佐賀城下 おひなさま

2004. 2.26(金)

 この季節になると、テレビや情報誌で、各地のおひなさまの様子がたくさん目に入って
くる。昨年は、急に思い立って吉井町のおひなさま巡りに出かけた。今年は、八女人形
会館や、星野村の「茶の文化館」に飾ってあったおひなさまは見たものの、やはり、町中
で取り組んでいるおひなさま飾りを見たくて、昨年以上に急に思い立って(お昼過ぎから)
佐賀城下のおひなさまを見てきた。

 佐賀方面に向かって車を走らせたものの、場所をよく確認もしないまま家を出たので、
佐賀県庁付近でうろうろとして、ポスターや看板を探した。「P」のマークが目に入ったの
で、「徴古館(ちょうこかん)」と言われる建物の駐車場に車を止めて、駆け足でのおひな
さまめぐりの始まり〜。

佐賀の町の中心にある「佐嘉神社」 (ここにはおひなさまは飾ってありません)
「佐嘉神社」の大鳥居 「佐嘉神社」の本殿
大鳥居 本殿
佐嘉神社記念館 すっごく大きな灯籠 江戸時代に作られた灯籠
佐嘉神社記念館 すっごく大きな灯籠 江戸時代に作られた灯籠

有料展示館(徴古館・佐賀市歴史民俗館)共通の入場券
有料展示館(徴古館・佐賀市歴史民俗館)共通の入場券(400円)

徴古館(ちょうこかん)

  佐嘉神社のお隣にある「徴古館」。
 ここは佐賀藩鍋島家の歴史を綴って
 いる建物である。

  この季節には、鍋島家に嫁がれて
 きたお姫様達のおひなさまが展示さ
 れている。

  というわけで、ここのおひなさまだ
 けは、「撮影禁止」となっている。

商 店 街

佐賀の街のいたるところにミニギャラリーがあって、陶器やガラス、そして昔ながらのおひな様が飾られている
こんなしゃれた暖簾が・・・ 町中あちこちでこんな提灯を見かけます
こんなしゃれた暖簾が・・・ 町中あちこちでこんな提灯を見かけます

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

恵比須ギャラリー
 観て楽しく、食べて嬉しく「お菓子のひなまつり」
(残念ながら、建物の写真を撮り損ねました。商店街の中にあります)

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

佐賀市歴史民俗館

佐賀市歴史民俗館の看板   「佐賀市歴史民俗館」は「旧古賀銀行」・
 「旧古賀家」・「旧三省銀行」・「旧牛島家」・
 「旧福田家」の五館を総称したもの。

  長崎街道の雰囲気を今に伝えるノスタル
 ジックな建物である。

  赤いジャンバーを着たお姉さん(一部おば
 さん(^_-))が親切に解説&案内をしてくれ
 ました。

旧 古賀銀行

 江戸時代からつづく
  
「美しさと伝統のひなまつり」

 小城鍋島家伝来の雛人形や旧家の雛人形 . 
 おひなさまの衣装でもある十二単を展示

  グッズや食品なども販売している
 
旧 古賀銀行

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

旧 古賀家

旧 古賀家   愛らしさの中に気品が漂う
    
「鍋島小紋のひなまつり」

  今年のテーマは雅やかな「曲水の宴」
  50畳の大広間に約200点が集い戯れる

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

旧 三省銀行

 伝統を今も織り継ぐ
   
「鍋島緞通とおひなさま」

 佐賀で300年の歴史を誇る「鍋島段通」の   .
 吉島家が集めた日本各地のおひな様
旧 三省銀行

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

旧 牛島家

旧 牛島家   全国の作家の逸品が勢揃い
        
「みやびのひなまつり」

  全国の作家による個性豊かなおひなさまが
  皆さまをお出迎え

  ※残念ながら時間がなかったので、ガラス窓
   越しに見ただけで、写真を撮らずに帰って
   きた

旧 福田家

  絢爛豪華で格調高い
     
「佐賀錦のひなまつり」

  佐賀の代表的な手織り伝統工芸
  「佐賀錦」で彩られた絢爛豪華な雛人形  .
旧 福田家

写真をクリックすると拡大写真(640×480)が見られます

おまけの おみやげ

かきもち 生姜せんべい 肉まんじゅう
かきもち (200円) 生姜せんべい (300円) 肉まんじゅう (1個 100円)

 私が住む久留米の近郊で開催される「おひなさま」と言えば、吉井・柳川・八女と
いったところが有名で、そのどこへもうちから1時間以内で行けるところばかりであ
る。ところが、盲点があった。県外なので非常に遠い気がしていたが、佐賀市は、
むしろ吉井町よりは我が家から近いのである。

 いつから、「佐賀城下のおひなさま」が始まったか知らないが、入場料を取る代わ
りにとても立派な展示がなされていた。ボランティアさんもたくさんいて、場所の案内
を親切にしてくれる。

 そして、とても懐かしかったのは、佐賀で育った私の祖母の口から時折聞いてい
た佐賀弁をあちこちで聞くことができた。なんか、ほんわかーとした気分にさせてく
れる佐賀弁に久々に出会えたのも収穫だった。

戻  る