水中歩行を始めました。

 今日、久留米市民温水プールに「水中ウォーキング」をしに行ってきた。なぜ
かというと、今年の2月末に「ぎっくり腰」を発症以来(以下URLを参照)、
    http://ww2.tiki.ne.jp/~t-fujiki/suzuko/hitorigoto/020305.htm
おさまっていたのだが、7月8日にまた発症。今度は、前回よりもひどかった。

 10日間ほどは、ほとんど動けず、家でじっと寝ていた。家事はもちろん母にや
ってもらうしかない。しかし、「ぽしぇっと」の原稿は締め切りがあるから、これも
母に、というわけにはいかない。でも、電話とFAXとメールがあれば、たいてい
のことはできる。先方より資料が送られてきたら、それに基づいて、原稿を作
ればいいわけだから、普段は、居間のテーブルの上でパソコンを打っているの
だが、ぎっくり腰の間は、ノートパソコンを畳の上に置いて、うつぶせ状態で
3件ほど、原稿を仕上げた。

 そんなわけで、これからは治療ではなく、予防をしなければ、どんどんひどく
なることは目に見えていたので、医師にどうしたらいいか尋ねたら「腰の筋肉
を鍛えることだね。具体的にはプールでウォーキングをするのが一番効果が
あるらしいよ」と言われた。が、当分は痛くて、治療を優先するしかなかった。

 それも、なんとか落ち着いてきたので、ほこりかぶっている、袋の中から、水
着を取り出して(7年ぶりである)、「入るかなー」などと心配になったけれども、
水着はどれだけでも伸びてくれるのである。ちゃんと入りましたよ。

 朝、10時からやっているという上津町の温水プール。ここも、麻子が小学生
の時に連れてきて以来(平成8年竣工となっていたから、最大で6年前だね)、
だった。化粧もアクセサリーもダメ。水泳キャップは必ず着用。絆創膏など貼っ
ている人(けがしている人)も入水禁止、とけっこう厳しい。でも、おかげで、変な
人はプールの中にはいない。

 私がやるのは、ウォーキングだが、これ専用のコースが1つ作ってあって、そ
こを年配のおばちゃんたちが、整然と歩行してる。実際、水中歩行をしている人
がこんなにいるとは驚きだった。私もその列に入れてもらって、歩き始める。
水の抵抗でなかなかすんなりとは歩けない。そうしていると、後ろから、声かけ
られた。子供会でご一緒していた方だ。どうして水中歩行しているのか聞いた
ら、膝の半月板を痛めて、手術をされたそうで、リハビリの意味で、同病のお
友達と来られているとか。彼女曰く、「ここで歩行している人は、ダイエットより
体のどこかが悪くて、そのリハビリのために来ている人がほとんどよ」と。

 そうだろうなー。だって若い人はあまりいなかったもん。私は、リハビリとダイ
エットを兼ねてるけど・・・。だから、プールに入る前に崇弘から買ってきてもらっ
た「ヴァーム」を飲んで、脂肪を燃焼させて、1回1キロダウンを目標に、と思っ
たけれど、なかなかそううまくはいかないね。まっ、ダイエットはさておき、腰の
筋肉を強くして、「ぎっくり腰」にならないようにしなくっちゃ、家族もだけど、自分
がなによりきついから、頑張るぞー。
                                      (2002. 7.30 記)

 ひとりごとのページ      前へ        次へ