トップページの変遷2013

 「トップページの変遷」のページも11年目に入った。毎日の「今日の一枚」とは
違った、「トップページの一枚」の変遷を楽しみにされている方もおられると思う
ので、出来るだけその時々にあった写真を載せるように心がけている。今年も
「おっ」と言わせるような写真を載せる(ことができるかな?)ことができるように
頑張りたいと思う。
                                     (2013. 1.10更新)

トップページの変遷2003のページ

トップページの変遷2004のページ

トップページの変遷2005のページ

トップページの変遷2006のページ

トップページの変遷2007のページ

トップページの変遷2008のページ

トップページの変遷2009のページ

トップページの変遷2010のページ

トップページの変遷2011のページ

トップページの変遷2012のページ


2013.12.12(木)〜2013.12.21(土)

今年の漢字は「輪」        今年の漢字は「輪」
              −東京五輪招致成功等−

  「今年の漢字」が12月12日、清水寺本堂で発表された。同寺の森清範貫主
 が揮毫(きごう)した。2013年の「今年の漢字」には「輪」が選ばれた。2020年の
 東京五輪招致などが理由に挙げられた。2位以下は「楽」「倍」などの漢字が続
 いた。

  揮毫を終えて、森貫主は「来年も力を合わせて、『平和な輪』のつながりの世
 界に向けて、努力していこう」と呼びかけた。  (12/12 Yahoo!トピックスより)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
  今年の漢字はテレビドラマ「半沢直樹」の『倍返しだ』や安倍首相のアベノ
 ミクスから『倍』という字ではないかと思っていたが、今年一番の出来事「東京
 五輪招致成功」に落ち着いたようだ。でもそれ以外に『輪』になった理由が見
 当たらないというのも、ちょっと寂しい気がする。

2013.11.13(水)〜2013.12.12(木)

      「第11回明善高校ゴルフコンペ」
                    於 筑紫野カントリークラブ
 毎年4月と10月に開催される明善53会のゴルフコンペ。 しかし、今年は 
10月に開催された大同窓会の幹事学年と言うことも有り、ゴルフコンペの
開催はひと月遅らせて、11月の開催となった。

 前回(4月)の大会の時、会場まで行っていたのに、車に酔ってしまい、プ
レーが出来ず残念な思いをしたので、今回は頑張ったが、予想通り、メー
カーである。でも天気も良くゴルフを楽しむことが出来た。そして、夫が、ダ
ブルペリア方式の恩恵で準優勝。優勝者に渡される優勝カップを見て、「僕
も欲しいな」と言っていた。次回は頑張ってください(笑)。
                                  (2013.11.13 撮影)
          写真をクリックすると拡大写真が見られます。 →
第11回明善53会ゴルフコンペ in 筑紫野CC

2013.11. 1(金)〜2013.11.13(水)

久大線を走る「ななつ星 in 九州」            「ななつ星 in 九州」

  「クルーズトレイン」と銘打った、JR九州の超豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」。
 数年前から話題になり、昨年チケット販売されるも、かなりの倍率での申し込みと
 なり、来年6月までの分は完売と聞く。

  そんなななつ星が10/15から運行を始め、3泊4日のコースは毎週火曜日に博多
 駅を発車、金曜日に到着。1泊2日のコースは土曜日に発車翌日曜日に到着と言う
 ことで、ルートを調べたら、金曜日の夕方久大線を通ることがわかったので、3便目
 にして初めて実物を見ることが出来た。

  漆黒の古代漆の車体、ななつ星のエンブレムなど、テレビやネットで見ていたも
 のが目の前に表れて、改めて乗ってみたい衝動にかられた。  (2013.11. 1撮影)

2013.10.12(土)〜2013.11. 1(金)

     「第46回 明善大同窓会」
          〜語り合おう、感じ合おう、今を昔をそして未来を〜
 
 
 福岡県立明善高等学校を昭和53(1978)年に卒業以来35年。一生に一度の、明善
大同窓会の当番幹事という大事業の為に日本全国から約170名の者が参集した。
みんなそれなりにいい顔になっている。きっとこれだけの同期が一堂に会するのは
これが最後であろうということで、全員を集合写真に納めようという暴挙(笑)を試み
た。何とか全員入った。何とかみんなの顔も判別できる。次に会う時までみんな元
気でと約して、それぞれの生活の地へと散っていった。    (2013.10.12 撮影)

