家電品の寿命

 昨夜、お習字から帰ってきた麻子が晩ご飯を食べようとしたら、電気炊飯器
の蓋がしまらなくなっていて、「こわれとるやんねー」と言われた。炊飯器や冷
蔵庫など、台所の家電品は一日でもなければお手上げ状態になってしまう。

 時間を見たら8時少し前。ベスト電器は確か9時まで開いているから、「私も
ついて来る」という麻子と、バタバタと出かけた。すると、ベスト電器はシャッタ
ーが閉まりかけていて、聞いたら、今は閉店時間が8時になったらしく、お客
はだれもいなかったが、無理に入れてもらって、あとかたずけに忙しい店員
さんをつかまえて、「今、売れ筋の炊飯器はどれですか?」と聞いたら、「今は
ほとんどIHになってますからねー」という。値段も1万円代からある。時間が
なかったので、店員さんが勧める三菱の5合炊き(\17,200)を買った。

 それにしても、家電品の寿命は次々とやってくる。テレビなどのAV商品は10
年以上もつのだが、台所やお風呂で毎日使う、いわゆる“水もの”は5年がい
ちおうの目安だと思っている。この一年間だけでも、食器乾燥機・電気ポット・
ガスレンジ(これは家電品じゃないか?)そして、つい最近も洗濯機を買い換え
たばかりだ。ひとつの金額はたいしたことはないのだが、まとまってくると、10
万円を超える。

 そのうち、私が結婚したときから使っている(もう18年も使ってるわけだ)冷蔵
庫や、デジタル放送を受信できるような、しかも現在50万以上するプラズマテ
レビにも買い換えたい。

 それにプラスして、携帯だのパソコンだのとモデルチェンジするたびに、買い
替えてたら、お金なんていくらあっても足りない。それでもやめられないバー
ジョンアップ。
                                    (2002. 4.13 記)

 ひとりごとのページ      前へ        次へ