長崎ランタンフェスティバル2013

2013. 2.23(土)

 2003年の長崎ランタンフェスティバルから行き出して、途中2006年だけ抜けたが、今回で10回目。
2007年からでも連続7回目のランタンフェスティバルである。もう全部の会場にも行き尽くしているし、
「毎回行くこともないでしょう」という回りの声を無視して、ちょっと訳あり(笑)で、最近は毎年日帰りで
長崎まで行っている。

 特に今年は、昨年11月に結婚した従弟夫婦の2人も一緒に出かけた。彼らは今までに一度だけ来
ていたらしいが、夜の長崎、しかも大勢の観光客でごった返している長崎の繁華街を歩くのは至難の
業のようで、私が「夜の9時には長崎を出発するわよ」と言って、ぴったり9時に駐車場に戻って来ら
れたことにえらく感動していた。そりゃー、10回も通えば、地元と同じよ(笑)。

 と言う訳で、昼間の「中華大婚礼」の行列を見て、あちこちの会場に設置されていた毎年のメイン
オブジェ(すべての干支のオブジェは撮影出来なかった)を撮り、できる限りの会場を回ってランタンを
撮って、中華街の江山楼でちゃんぽんと炒飯を食べて帰ってきた。

              2003年からの「長崎ランタンフェスティバル」の様子

長崎ランタンフェスティバル20周年 行列の先導者達 後の輿に載っているものは?
長崎ランタンフェスティバル20周年 行列の先導者達 後の輿に載っているものは?
婚礼の供え物 鳴り物を持つ学生達 このうちわのようなものは?
婚礼の供え物 鳴り物を持つ学生達 このうちわのようなものは?
新郎の名前の紹介幕 新郎の山口正人さん 新郎の輿を持つ人達
新郎の名前の紹介幕 新郎の山口正人さん 新郎の輿を持つ人達
新婦の名前の紹介幕 新婦の輿を持つ人達 新婦の山口順子さん
新婦の名前の紹介幕 新婦の輿を持つ人達 新婦の山口順子さん
この筒状のものは? 婚礼の供え物 「中華大婚礼」の行列終了
この筒状のものは? 婚礼の供え物 「中華大婚礼」の行列終了

 毎年、干支を象ったメインオブシェが、メイン会場の湊公園に展示される。今年は巳年なので
巳「玄武」のオブジェが飾られていた。メインオブジェは翌年以降は、市内のいろんな会場に場
所を移して展示される。たぶん、12体がどこかに展示されているのだろうが、当日撮影出来た
のは、以下の8体だった。来年はすべてのメインオブジェを撮影する、という目的でランタンを訪
れる、というのもいいかもしれない。

2000 辰「双龍盤柱」 2012 辰「祥龍戯珠」 2013 巳 「玄武」 2002 午「飛馬」
2000 辰「双龍盤柱」 2012 辰「祥龍戯珠」 2013 巳 「玄武」 2002 午「飛馬」
2003 未「三羊開泰」 2004 申「斉天大聖」 2005 酉「金鶏報暁」 2006 戌「旺旺・狗来富」
2003 未「三羊開泰」 2004 申「斉天大聖」 2005 酉「金鶏報暁」 2006 戌「旺旺・狗来富」

 毎年、同じようで微妙に違ういろんなランタン。これだけたくさんの被写体があると、ついカメラを
向けてしまう。しかし、夜なのでなかなかうまく撮れない。それでも、毎年のランタンの記録にたく
さん撮ってきた。

【スライドショー】のボタンを押すと「長崎ランタンフェスティバル
2013」の写真をスライドショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。



 中華街に来たらやはり名店「江山楼」。しかし、ランタンの時期はお客が多くてなかなか食べら
れない。それでも並んで、名物のちゃんぽんと炒飯を食べる。従弟たちはテンション上がりまくり。

特製ちゃんぽん 炒飯 黒炒飯
特製ちゃんぽん 炒飯 黒炒飯

 せっかく長崎に来たのだからと、従弟が「餃子や小籠包を食べて帰ろうよ」ということで、歩道に
面して露天風にイートイン(外だからアウトか?)スペースがある点心のお店で食べた。

屋台風の「白家園(バイジャエン」) 焼き餃子 小籠包(ショーロンポー)
屋台風の「白家園(バイジャエン」) 焼き餃子 小籠包(ショーロンポー)

 というわけで、昼頃に長崎に到着して、「孔子廟会場」、「新地中華街会場(湊公園)」、「唐人屋敷会場」、
「浜んまち会場」、「崇福寺」などを駆け足で回り、21時に出島の近くの駐車場に戻ってくるまでの約9時間
あっという間のランタン見物だった。ランタン初心者の従弟夫婦も十分満足だったようだった。
来年は2014.1.31(金)〜2.14(金)。もちろん行きます。