                写真をクリックすると、拡大写真が見られます →
明善53会 約170名の集合写真

2013. 8. 5(月)〜2013.10.12(土)

長崎県にある通称「軍艦島」と呼ばれる端島(はしま)          「軍艦島上陸・周遊クルーズ」

  4年前に長崎の端島(通称:軍艦島)に上陸が可能となり、いつか訪れてみたいと
 思っていたら、あるところからプレゼントでクルーズチケットをいただいた。それで、
 稲佐山で「長崎から東北へ」と題して、さだまさしを中心としたコンサートが開催さ
 れた翌日に軍艦島クルーズを楽しんできた。

  テレビや写真などでは何度も見てきたが、実際目の当たりにすると、やはり軍艦
 そのもののようであった。100年近くも前に、こんな離島に鉄筋コンクリートのビル
 が建てられていたことに非常に驚いた。             (2013. 8. 5 撮影)

← 写真をクリックすると「軍艦島上陸クルーズ」のページへ

2013. 7.18(木)〜2013. 8. 5(月)

             祝 さだまさし
  「デビュー40周年&ソロコンサート通算4000回達成」

 
私がさだまさしの大ファンである事は、何度も書いてきているのでご存じだと 
思うが、そのさだまさしが7/17(水)に大偉業を達成した。ソロコンサート通算
4000回である。私もこの中に何十回かは通っているが・・・

 で、4000回と4001回のコンサートが日本武道界で7/17,18に行われ、それに
会わせて、17日の読売新聞(東京・大阪版)に2面見開きでさだまさしからの
メッセージが載っているとの情報が入ったので、どうやってこの新聞を手に入
れようかと考えた。すると、ちょうどいいタイミングで東京に出張に行っていた夫
に頼んで買ってきてもらった。                (2013. 7.18撮影)
       写真をクリックすると新聞広告の拡大写真が見られます →
さだまさしデビュー40周年&ソロコンサート通算4000回達成の新聞広告

2013. 6. 7(金)〜2013.7.17(水)

福岡明善同窓会での53会のキャラバン           「福岡明善同窓会」

  今年の10/12(土)に、昭和53年卒の私たちが幹事を務める大同窓会
 が地元久留米で開催される。それに先だって、先月18日の関東支部に
 始まって、6/1の関西支部、そして明日(6/8)の中部と実行委員数名が
 それぞれの会場に出向いて行った。

  そして、今日福岡支部の総会が開催された。私たち同期も13名が福
 岡に出向き、本番への出席をお願いしてきた。写真真ん中が、実行委
 員長、そして大同窓会の会場をパネルで示して今回会場が変わること
 を知らせてきた。

                                (2013. 6. 7 撮影)

2013. 4.27(土)〜2013. 6. 7(金)

       「長崎帆船まつり 2013」

 2003年から始まった長崎帆船まつり。「長崎ランタンフェスティバル」、
「精霊流し」、「長崎くんち」などと並んで、長崎の大きなイベントの一つ
となっている。

 毎年、国内外の帆船が6隻ほど、長崎港に集い、その優美な姿を観
光客に見せてくれる。実は、6年前の2007年にも帆船まつりを見に行っ
たことがあるのだが、帆を張っている帆船を見ることが出来なかったの
で、今回万を辞して見に行ったというわけである。

 今回参加帆船は4隻と少なかったが、目玉の「日本丸」は写真のよう
に優美な姿を見せてくれた。              (2013. 4.27 撮影)
帆を張って優美な姿を見せる「日本丸」

2013. 4.12(金)〜2013. 4.27(土)

東京から帰りの飛行機から見えた富士山   「スカイツリーから見た富士山を
            飛行機からも見てきました」 


 二泊三日で訪れた東京で、スカイツリーから遥か遠くの富士山を見
た帰りに乗った飛行機からこんな綺麗な富士山を見ることが出来た。

 昨年もスカイツリーに上ったが、天気がイマイチで、富士山は望む
べくもなかった。そして、飛行機から見えた富士山も遠く、色も黒くて
「これが富士山?」と言う感じだった。

 今回の上京では2回も綺麗な富士山を見ることが出来てラッキーだ
った。                           (2013. 4.12 撮影)

2013. 3. 9(土)〜2013. 4.12(金)

    「1262回目の東大寺二月堂の修二会」

  私がさだまさしのファンであることは、今までにも何度も書いてきたが、
 彼の歌に
「修二会(しゅにえ)」と言うのがあって、この力強い曲の背景と
 なっている、東大寺二月堂の修二会をどうして見たくて、チャンスを狙っ
 ていた。

