トップページの変遷2006

 「トップページの変遷」のページも4年目に入った。毎日の「今日の一枚」とは
違った、「トップページの一枚」の変遷を楽しみにされている方もおられると思う
ので、出来るだけその時々にあった写真を載せるように心がけている。今年も
「おっ」と言わせるような写真を載せる(ことができるかな?)ことができるように
頑張りたいと思う。                         (2005. 1 14 記)

トップページの変遷2003のページ

トップページの変遷2004のページ

トップページの変遷2005のページ


2006.12.12(火)〜2006.12.23(土)

       「今年を漢字1字で表すと・・・」

 1年の世相を表す「今年の漢字」に「命」が選ばれ、12日、京都市東山区
の清水寺で、森清範貫主(せいはん・かんす)が特大の色紙に揮毫(きご
う)した。

 日本漢字能力検定協会(本部・京都市)の公募に、過去最多の9万2509
票が集まり、「命」は8363票だった。秋篠宮ご夫妻に悠仁(ひさひと)さまが
誕生されるという明るい話題の一方、いじめ自殺や飲酒運転による死亡事
故など、「命の重みを痛感した年」という理由が多かった。2位は「悠」、3位
は「生」だった。

              【Yahoo! トピックスより】  (2006. 12.12 記)  
今年を漢字1字で表すと・・・「命」

2006. 11.29(水)〜2006.12.12(火)

石橋文化センターの紅葉     「石橋文化センターの紅葉」

  親しくさせていただいている画家の久保田済美さんから
 「西部示現会(しげんかい)美術展」の招待券をいただいて
 いた。油彩・水彩の両方を展示してあるという。最近は、水
 彩のタッチが油彩に近づいてきたので、どちらかわからな
 いものもあるが・・・

  そのあと、文化センターの紅葉を楽しんできた。昨年に
 続いて今年もとうとうどこの紅葉も見に行けなかったので
 せめて、文化センターの紅葉で楽しんできた、というわけ
 である。
                          (2006.11.29 記)
← クリックすると文化センターの紅葉のページへ

2006.11.15(水)〜2006.11.29(水)

   「今年もイルミネーションの
             季節がやってきた」


 
昨年から始まった、ほとめき通り(明治通り)のイルミネーション。六ツ門交差点 
から始まって西鉄久留米駅までの約1kmの区間にある木をLEDのイルミネーショ
ンで飾る。

 その他にも、六角堂広場のツリーや久留米カトリック教会前のイルミ、西鉄久留
米駅前の交番横も華やかなイルミが登場している。

 そして、写真は西鉄久留米駅東口の遊歩道にある時計台がこんな素敵なイル
ミに変身した。東口はなかなか行かなかったので初めて見るイルミである。

 年明けまでこれらのイルミが楽しめるそうである。
                                       (2006.11.15 記)

         クリックすると久留米のイルミネーション2006のページへ→
西鉄久留米駅東口のイルミネーション

2006.10.30(月)〜2006.11.15(水)

買い換えたDoCoMoの携帯「N902i」

クリックすると、「N902i」の詳細が・・・
  「携帯番号ポータビリティ制度
           ではないけれど・・・」


  10/24から携帯電話の会社が変わっても、電話番号
 は変わらない「携帯番号ポータビリティ(MNP)」制度が
 始まった。

  ソフトバンクはこの制度開始に当たって通話・メール
 代ともにソフトバンクの携帯なら無料という「予想外」の
 戦略を打ち出してきた。私はソフトバンクホークスの大
 ファンではあるが、携帯電話だけは、DoCoMo一筋7年
 である。

  それで、新しい機種が出たのを機に、2つ前の機種に
 買い換えた。価格は14,300円だった。
                        (2006.10.30 記)

2006. 9.28(木)〜2006.10.30(月)

  「kayoさんの短歌歌集出版にカンパのお願い」

 私が加入するシニアネット久留米(SNK)会員の中嶋輝洋子(kayo)さんは、 
若くして筋ジストロフィー症という不治の病を発症し、一時は絶望しかけた人
生が短歌やインターネットとの出会いにより、再び生きる喜びが芽生え、彼女
自身のみならず、多くの仲間に生きていることのすばらしさを示してくれました。
そのkayoさんが、末期癌のため9/30早朝、永眠されました。

  そのKayoさんが、果たせなかった短歌の歌集の出版を実現させてやりたい
と思い、有志よりカンパのお願いです。ご協力いただいた皆様へは後日発刊
できた本を送らせていただきます。ご賛同くださいます方は下記の郵便振替
口座へ振り込みをお願い致します。             
写真をクリック →
 
