from 2003. 8.30
井筒屋屋上からつり下げられた垂れ幕

ふくおか文化祭2003協賛

会場に掛けられていた横看板

みんなが持ち寄る小さな文化



展示部門の作品(石アート)  ←展示部門  2003.8.21(木)〜24(日)
          久留米井筒屋7階ホール

   ステージ部門  2003. 8.24(日)  →
          久留米六角堂広場
ステージ部門(バナナのたたき売り)

 2001年2月に久留米市役所くるめホールで第1回の「草の根文化フェスタ」を
開催以来、市民の皆様に定着してきたこの文化の祭典も、今年で第3回の開
催となりました。展示部門は昨年より会場を久留米井筒屋7階ホールに移し、
より多くのみなさんに来場頂けるようになりました。そして、今年のステージ部
門は6月にオープンしたばかりの、久留米六角堂広場で開催され、夏休みも
終わりに近づいた日曜日、好天の中朝から、夕暮れまでパワフルな舞台が
繰り広げられました。

 私が展示部門の担当だったためにステージ部門の写真はあまりありません
が、展示部門の写真を中心に「草の根文化フェスタウエブ展示会」をご覧くだ
さい。

六角堂広場の回廊に、出展・出演者の活動記録も展示しました(一部です)
展示部門の活動記録 ステージ部門の活動記録
展示部門 ステージ部門

展示部門

【8月20日(水) 作品搬入】

搬入の様子1 搬入の様子2 搬入の様子3
折り紙ですか? シルバーアクセサリー 額を調整するスタッフ
搬入終了後のスタッフ   13時頃から準備を始め、16時から
 搬入開始。展示部門のスタッフだけ
 でなく、ステージ部門のスタッフや、
 社会研修で手伝ってくださった、小・
 中学校の先生3人の方々のおかげ
 で、20時頃にはセッティングも完了。

  明日からの展示部門の成功を祈っ
 て、みんなで記念撮影。

【8月21日(木)〜24日(日)】

地元マスコミも続々と、取材に見えました
くーみんテレビ 西日本新聞 ドリームスFM
くーみんテレビのカメラマン 西日本新聞久留米総局の記者 ドリームスFMのパーソナリティー

展示作品のページ
(枚数が多いので別ページにしました)

最終日(24日)には、こんな方も来場されました
久留米市長、江藤守国氏 カルキャッチくるめ会長、二又大栄氏
久留米市長、江藤守国氏 カルキャッチくるめ会長、二又大栄氏(左)

【毎回好評の実演&無料体験コーナー】
サムネイル処理をしていますので、写真をクリックすると拡大写真が見られます

フラワーアレンジメント
21日(木)午前
フラワーアレンジメント
折り紙1
22日(金)午前
折り紙 1
折り紙2
22日(金)午前
折り紙 2
手織り
22日(金)午後
手織り
トールペイント
23日(土)午前
トールペイント
とんぼ玉
23日(土)午後
とんぼ玉
坂本画伯による似顔絵
23日(土)終日
坂本画伯による似顔絵
似顔絵「似てますねー」
23日(土)終日
似顔絵 「似てますねー」
押し花
24日(日)午前
押し花
七宝焼
24日(日)午後
七宝焼

ステージ部門

【8月24日(日) 六角堂広場野外ステージ】

10:00からの開始に間に合わせるために、スタッフ総出で、準備しました
ステージの準備をするスタッフ 準備が完了したステージ会場 テントやパラソルも設置しました

午後の1時間程展示会場を抜け出して、ステージ鑑賞しました。
4つの出し物をアニメーションでご覧下さい。
(「懐メロ歌謡」→「紙芝居」→「バナナの叩き売り」→「珍竹林バンド」)