気の向くまま
     日記

真里ちゃんの結婚祝い

里香ちゃんの出産祝い


 今年の夏から秋にかけて、おめでたいことが2つある。おめでたいといえば、
結婚と出産。結婚は私の幼なじみの真里ちゃん。と言っても今年37歳なのだが、
結婚はする時が適齢期、まー、これから出産・育児など考えるとちょっと大変
だが、性格のとてもいい子で、なぜ今まで結婚しなかったのか不思議なくらい
だ。でも、結婚相手と巡り会うために今まで独身だったのだろう。

 さて、お盆頃が出産予定日なのが、夫の姪の里香ちゃん。えっ、もしかしたら
今年の3月に結婚したあの子?そうです。「合わないじゃない」なーんて無粋な
ことは言わない、言わない。雅子さまみたいに出産まで8年もかかったことを思
えば、育児のことを考えたら赤ちゃんは早いに越したことはない。

 というわけで、二人へ私なりのお祝いを考えた。そして、習い始めたばかりの
「シャドーボックス」を上げようと思った。だが、お祝いに上げるほどには上達して
いないし、自分で作ったものはいくら下手でも、記念に取っておきたいし・・・
そんなとき、私の先生の展示会があっていて、即売もされるという。「渡りに船」
とばかりに、予約してしまった。

 それを今日もらってきたので、二人に上げる前に写真に撮った。真里ちゃんに
は、新婚家庭に飾ってもらうように先生が作られた「カントリードール」も廉価で
いただいてきた。あっ、このこと内緒ね。一応私が作ったものをプレゼントすると
いうことにしてるんだから・・・


  小学校2,3年頃の
  真里ちゃん。
 
  かわいいでしょう。
  今も、とっても美人
  ですよ。

      ↓
展示されているのを見て、ぱっと気に入って買ったシャドーボックスとカントリードール


  崇弘のお節句のときに集まった
     従姉たち(1986.4月)

   左から、里香ちゃん(小3)、     
        洋子ちゃん(年長)、
        由子ちゃん(小2)

  里香ちゃんもとってもかわいく、
  利発な子でした。そんな彼女も
  もうすぐお母さん。
この「シャドーボックス」も見た瞬間に、
出産のお祝いにと即決した。もう少し、
私も上達すれば、これくらいきれいに
作れるようになるかしら・・・