来年は投稿料でコピー機を買うぞー


2001.12.28。大抵の会社では今年の御用納めだ。証券取引所でも「大納会」
で、手打式があって、今年の取引ももうおしまい。ということは、株価が載ってくる
夕刊も明日から一週間はお休み、ということだ。

ということは、西日本新聞の夕刊、第三面の「ひょうたんなまず」の投稿も今年は
今日でおしまい、ということである。なんとか最後を
飾りたかった。結構自信もあった。
しかし、結果はボツ。9月に3回も掲載され、「いいぞー」と思ったのに、10、11月は
掲載ゼロ。12月に入って、小泉首相が「流行語大賞」を受賞したことをもじったものを
投稿したら、掲載された。この勢いで、何とかもう一回ぐらいはと思ったが、とうとう
ダメだった。

「ひょうたんなまず」は掲載1件につき、\1,000の謝礼が送ってくる。掲載されれば、
「実働10分、報酬\1,000」と、おいしいアルバイトだが、その裏には時勢を敏感に
嗅ぎ取る日々たゆまぬ努力と、ボツになってもボツになってもあきらめない、粘り
強さが必要なのだ。

「ひょうたんなまず」の話はこれくらいにして、私が頑張ってあちこちに投稿している
目的の大部分はこの謝礼なのである。新聞社によって図書券であったり、郵便
小為替(郵便局に行けば現金化できる)であったりする。もちろん、本屋さんをよく
利用する私にとっては、図書券でもありがたいのだが、書籍以外に使えないのが
ちょっと不便だ。

その点、現金なら何にでも使える。ただ、現金に換えてしまうと、何に使ったか
わからないうちになくなってしまう。それで、現金でもらえる分だけは、郵便局の
通帳に入金して、何の分の謝礼か、記入するようにした。そうすれば、あとで見た
ときにもわかると思ったからだ。

一回あたりは\1,000〜\3,000と少額なのだが、これが「チリも積もれば・・・」である。
今年の8月に2万円ほど貯まったので、広辞苑が収録されたカシオの電子辞書を
購入した。残高がほとんどなくなったので、また一からのスタートである。
現在残高が\14,435。来月、「ひょうたんなまず」の12月分謝礼が\1,000送ってくる。
あとは朝日の「声」や毎日の「おんなの気持ち」などが現金である。

それで、本題に入る。私は、結構コピーを使うことが多い。我が家にはコピー機能
つきのFAXはあるが、これは画質が悪くて問題にならない。いつもは野伏間の
「セブンイレブン」に行くのだが、これが結構面倒なのである。そろそろライター
「すーちゃん」としては、自宅にコピー機を購入してもいいかな、と思っている。
だけど、また私がこんなこと言うと「そんなものはコンビニに行けばよか」と言われる
にきまっている。

もちろん、購入価格やランニングコストを考えれば、コンビニを利用したほうがいいこと
はわかっている。が、そこまで行く手間がもったいないのだ、忙しいすーちゃんとしたら。
それで、投稿謝礼を貯めたお金でコピー機を買う、という方法を考えついた。これなら
文句いわれることもないだろう。それに、私がコピー機を買ったら、家族みんなが利用
するに違いないのだ。そのときは、一枚10円づづ料金を取ってやろうかしらん。

目標まであと2万円。来年中には購入できるように頑張るぞー。
                                          (2001.12.29 記)

 ひとりごとのページ      前へ        次へ