「瑞穗の国・日本」の
源流をたどって・・・

 日本は「瑞穗の国」だと言われる。「瑞穗」とは「瑞々しい稲穂」という意味
である。以前は、日本人一人当たり1年間で二俵ものお米を食べていたの
が、今ではその半分以下の一俵も食べなくなったそうだ。このままいったら
日本の農業はどうなるのだろう。

 私は日本の産業の根幹をなすものは農業だと思っている。「食」さえも自
国でまかなえないようになったら、それこそ日本の国の滅亡を示していると
思う。4月から「麦秋」を追って、食の自給の大切さを感じた私は、今度は
稲の成長を追ってみることにした。             (2004 6.18 記)

田植えの前準備(6/7〜6/16)

苗床(6/7)
苗床
田んぼに水が入ります
田んぼに水が入ります
向こうに見えるのは苗代
向こうに見えるのは苗代
用水路にも水が張られて
用水路にも水が張られて

いよいよ、田植え(6/18)

田植機での田植
田植機での田植
4条植えの田植機
4条植えの田植機
機械植えが終わった田んぼ
機械植えが終った田んぼ
機械だけでなく人の手も要ります
人の手も必要です

山手(南小国町)の稲穂(7/11)
7/11、蕎麦づくしと温泉三昧のバスツアーに行って来た。そば街道にある「吾亦紅」の
お店の前に広がっていた田んぼを撮影してきた。平地よりひと月は早く田植えされた
ように丈の高い稲だった。
南小国の稲1
南小国の稲1
南小国の稲2
南小国の稲2

一ヶ月後(7/21)
 平地の稲もぐんぐん大きくなってきた。犬の散歩で田んぼの横を通るたびに、
「稲も生き物」なのだということを実感する。
田植え後一ヶ月の稲1
田植え後一ヶ月の稲1
田植え後一ヶ月の稲2
田植え後一ヶ月の稲2
田植え後一ヶ月の稲3
田植え後一ヶ月の稲3

二ヶ月後(8/21)
 このひと月で、稲もぐんぐん大きくなった。早いところでは、借り入れも
終わって、新米が売られている。このあたりは早稲の品種ではないから、
10月頃が借り入れになるのでは?
田植え後二ヶ月の稲1
田植え後二ヶ月の稲1
田植え後二ヶ月の稲2
田植え後二ヶ月の稲2
田植え後二ヶ月の稲3
田植え後二ヶ月の稲3
田植え後二ヶ月の稲4
田植え後二ヶ月の稲4