* 一口 2,000円 
 *口座番号:01790−6−133498 加入者名:山田浩子
口にくわえたスティックでパソコンのキーボードを打つkayoさん

2006. 9.18(月・祝)〜2006. 9.28(木)

 丼復活祭  吉野家

  牛丼チェーンの吉野家では米国産牛肉の輸入禁止で
 2004年2月から中止していた牛丼販売を1日限定で再開
 した。05年2月の 1日限定販売から1年7カ月ぶり。

  各店千食、全店で百万食限定販売ということで、娘が
 上津バイパス店に出かけて、持ち帰りを4個買ってきた。
 おまけに紅白の手ぬぐいをもらってきた。ただし、価格が
 以前より100円増の380円。ちょっと高い気がしたが、まー
 仕方ないか・・・              (2006. 9.18 記)


←クリックすると「牛丼復活祭」のページへ

2006. 9. 2(土)〜2006. 9.18(月・祝)

    「第40回 明善高校大運動会」

 明善高校で一番盛大にして華やかな行事、 「大運動会」。
今年は例年より一週間ほど早めの開催のために、二学期も
繰り上げて8/24から始まった。

 この春で娘も卒業したので、今年は運動会のHPは作りま
せん、と昨年宣言していたのに、どういうわけか、また関わる
ことになってしまった。昨年のようなページは作らないが、ま
た楽しんでもらえるようなページを考えています。
                           (2006. 9. 2 記)
    写真をクリックすると「大運動会」のページへ→

2006. 8.12(土)〜2006. 9. 2(土)

4年ぶりの同窓会の横断幕 「第2回 昭和53年卒 明善高校 同窓会」
 どう?そう!会 〜語り合おう 今を昔をそして未来を!
       あのときの空はどうだったんだろう

  8/12(土)、4年ぶりに高校の同窓会が開かれた。4月
 から準備を始めて、30名ほどの実行委員が10回ほどの
 会議を経て、今日の同窓会に至った。(出席者約160名)

  抽選会あり、恩師への記念品渡しあり、フォークダンス
 あり、旧制校歌。白旆の歌合唱有りと大盛り上がりの
 同窓会だった。              (2006. 8.12 記)
← クリックすると同窓会のページへ

2006. 7.30(日)〜2006. 8.12(土)

 「サマーナイトコンサート」
        &
    「くるてん2006」


 毎年、7月の最終土日に六角堂広場で 
開催される「サマーナイトコンサート」と「く
るてん」。一日目は土曜夜市の最終日と
相まって、凄い人出だった。二日目の日曜
日も暑かったのにもかかわらず、六角堂が
カントリー一色になって盛り上がっていた。
                (2006. 7.30 記)
 
クリックすると「くるてん2006」の
                ページへ→
有馬押太鼓

2006. 7. 8(土)〜2006. 7.30(日)

阿蘇ミルク牧場「大草原の天の川」  阿蘇ミルク牧場
  「大草原の天の川」

  昨年初めて訪れた阿蘇ミルク牧場での
 蛍光石による「大草原の天の川」のあまり
 の美しさに魅せられて、今年も行ってきた。
 梅雨と台風3号で心配された天気もどうに
 かもってくれて、今年もこんな綺麗な天の川
 を見ることが出来た。
                  (2006. 7. 8 記)
←写真をクリックすると「大草原の
             天の川」のページへ

2006. 6.25(日)〜2006. 7. 8(土)

 『紅いダイヤ さくらんぼ』

 6月と言えば、我が家にとってはとても
楽しみなものがある。毎年、山形の知人
から、さくらんぼ、しかも最高級品の「佐藤
錦」が送ってくるのである。

 さくらんぼが大好きな娘が保育園の頃
からだから、もうかれこれ15年ぐらいなる
だろうか。毎年送って下さる。こちらでは
ちょっと手が出せないようなきらきら光る
(というわけで、☆を付けてしまいました)さ
くらんぼなのである。  (2006. 6.25 記)
山形の知人から送られてきたさくらんぼ(佐藤錦)

2006. 6. 8(木)〜2006. 6.25(日)

グラスアートの作品 「グラスアート展 in 山辺道文化館」

  草野町の山辺道文化館では、1ヶ月サイクルで
 いろんな展示会が行われている。それは、パッチ
 ワークであったり、絵手紙であったり。

  そして今月は、「グラスアート展」があっていると
 いうので出かけてきた。グラスアートがどんなもの
 か知らなかった私は、また一つ新しいアートに触
 れた気がした。
                     (2006. 6. 8 記)