  夫に何度もこの曲やトークを聴かせて洗脳し(笑)、今日ようやく奈良に
 来ることが出来た。やってきたら人・人・人に驚いてしまった。1262年間
 に渡り、一度も途切れたことのないこの行事がこれからもずっと続いて
 いくことを願う。                      (2013. 3. 9 撮影)
              写真をクリックすると「修二会」のページへ→
東大寺二月堂の修二会

2013. 2.23(土)〜2013. 3. 9(土)

長崎ランタンフェスティバル2013のメインオブジェ    「第20回 長崎ランタンフェスティバル2013」

  1994年に長崎新地の中華街から始まった長崎ランタンフェスティバル。
 当初はこぢんまりとしたイベントだったものが、いつの間にか大きなお祭り
 となり、今年でちょうど20回目となった。

  私は第10回目に始めて訪れて以来、2006年だけ行かなかったが、今回
 でちょうど10回目。あと3回行けば、メイン会場での新作干支のオブジェを
 すべて撮影することが出来る。まー、そんなことはおいといて、やはり心が
 躍るイベントである。
                                  (2013. 2.23 撮影)
←写真をクリックすると「長崎ランタンフェスティバル2013」のページへ

2013. 2. 2(土)〜2013. 2.23(土)

         「第11回 山鹿灯籠浪漫・百華百彩」

 毎年2月の金・土曜日の夜開催される百華百彩は、今年で11回目。幻想的な雰囲気に
心打たれ、誰もがタイムスリップしてしまったかのような気持ちにさせられる・・・  そんな
レトロな街並みが、観光協会・商店街・地元の大学生・行政などが連携して製作したオブ
ジェで鮮やかに彩られる。
 
 夕方6時頃からオブジェに灯りを点すと、ほのかなロウソクの灯りがゆらりゆらり・・・。
優しい灯りに引き寄せられると、そこは八千代座。そんな和傘と明かりに惹かれて、今
回で3回目の「百華百彩」である。小さな町で゙開催される、小さなイベントであるが、この
明かりを見るとなぜかホッとする                     。(2013. 2. 2 撮影)
                   写真をクリックすると「百科百彩」のページへ →
百華百彩のオブジェ

2013. 1.12(土)〜2013. 2. 2(土)

ななつ星 in 九州の列車デザイン             「ななつ星 in 九州」
                  −水戸岡鋭治の幸福な鉄道展−

  クルーズトレインと銘打って、超豪華列車「ななつ星」が、今マスコミを賑わして
 いる。このななつ星も含めJR九州のほとんどの列車や制服、細かなグッズまで
 をデザインしている水戸岡鋭治氏。彼の作品を一同に展示した「幸福な鉄道展」
 が今、博多駅のJR九州ホールで1/14まで゙開催されている。

  ときどきJRを利用する私にとっては、よく見かける列車の外装や内装が所狭し
 と並んでいる。そんな中でもやはり「ななつ星」には是非一度乗ってみたい。しか
 し、こればかりはいくらお金を払っても抽選に当たらないと乗れない。これは、運
 も必要のようである。                      (2013. 1.12 撮影)

2012.12.15(土)〜2013. 1.12(土)

           「第18回神戸ルミナリエ」

 1995年1月17日に阪神淡路大震災が発生し、未曾有の大災害となりたくさんの人が亡くなら
れた鎮魂の意味で、その年の12月から毎年開催されている「ルミナリエ」。今年で18回目となる。

 一度見たいと思い続けて、今年ようやくツアーで行ってきた。ところが当日夕方から雨が降り出
し、ルミナリエにたどり着くまでに1時間歩き、もうへとへとの状態でルミナリエの入り口で到着。
写真を撮ろうと思っても、傘が邪魔になり、おまけにカメラに雨が入りぼけた写真ばかり。

 で、この写真は背の高い夫が撮ったベストショット。こんなとき背が高いと得だなー、と思った。
                                             (2012.12.15 撮影)
        写真をクリックするとルミナリエのページにアクセスします【1/6 工事中】→
神戸ルミナリエ光の回廊

2012. 1. 1(火)〜2013. 1.10(木)

新年 明けましておめでとうございます
今年、皆さんに送った年賀状です。年賀はがきで届いた人、Webで届いた人、このHPでご覧に
なった人、いろいろあると思いますが、本年もどうぞよろしくお願いします。