日本一面積の広い、 奈良県十津川村に行ってきました

2011. 4.28(木)〜2011. 5. 3(火)

 昨年、奈良旅行に行った際、足を伸ばせれば 
十津川村に行きたいと思ったが、そこは日帰り
で帰れるところではなく、最低1泊、できれば
2泊の予定で行かないと、ただ行って帰ってくる
だけになってしまうと思い、昨年はあきらめた。

 そして今年、満を持して十津川村に行くことに
なった。今回は準備も万端に整え、十津川村役
場にメールしてパンフレットや地図などを送って
もらっていた。

 十津川村は日本で一番面積の広い村(奈良県
の面積の1/5を締める)で、和歌山県・三重県と
県境を接し、海には面していない(奈良県自体
が海に面していない)と言うことである。

 しかし、こんなに資料があってもどこをどう回っ
たらいいのかわからない。それで、またまた十津
川村役場の職員さんに、どう回ったらいいかを
シュミレーションして貰いとりあえず、泉大津港に
着いて、高野山・金剛峯寺を経由して十津川村
に入ることだけ決まった。
十津川村役場から送ってもらったパンフレットや地図

今回の旅行はフェリー利用のため、車の距離は伸びないであろうけど、
参考までにうちを出てから帰ってくるまでの距離が726kmでした。
今回のガソリン代は5,446円(燃費 約20km/1L 36.3L 1L 150円で 5,445円)
4/28 自宅を出発するときのメーター   .   . 5/3 自宅に到着したときのメーター
4/28 自宅を出発するときのメーター 5/3 自宅に到着したときのメーター

日(曜日) 行        程 走行距離数
4/28(木) 自宅→新門司 115km
4/29(金) 泉大津港→高野山→十津川村(十津川温泉) 173km
4/30(土) 十津川温泉→玉置神社→熊野本宮→湯泉地温泉 78km
5/ 1(日) 十津川村(湯泉地温泉)→笹の滝→谷瀬の吊り橋→唐招提寺(奈良市) 138km
5/ 2(月) 法隆寺→興福寺→聖徳皇太子磯長御廟(大阪府太子町)→泉大津港 105km
5/ 3(火) 新門司港→自宅 117km
計 726km

※十津川村役場 観光振興課にシュミレーションしてもらった、十津川観光ルート

29日(1日目)
大阪南港(120分)→高野山→龍神スカイライン→龍神村(60分)→国道371・県道198号
→中辺路→本宮大社(60分)→国道168号→十津川温泉(20分)  <果無集落などの散策>
※高野山から野迫川村経由で十津川村へ来るルートがありますが、帰路のルートと重複します
のであえて、周遊するルートとしています。

30日(2日目)
十津川温泉→玉置神社(30分)→瀞峡(20分) →21世紀の森(30分)→湯泉地温泉(30分)
<瀞峡:遊覧船 かわせみ 090−2196−8533>
<森林植物公園・石楠花まつり実施中>

1日(3日目)
湯泉地温泉→笹の滝(40分)→谷瀬の吊り橋(40分)→奈良市内(180分)

()内の移動時間を参考にプランを検討してみてください。
休日中の観光のお問い合わせは、十津川村観光協会 0746−63−0200へお願いいたします。

4/29      高野山(和歌山県高野町)
.
4/30〜5/ 1 十津川村(奈良県)・熊野本宮(和歌山県田辺市本宮町)
.
5/ 2      唐招提寺・法隆寺・興福寺(奈良市)・聖徳皇太子磯長御廟(大阪府太子町)

新門司港に行く途中で立ち寄った、古賀SAで見つけた面白いポスター
宮崎前知事と、現知事河野俊嗣(こうの しゅんじ)さんのツーショットポスター 小倉ソフトクリーム
宮崎前知事と、現知事河野俊嗣(こうの しゅんじ)
さんのツーショットポスター
「あなたがそんなもの食べるから痩せないんだ」
とは夫の弁

新門司港−泉大津港を毎日1往復するフェリー(4/28 17:30 新門司発の「やまと」)
やまとの前部 やまとの車乗り込み口 やまとの車乗り込み口【拡大】
やまとの前部 やまとの車乗り込み口 やまとの車乗り込み口【拡大】
エントランスロビー 夕暮れのデッキから1 夕暮れのデッキから2 夕暮れのデッキから3
エントランスロビー 夕暮れのデッキから1 夕暮れのデッキから2 夕暮れのデッキから3

 今回、十津川村を目指した理由は、私の大好きな
さだまさしさんがコンサートトークで、十津川村のこ
とをよく話されるのを聞いて、「十津川村ってどんな
ところだろう」と思ったことが発端である。

 ただ、十津川村は奈良市内からでも車で3時間
以上かかる。しかも、下手なドライバーは十津川村
は目指さない方がいい、ともまっさんは言っていた。

 で、日本一広い村である十津川で、どんなところ
を回ったらいいか教えてもらおうと「十津川村観光
協会」に立ち寄った。

 そこにこんな懸賞幕がかかっていた。これは一昨
年(2009年)大晦日に、両国国技館で開催された年
越しライブで、十津川村の観光協会からも、懸賞を
出されたそうだ。その懸賞幕にまっさんがサインをし
て、送り返してくださいました、と職員さんが話してく
れた。

 そんなまっさんがらみの場所も案内して貰って行
ってきた。
十津川村観光協会が出した懸賞幕

 やはり、車での旅行は荷物がどれだけ増えても、場所がわからなくてもナビを
使えば間違いなく行くことができるところがいい。というわけで、奈良に3泊して
もう帰途に就くことになった。

 昨年に続き2度目のフェリー利用。しかも同じ阪急フェリーだったので、フェリー
の船内の勝手もわかっており、料金は高速を使うよりはちょっと高いが、寝てい
たら、翌朝には目的地に着いているし、フェリー利用も悪くないなと思っている。
それに、今年6月からは、高速料金の土日1,000円もなくなるということで、また
フェリーに利用客が戻ってくるのではと思っている。

5/2 17:30 大阪泉大津発のフェリー「つくし」
私たちが乗り込む「つくし」 阪急フェリー 泉大津のりば コンビニで買ってフェリーに持ち込んだ夕食
私たちが乗り込む「つくし」 阪急フェリー 泉大津のりば コンビニで買ってフェリーに持ち込んだ夕食

 というわけで、5/3(火)の朝6時には新門司港に着いてしまった。昨年は新門司港着が
8:30(神戸港発)だったために、GWの帰省ラッシュで、高速道路上で大渋滞に巻き込まれ
てしまった。

 今年は、渋滞には遭わなかったが、朝食を摂ろうと思ったSAやPAがいっぱいで、結局
高速道路上では朝食が食べられなかった。それで、久留米に戻ってきて、いつものキム
ラヤでトーストセットを食べて帰宅した。

 さて、来年のGWはどこに行こうか・・・。それよりも今年の夏休み、いや、その前に遠〜
いところに行こうかという計画もある。うーん、いつになったらHPを仕上げることができる
のか(笑)。