←写真をクリックすると「グラスアート展」
                     のページへ

2006. 5.31(水)〜2006. 6. 8(木)

   映画「バルトの楽園」記者会見

 6/17(土)から全国東映系で公開される 映画「バルトの
楽園」の記者会見が翠香園ホテルであった。

 第一次世界大戦時、久留米にも捕虜収容所があったこ
とから、映画でも少しだけ舞台となっている関係で今日の
記者会見となったもの。

 さすがは大スター、マツケン松平健さんオーラが立ちま
くっていた。
                        (2006. 5.31 記)

   写真をクリックすると記者会見の様子が・・・ →
マスコミの質問に答える松平健さん

2006. 5.16(火)〜2006. 5.31(水)

かずらで作られたあかり      『かずらあそび』

  2年前、ネット仲間のひとみさんに連れられて
 瀬高町のギャラリー喫茶「花の木」であっていた
 「かずら」の展示会を見に行った。その時に渡し
 ていた名刺が縁で、今回案内状をいただいたの
 で会期最終日の今日見に行ってきた。

  かずらや杉の皮で作られた、花かごやタペスト
 リー、あかり、柿渋染など多彩な作品がたくさん
 展示されていた。        (2006. 5.16 記)

←クリックすると「かずらあそび」のページへ

2006. 5. 4(木)〜2006. 5.16(火)

   『ナンジャモンジャ』の花

 今頃の季節になると、シニアネット久留米(SNK) 
のMLで、「ナンジャモンジャ」の花が話題になる。

 鳥栖在住のSさんが、鳥栖駅裏側(鳥栖スタジア
ム付近)に咲いてますよ、とメールで書いてあった
ので、近いうちに行ってみようと思っていたら、以外
なところで見つけた。

 石橋文化センター内にある坂本繁二郎アトリエ
の近くにあった。
クリックすると「ナンジャモンジャ」のページへ→
                      (2006. 5. 4 記)

2006. 4.29(土)〜2006. 5. 4(木)

中山大藤の根本       『中山大藤まつり』

  月曜日(24日)のFBS「めんたいワイド」で柳川市中山
 の「大藤まつり」が紹介されていた。とてもきれいだった
 ので、翌日市役所に場所を聞いたら、中山地区は旧
 三橋町で、昨年3月の合併で柳川市になったとのこと。


  今日は天気もよく、たくさんの人で賑わっていた。
 藤の花房を見たら、20年ほど前までは、我が家にも藤
 棚があったことを思い出しちょっぴり感傷に耽ってしま
 った。
                     (2006. 4.29 記)
←クリックすると「大藤まつり」のページへ

2006. 4.18(火)〜2006. 4.29(土)

       『カラフルな賞状』
 お気に入りだった、NHK後藤理アナがこの春の番組改編 
でどの番組担当になったか調べようと、NHKのアナウンサー
ルームのページを調べていたら、こんなページに行き着いた。
「文研 国語力テスト」

 ヒマだったのでやってみたら、国語常識問題で合格点の
80点を取ったので、写真のような優秀賞の賞状をいただいた。
で、ダウンロードしてここのぺったんした次第である。
 じっくり考えながら解いたら、もう少し良い点が取れたかも
しれないが、まー、このくらいが私の正直な実力だろう。こんな
賞状なかなか貰うことがないので、アップしてみた。

                           (2006. 4.18 記)
         クリックすると拡大画像が見られます →
NHK文研「国語力テスト」の賞状

2006. 4. 7(金)〜2006. 4.18(火)

入学許可の点呼に答える明善高校の新入学生 『平成18年度 福岡県立明善高校 入学式』

   今日、娘が卒業した明善高校の入学式があった。
 
   ひと月前の卒業式に比べて、入学許可のための個
  名点呼で、担任の先生から名前を呼ばれたときの声
  がとても小さかった。卒業式では一人一人があんな
  に大きな声で返事をしていたが、初めての高校・友
  達・先生に囲まれて恥ずかしかったのだろう。

   これから3年間で、いっぱい勉強して、部活に励ん
  で青春時代を謳歌し、卒業の時は元気いっぱいの
  点呼に応えて欲しい。         (2006. 4. 7 記)

2006. 4. 2(日)〜2006. 4. 7(金)

「明善高校管弦楽部第34回定期演奏会」

 息子が明善高校に入学以来、ほぼ毎年オケ部の
定期演奏会は聴きに来ている。年度初めのあわただ
しい時期に開催されるこの定期演奏会は、石橋文化
ホールで立ち見を出させるほどの超人気(ほとんどが
関係者なのだが・・・)ステージである。

