八女のまつり 「あかりとちゃっぽんぽん」

2010. 9.24(金)

  毎年、9月の最終金・土・日に「八女の祭り あかりと
 ちゃっぽんぽん」が開催されている。4年前にも私は
 訪れて、メインの「燈籠人形」を見てきた。その様子を
 撮影して、動画も含めてHPを作成しているのでコチラ
 或いは、左の写真をクリックしてください。

  4年前は燈籠人形しか見なかったが、このお祭りは
 「あかり」の祭りである。提灯は八女の特産品であり、
 竹は今年八女市に合併された立花町の特産品である。
 
  それらを使って、あかりを醸し出している。まー、規模
 としては、たいしたことないが、それでも八女の電灯と文
 化が凝縮されたお祭りだった。

 八女も酒蔵がたくさんあって、それらの酒蔵のお酒を飲み比べできる。もちろん
車で来ている人は飲めないわけで、こういうことがあっていることを知らない人は
車でやってきて、横目で見て通り過ぎるだけだった。

「八女酒蔵祭り」の提灯 各酒蔵のお酒が並んでいる(こちらは売り物)
「八女酒蔵祭り」の提灯 各酒蔵のお酒が並んでいる(こちらは売り物)
テントの中で楽しそうに飲んでいるおじさん達 ここで、希望の酒をチョイスする
テントの中で楽しそうに飲んでいるおじさん達 ここで、希望の酒をチョイスする

   燈籠人形が披露されるのは「福島八幡宮」の 
  参道にある舞台である。そこを奥まで進むと
  八幡宮の本殿がある。このお祭りの期間、たく
  さんの提灯がつり下げられている。

   みんな「燈籠人形」が始まるのを待っている
  ので、本殿にお参りしている人はほとんど居な
  い。
福島八幡宮の本殿

八女のお祭りのインフォメーションブースになっている「横町町家交流館」      . 人力車(大人一人500円は安い)
八女のお祭りのインフォメーションブースになっている「横町町家交流館」
ここの奥に竹灯ろうが設置されている
人力車(大人一人500円は安い)

祭りにつきものの露天。何となくもの寂しげで、いい雰囲気である。
露天1 露天2
露 天1 露 天2
露天3 露天4
露 天3 露 天4

カルメ焼き   昔懐かしい「カルメ焼き」である。ビー玉を
 上部の筒から転がしてビー玉が入ったところ
 のカルメ焼きゲットできる。

  夫が食べたかったらしく、100円でゲットし
 たカルメ焼き。おまけに同じくらいの大きさの
 カルメ焼きを付けてくれたのだが、甘くて甘く
 て、とても1個を食べきれなかった。


【スライドショー】のボタンを押すと「八女の祭り」の写真をスライド
ショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。
WindowXp sp2でも、今まで通りフルスクリーンでご覧になりたい
場合は、「フルスクリーン鑑賞設定法」 をご覧ください。