2005. 5. 3(火・祝)

 九州の小京都と言われる甘木市秋月。桜の季節、紅葉の季節、いつ訪れても
落ち着いた佇まいで私たちを出迎えてくれる。なーんて、私はそんなにここを訪
れたことはないのである。

 私がボランティアで活動しているカルキャッチくるめのメンバーで、映画とグルメ
に(他にもいろんなことに詳しいようだが)とっても詳しいOさんが、「この連休にお
そばのおいしいところに行きましょう」と誘ってくださったので、カルキャッチの熟
年男女6人で秋月の「ちきた」に石臼挽蕎麦を食べに行った。

 秋月からもう少し奥に上ったところに「だんごあん」がある。その隣に「ちきた」
はある。こんな奥まったところにお客さんが来るのだろうか、と思ったが、開店時
間の11時にはすでに並んで待っているお客さんがいっぱい。私たちはOさんが、
予約をしてくれていたので、待たずに店内に入れるはずである。

 10時半ごろ着いたので、だんごあんを始め、秋月の新緑や清流を楽しんだ。
「スライドショー(自動)」のボタンをクリックするとフルスクリーンでスライドショーが
ご覧いただけます。



まず、「だんごあん」を探索(だんご汁がおいしいそうな・・・)
「だんごあん」へはこちらからどうぞ 調理用のヤマメ(水槽の中にいます)
「だんごあん」へはこちらからどうぞ 調理用のヤマメ(水槽の中にいます)
番傘の下で風流に ここに料理を運んでもらうこともできます
番傘の下で風流に ここに料理を運んでもらうこともできます
民宿もありました 子供の日まであと2日、秋月の空に映えるこいのぼり
民宿もありました 子供の日まであと2日、秋月の空に映えるこいのぼり
秋月街道「旧八丁道」の看板
「だんごあん」を一回りしてくると、秋月街道「旧八丁道」と書いてある看板のところへ出てきます

11時になったので「ちきた」の店内に入ります。
石臼挽蕎麦「ちきた」の看板    . お店の前の記帳台
石臼挽蕎麦「ちきた」の看板 お店の前の記帳台
駐車場の案内板 駐車場の案内板
駐車場の案内板 駐車場の案内板

外にも座席があります(ここはカップルの席だとか) 左の座席の横は「立入御免」の看板が セントバーナードは外で待ちぼうけ
外にも座席が(ここはカップルの席だとか) 左の座席の横は「立入御免」の看板が セントバーナードは外で待ちぼうけ

お待たせしました、ようやく今日のメイン、「蕎麦」の時間であります。
お通し(お茶と漬け物) 前菜(って言うのかなー) そば湯(付け汁と混ぜて飲む)
お通し(お茶と漬け物) 前菜(って言うのかなー) そば湯(付け汁と混ぜて飲む)

盛りそば   まず一皿目。盛りそば。
 ふつうのおそば屋さんのおそば
 と違って麺がシコシコしている。
 風味も、ぷーんとそば粉の匂い
 がして「本物を食べてるなー」
 という気がしてくる。

  私は普段はほとんどそばを食
 べないので、どんなそばがおい
 しいのか、よくわからないが、
 ここのそばは素人の私でも本物
 のような気がした。

  もちろんお代もけっこう高い。
 これ一盛りで1,050円也。
 ここのお店を紹介してくださった 
Oさんお薦めのおそば、地鶏付け
汁そばである。このお鍋の中の、
付け汁に上の写真のようなもりそ
ばを付けて食するのである。この
付け汁がまたいいお味だ。

 もう、このおそばを食べ終わる頃
には、さすがにお腹いっぱいに。
あとで考えたら、2枚もいらなかっ
たなー。

 この付け汁そばはもっといいお
値段で、1,365円だった。おそばだ
けで2,400円ほども費やしてしまっ
た。まー、こんなことがあってもい
いか。
地鶏付け汁そば

「ちきた」の店内にはおもしろいものがいろいろありました
だるまストーブ(秋月の冬はとても寒いのです) 雪が隠れるとかいて「せっちん」と読みます(トイレのことです)
だるまストーブ(秋月の冬はとても寒いのです) 雪が隠れるとかいて「せっちん」と読みます(トイレのことです)

最後に立ち寄ったのは久留米市草野町
山辺道文化館の「古蓮」
私が食べた「抹茶物語」
甘いものには目がない私は、ここのメニューは何でも食べたい。で、結局「抹茶
物語」という欲張ったメニューを頼んだ(たしか700円ぐらいだったような・・・)

 と言うわけで、五月晴れの熟年男女によるグルメツアーは甘味で締めくくられた。
約1名、甘いのがダメで紅茶を飲んでいた人がいたが・・・。

 さあ、次はどこに連れて行ってもらえるのだろう。ダイエットに励みつつ次回を楽し
みに待つすーちゃんであった。

このページのソースはQ-PONさん
からお借りしました


戻   る