 特に今年は、G.マーラー作曲の交響曲第5番を演
奏。プロでも躊躇するという、1時間にもわたる、超大
作に挑んだ、わが後輩に大いなるエールを送りたいと
思う。
                      (2006. 4. 2 撮影)
G.マーラー作曲の交響曲第5番を演奏する明善高校管弦楽部

2006. 3.18(土)〜2006. 4. 2(日)

長崎・亀山社中の跡の碑   『亀山社中跡』一般公開最終日

  3月11日(土)付けの西日本新聞に、「亀山社中跡
 見納め?」(18日で一般公開終了)という記事が載っ
 ていた。亀山社中という名前は知っていたが、それ
 が長崎の何処にあって、どのようなものかはまったく
 知らなかった。

  まっさん(さだまさし)の初期の時代のバックバンド
 名が「亀山社中」と言っていたこともあり、「これは是
 非見に行かねば」と日帰りで行ってきた。
                       (2006. 3.18 記)
←クリックすると「亀山社中跡一般
              公開最終日」のページへ

2006. 3. 3(金)〜2006. 3.18(土)

     『卒業おめでとう』

 まだまだ花冷えのする3月3日、娘が高校を 
卒業した。卒業式に先立ち、前日の2日には、
3カ年の皆勤賞もいただいた。

 娘のクラスは私立文系なので、総勢22名。
多いクラスは倍以上の45名というクラスもある。
人数が少なくて寂しい反面、こじんまりと家庭的
にまとまっていたクラスだった。

 担任、副担任の先生とクラス全員で最後の記
念写真です。
(クリックすると拡大します)
                  (2006. 3. 3 撮影)
娘のクラス最後の集合写真

2006. 2.17(金)〜2006. 3. 3(金)

「オペラ座の怪人」と「ライオンキング」の原語のプログラム  本場ブロードウェーミュージ
          カルのプログラム

  昨年夏に続き、今年も「本場のミュージカルや
 オペラを観てきます」と言ってNYに行かれたTさん。

  英語でのミュージカル、わかるのだろうか?と思っ
 たが、「言葉なんて関係ないんですよ。本物を一度
 観ると病みつきになりますから」言われてしまった。

  その記念に買ってきていただいたプログラム。ブロ
 ードウェーミュージカルのスタンダードナンバー「オペ
 ラ座の怪人」と「ライオンキング」。
←クリックするとプラグラムの内容が見られます。

2006. 2. 9(木)〜2006. 2.17(金)

 明善高校マラソン大会

 一年中で一番寒いこの時期恒例の、明善高校 
マラソン大会が、今日、筑後川河川敷で開催され
た。昨年も一昨年も雪の降る中、凍えるほどの寒
さの中での大会だったが、今年は天候に恵まれ、
写真のように半袖短パンで走っても汗ばんでいた
生徒がたくさんいた。

 水天宮下の河川敷を出発点に男子は8q、女子
は5qを走る。時間はかかってもほとんどの生徒
が完走する。これも明善高校が「文武両道」と言わ
れる所以か。            (2006. 2. 9 記)
マラソン大会のスタートを切る明善高校の男子生徒

2006. 1.29(日)〜2006. 2. 9(木)

商店街を練り歩く、赤鬼・青鬼・緑鬼   鬼・鬼・鬼」

  今日、用事があって、日吉神社に行ったら、
 こんな鬼さん達に出会った。節分にはちょっと
 早いが・・・、と思ったら、今年の節分は平日に
 なるので、商店街の節分は日曜日がいいだろ
 うということで、今日商店街を練り歩いて、最後
 は、六角堂広場で豆まきだそうである。

  鬼さん扮するは商店街のご主人達。街の活
 性化の為とは言え、なかなか大変である。
                   (2006. 1.29 記)

2006. 1.14(土)〜2006. 1.29(日)

    西鉄福岡(天神)駅のカフェから見た風景
                                        (2006. 1.13撮影)
 もう、5年程前になるだろうか。西鉄の 
高速バスの中で、若者が刃物を振り回し
て、1人を殺し、数人に重症を負わせた
事件。ちょうど、ゴールデンウィークの真っ
最中で、新聞記者をしていた友人が「休み
の予定が全部パーになってしまった」と嘆
いていた。

 犯人と被害者を乗せたバスが高速道を
走る時に、どのバスか判別か付かなかっ
た教訓から、その後西鉄バスのすべての
天井に写真のような車番がつけられた。こ
れさえあれば、バスの中からの発信により
ヘリコプターで確認ができるようになった。
西鉄バスの天井に付された車番

2006. 1. 1(日)〜2006. 1.14(土)

2006年 年賀状