山本町の桃の花

筑後川の菜の花

2004. 3.16(火)

 新春から、春、そして初夏にかけて、日本は花につつまれます。特に日本人は
桜の花が大好きです。「あの散り際がいい」と桜吹雪の舞い散る下で、桜を愛で
ながら、宴を催します。

 だけど、春には桜だけでなく、他にもきれいな花がたくさん咲き誇っています。
年明けから、「梅」の開花を追ってひと月間「梅林寺」に通い、満願成就。今度は
「桃」と思っていましたが、なかなか自然に咲く桃は見つけられません。そこで、
「梅のページ」に「桃が自生しているところがあったら教えてください」と書いて
いたら、さすがはインターネット、すぐメールがやってきました。

 久留米市の東の端(までは行かない)に山本町があります。そこに桜で有名な
「浅井の一本桜」というのがあるのですが、そこに行く途中に、「桃」をビニール
ハウスで栽培しておられる吉谷さんという方がおられて、そこで見せてもらえま
す、ということだったので、早速行ってきました。

浅井の一本桜

 同じ久留米に住んでいながら、「浅井の一本桜」の名前は知っていても、場所も
知らないし、ましてや、咲いているところを見たこともありませんでした。この際、今
年の満開の時には、是非見に行こうと、まず「浅井の一本桜」を目指して、行って
きましたが、途中で迷ってしまい、アジサイ寺で有名な「千光寺」に着いてしまいま
した。ここのご住職さんに教えてもらい、無事たどり着くことができました。それで、
今年の6月には「アジサイ」も見に行くことにしました。

 さすがに、まだ、つぼみすらつけていない「一本桜」だったので、見物客はだれも
居ませんでしたが、近所の人らしいおじいちゃんが「この一本桜はヤマザクラやけ
ん、ソメイヨシノに比べて咲くのが遅かもんね。満開は来月の10日頃やろー」と教
えてくれました。それでも、満開の桜を見たくて、掲示板に貼りつけてあった、ちっ
ごがわさんの写真を拝借してしまいました。来月にはこんな見事な桜を見られま
す。その時には、是非見に行こうと思います。

3/16現在の「浅井の一本桜」
3/16現在の「浅井の一本桜」 ひと月もすると、こんな見事に桜が咲きます
(Photo by ちっごがわ)
樹齢壱百年の「浅井の一本桜」 一本桜の手前にある「ソメイヨシノ」桜の木
樹齢壱百年の「浅井の一本桜」    
             クリックすると拡大写真が見られます
一本桜の手前にある桜(ソメイヨシノ)の木

吉金さんちの桃の花

 今回の「花を追って」の旅は桃の花を見ることが目的で、ビニールハウスは
たくさん見つかったものの、無断で入るわけにもいかないし、それで、ハウス
に、近い家を訪ねて「ハウスの中の桃の花を見せてください」と言ったら、留
守番をしていたらしい子供が「どうぞ、いいですよ」と気軽に答えてくれた。

 それで、「見せてください」とだけ言ったのに、デジカメでバチバチ撮ってきて
しまった。こりゃ、無断盗撮だわー(^_-)。

ハウスの隙間からちらっと見える桃の花 ハウス内は30℃前後に保たれている
ハウスの隙間からちらっと見える桃の花 ハウス内は30℃前後に保たれている
桃の木1 桃の木2
桃の木は人間の身長ぐらいの高さである。だから、花びらにぐっとズームインしても撮ることができた

写真をクリックすると拡大写真(640×480ピクセル)がご覧いただけます

上の写真のようなきれいな桃の花が2ヶ月半(6/7)で
下の写真のような、おいしそうな桃になりました。

写真をクリックすると拡大写真(640×480ピクセル)がご覧いただけます

筑後川河川敷の菜の花

 九州一の大河、筑後川河川敷の菜の花はあまりにも有名である。私はその菜の花
すら、じっくりと眺めたことがなかった。それで、桃の花を見に行った帰りに、筑後川に
出て、河川敷に敷き詰められた黄色い絨毯を堪能してきた。

 私は、筑後川の菜の花って、川の両岸に咲き誇っているものとばかり思っていたら
私が当日見た限りでは、筑後川の北岸にしか咲いていなかったように思う。南岸は
サイクリングロードや野球・テニスなどの球技場があるので、菜の花もおちおち咲い
ていられない、ということか・・・

筑後川の上流を臨む 筑後川の下流を臨む
筑後川の上流を臨む 筑後川の下流を臨む
向こうに見えるのは宮の陣の団地 西鉄の鉄橋の下に咲く菜の花
向こうに見えるのは宮の陣の団地 西鉄の鉄橋の下に咲く菜の花

写真をクリックすると拡大写真(640×480ピクセル)がご覧いただけます

菜の花と人(1枚だけ犬もいますが)のコラボレーションをご覧ください。

写真をクリックすると拡大写真(640×480ピクセル)がご覧いただけます
ゴミ拾いをされているのでしょうか
ゴミ拾いをされている
のでしょうか
菜の花を摘んでお漬け物に・・・
菜の花を摘んで
お漬け物に・・・
チワワの○○ちゃんも菜の花鑑賞
チワワの○○ちゃんも
菜の花鑑賞
小さい子供は花にとっても似合います
小さい子供は花にとっても
似合います

 桃を見に行って、菜の花まで堪能してきた一日(正確には3時間程度)でした。
以前、ドリームスFMでリポーターをしていた、熊丸由美ちゃんが、現在ハワイに
短期留学(?)していて、彼女曰く、「ハワイは常夏だから、一年中同じ花が見ら
れるんです。四季があり、季節ごとにいろんな花を見ることができる日本からは
考えられないところです」と、メールで伝えてくれました。

 「花の命は短くて・・・」だけど、また来年同じ季節に同じ花咲かせてくれます。
そうして、私たちにいろんな花を見せてくれる日本の四季。日本にいると気が
付かないけれども、四季のない国に行くと、日本の四季がとてもすばらしく感じら
れる。そんなことを感じるようになった私は、もうしっかりおばさん?

 さあ、次は日本人が一番好きな「さくら」。もうすでに「浅井の一本桜」には予約
を入れております。そのほかにも、「ここの桜、きれいだよー」というところをご存
じの方は、またメールください。すーちゃんのフットワークで行けるところはどこま
でもお邪魔します。あっ、それから、今回、「浅井の一本桜」を教えてくださった、
「千光寺」のご住職様、6月にはアジサイを見に必ずうかがいます。

お ま け

 この時期、外に出て行ってもきれいな花が見られるが、うちの庭にもきれいな
花がいっぱい咲いている。私が手入れしているわけではないので、もっぱら撮
影専門である。私だけ楽しむのももったいないので、「おまけ」として、ここに載
せることにした。

オレンジっぽいぼけ
オレンジっぽいぼけ
うすピンクのぼけ
うすピンクのぼけ
真っ赤なぼけ
真っ赤なぼけ
真っ赤とピンクのぼけ真っ赤とピンクのぼけ
ふきのとう
ふきのとう
空に向かって咲く木蓮
空に向かって咲く木蓮
一輪の木蓮
一輪の木蓮
おおぶりの水仙
おおぶりの水仙
一輪の水仙
一輪の水仙
白の水仙
白の水仙
白のすずらん草
白のすずらん草
すずらん草の群生すずらん草の群生
紅白のツバキ
紅白のツバキ
濃いピンクのツバキ
濃いピンクのツバキ
うすピンクのツバキ
うすピンクのツバキ
ミニチューリップ
ミニチューリップ