今年もお盆が終わり、8月も後半に突入。高校生の子供たちも
来週(18日)から課外が始まる(予定)。そして、9月7日に開催される大運動会に
むけての厳しい練習も。さあ、おじいちゃんやひいじいちゃんたちに、ケガをしな
いように、元気でこの夏を乗り切れますようにと、祈って、来年また来ま〜す。