トルコ・カッパドキアで見たバルーン

2010.11.17(水)

 バルーンと言えば、私の住む隣の県、佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷で毎年10月末から
11月にかけて開催される「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が有名である。事実、
私も何度か会場に訪れたことがあるが、バルーンはあの大きさにもかかわらず、とてもデリ
ケートな物体で、風や雨などの微妙な気象で上がらないことがよくある。それと、バルーン
とは、河川敷や田んぼなど平地から上がるものだと思っていた。

 ところが、である。トルコ観光で一番有名な場所の一つであるカッパドキア。あのキノコの
形をした奇岩がたくさんそそり立つ山岳地帯である。その観光を終えて、停まった洞窟ホ
テル(洞窟の中にあったわけではないが、ホテルのいたるところに岩石がむき出しの部分
があった)で、朝早く起きて外を見てみたら、何とはるか向こうにバルーンが数十基上がっ
ているではないか。気象条件さえ合えば、一年中早朝に見られるそうである。

 佐賀で見る平地の中のバルーンと、山の中で見るバルーン。なかなか好対照だった。は
るか向こうだったために、いい写真は撮れなかった。それでも貴重な山岳地帯のバルーン
を見られたのは、今回のトルコ旅行での収穫だった。

【スライドショー】のボタンを押すと「カッパドキアで見たバルーン」
の写真をスライドショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。
WindowXp sp2でも、今まで通りフルスクリーンでご覧になりたい
場合は、「フルスクリーン鑑賞設定法」 をご覧ください。