焼き鳥日本一フェスタ

日  時  2003年9月4日(木),5日(金)
             (串の日)
       両日とも 15:00〜21:00

場  所  久留米六角堂広場

野外ステージにかけられた横看板

 今年の6月14日(土)に、カルキャッチくるめ主催の地域作りシンポジウム
が開催された。その名も「久留米焼き鳥日本一宣言」シンポジウム。今治を
焼き鳥の町として、全国に有名たらしめた仕掛け人、土井中照氏(本名は
別にあるらしいが、名字の「どいなか」というのが光ってる)の基調講演に
続き、久留米内外の焼き鳥には一家言を持つ人たち4人のパネルディス
カッションのあと、久留米が焼き鳥日本一、ということを発見した、「くるめす
たいる」の編集長、筒井博文さんの高らかな「日本一」宣言で、幕を閉じた。

 そのシンポジウムの中で、久留米が焼き鳥日本一の町であるということを
大々的に宣伝するためには、筑後川の河川敷で七輪を並べて、焼き鳥を
焼くときのけむりをもうもうとたてると、最高のPRになりますよ、という提案
があった。さすがに、筑後川河川敷というわけにはいかなかったが、久留
米のど真ん中「久留米六角堂広場」で、9/4(木)、9/5(金)の二日間に渡っ
て、「焼き鳥日本一フェスタ」が開催された。

 くしくも、初日の9/4は「ゆめタウン久留米」がグランドオープンした日で、
客足が心配されたが、どっこい「久留米魂」は生きていた。初日だけで、約
1万人、2日間合わせると○万人以上の人出である。2日目の3時過ぎに
会場に着いた私は、すでに人気の「今治の鉄板焼き鳥」に並ぶ長蛇の列を
見て、認識の甘さを思い知った。

 とにかく、今回のイベントはラーメンと並んで、久留米の人間が大好きな
焼き鳥をテーマに選んだことが勝因だろう。そして、これから、もっともっと
久留米が庶民の味で勝負していけるよう願っている。

会場のあちこちに立ってたのぼり ステージでは、チビッコのラムネ飲み競争があっていた

ステージでは、チビッコのラムネ飲み競争があっていた
会場のあちこちに立ってたのぼり

久留米市内の味自慢の焼き鳥屋さん(10店舗)
焼きとり「ねね」 居酒屋焼鳥「源平」
焼きとり「鉄砲」(左)と焼きとり「本陣(右) 又兵衛
焼きとり「鉄砲」(左)と焼きとり「本陣(右) 又兵衛
とり市場 炭火串焼「うえ野」
とり市場 炭火串焼「うえ野」
焼鳥「しゃも八」(左)と焼鳥「えがしら」(右) やきとりやさん!
焼鳥「しゃも八」(左)と焼鳥「えがしら」(右) やきとりやさんの写真がありません

焼き鳥とビールでくつろいでいる人たち
ステージで何かあっているの? 生ビールもよく売れていました 親子でにぎわっているテーブル
ステージで何かあっているの? 生ビールもよく売れていました 親子でにぎわっているテーブル

このけむりこそが焼き鳥の醍醐味(明治通りを通ることもこのにおいにつられて、ふらっと・・・)
炭火串焼「うえ野」のハッスルおばちゃん とり市場で窒息(笑)しそうになって焼いている、おっちゃん
炭火串焼「うえ野」のハッスルおばちゃん とり市場で窒息(笑)しそうになって焼いている、おっちゃん

このフェスタの目玉「鉄板焼き鳥今治」
今治を焼き鳥で全国区の有名に町にした仕掛け人「土井中 照」氏
今治を焼き鳥で全国区の有名に町にした仕掛け人「土井中 照」氏
鉄板の前で待つお客 大人気の今治鉄板焼き鳥、日の高いうちからこの行列
やはり、このフェスタでしか食べられない「鉄板焼き鳥」、大人気です。日の高いうちにこの行列

 というわけで、大人気の今治の鉄板焼き鳥は口にすることができなかった。
土井中さんとはシンポジウムの件も含めて、いろいろお話ししたが、とにかく
忙しそうだった。その代わり、久留米市内の焼き鳥店のうち3つのお店から、
それぞれセット(10本1,000円,8本1,000円,5本700円)で買って帰った。

 久々に食べる焼き鳥に、高校3年の息子が舌鼓を打ったことは言うまでも
ない。