九州新幹線に乗って、一路鹿児島へ

2011.12.23(金・祝)

 今年3/12(土)に全線開業した九州新幹線。どの駅でも華々しくオープニングイベントを
執り行われる予定だったのが、開業前日に東北・関東地区で発生した、大地震と大津波
により、その全てが取りやめとなって、当日静かに発車していった。

 しかし、博多駅に完成した「JR博多シティ」が入場数・売上高ともに順調に伸ばしている
と言う。新幹線も関東大震災の影響で、開業当初こそ乗客数が伸びなかったらしいが、そ
の後は順調に伸びていると報道している。

 それより、オープニングの時に流れた九州新幹線のCMがとても素晴らしいと、評判にな
り、テレビで何度も見、インターネットでも何度も見直した。確かに観ている人に勇気を与
えるCMだ。そして、300キロ離れていても1時間ちょっとで移動することの出来るすばらし
さ。わが家の前を毎日何十本も通っている新幹線に早く乗ってみたいと思いながら、なか
なか、その機会がなかった。

 しかし、その機会は意外なきっかけでやってきた。まー、その理由は置いといて、急に
思い立ったので、わが家を10時半頃出て、久留米駅まで在来線で行き、そこから、九州
新幹線つばめの各駅停車で鹿児島中央駅に向かう。1時間半程のあっという間の新幹
線旅行である。

久留米駅に滑り込んだつばめ 防音壁が高いので、回りの景色が余り見えない 私の住む荒木駅前に立つ15階建てのマンション2棟
久留米駅に滑り込んだつばめ 防音壁が高いので、回りの景色が余り見えない 私の住む荒木駅前に立つ15階建てのマンション2棟

窓にかかったすだれのブラインド 布地表面が「古代漆(こだいうるし)」。シートバックは「楠色」。 全席インアーム収納テーブルを装備
窓にかかったすだれのブラインド 布地表面が「古代漆(こだいうるし)」。シートバックは「楠色」 全席インアーム収納テーブルを装備

八代産のイグサを編んだ「縄暖簾」 縄暖簾をくぐったら洗面台 男女兼用トイレ 車載自動販売機
八代産のイグサを編んだ「縄暖簾」 縄暖簾をくぐったら洗面台 男女兼用トイレ 車載自動販売機

 久留米から鹿児島中央まで各駅停車の「つばめ」に乗ったので、つばめが停車する都度
それぞれの駅の電光掲示板を撮ってきた。つばめにはこんな楽しみもある・・・

駅  名 所在地 接続路線
久留米市 鹿児島本線

久大本線
15.9q .
筑後市 鹿児島本線
11.8q .
大牟田市 .
16.6q .
玉名市 .
21.9q .
熊本市西区 鹿児島本線
豊肥本線
鹿児島市電幹線・田崎線
31.8q .
八代市 鹿児島本線
42.8q .
水俣市 肥薩おれんじ鉄道線
16.0q .
出水市 肥薩おれんじ鉄道線
32.7q .
薩摩川内市 鹿児島本線

肥薩おれんじ鉄道線
35.3q .
鹿児島市 鹿児島本線
指宿枕崎線
鹿児島市電第二期線・唐湊線

 12時15分頃鹿児島駅中央に到着。最近は夫と旅行することが多いので、車でも列車でも飛行機の
中でも口を利かないなんてことはないのだが、今日は自由気ままの一人旅。新幹線に乗っている間
中、一言も口を利かなかった。こんな一人旅、楽しいようで、つまらなくなってきた・・・

久留米駅で向こうのホームに泊まっていた博多行きつばめ 鹿児島中央に到着したらすぐ清掃開始である
久留米駅で向こうのホームに泊まっていた博多行きつばめ 鹿児島中央に到着したらすぐ清掃開始である
ホームには転落防止柵が設置されている 水戸岡鋭治さんデザインのつばめ
ホームには転落防止柵が設置されている 水戸岡鋭治さんデザインのつばめ

何とも鮮やかなウォールポスター     . 鹿児島の象徴、桜島と錦江湾を表したステンドグラス
何とも鮮やかなウォールポスター 鹿児島の象徴、桜島と錦江湾を表したステンドグラス

とんかつ・しゃぶしゃぶ大山のカツ丼   一人旅だから、当然食事も1人である。「何を食べようか」と考え、
 結局駅構内の「ぐるめ横丁」にある「とんかつ・しゃぶしゃぶ 大山」
 で食べることにした。日頃食べることのないトンカツの見本が私を
 誘っているようで、写真のカツ丼を食べることにした。

  1人だったので相席を勧められ「いいですよ」と言って相席になっ
 たお相手と色々と話したら、彼は香港在住の日本人で、香港で起
 業されているとか。今日は時間があったので、大阪から博多、そし
 て乗り継いで鹿児島中央まで来られたとかで、今日中にまた博多
 まで帰らないといけないと言われた。で、少しの時間だけれど、鹿
 児島の街中を一緒に散策させてもらうことにした。

 鹿児島中央駅から歩いていけるところに「維新ふるさと館」があるので、そこに行こうと思っている
のですが、と言われたので、私もご一緒させていただくことにして、その途中に写真のような像や記
念碑があった。いずれも鹿児島らしいオブジェだった。
            【写真をクリックすると拡大(525×700ピクセル)写真がご覧いただけます】

若き薩摩の群像 明治の元勲 大久保利通像 戦災復興記念碑
若き薩摩の群像 明治の元勲 大久保利通像 戦災復興記念碑

 鹿児島には2年前の2009年夏と3年前の2008年夏に訪れているが、「維新ふるさと館」なる
ものがあるなんて知らなかった。で、私も香港の彼(笑)が言うとおりに付いていった。鹿児島中
央駅から歩いて15分ぐらいのところにそれはあった。

               「維新ふるさと館」のホームページ

館内に展示されている大河ドラマ「篤姫」の衣装 維新ふるさと館のキャラクター「西郷隆盛」の像
館内に展示されている大河ドラマ「篤姫」の衣装
↑ 写真をクリックすると拡大写真が見られます
維新ふるさと館のキャラクター「西郷隆盛」の像

 鹿児島と言えば「天文館むじゃき」のかき氷「白熊(しろくま)」である。鹿児島に来たら必ず
食べることにしている。しかし、夏のかき氷ならジャンボサイズ(と言っても、これがむじゃき
でのレギュラーサイズ)でも食べられるが、真冬のクリスマスになんでかき氷?と言われそう
だが、それでも鹿児島なら白熊なのである(笑)。

 鹿児島の繁華街に天文館はあり、そこまで行かないと白熊は食べられないのかと思って
いたが、何と、鹿児島中央駅の駅ビルに「むじゃき」がありますよー、と教えてもらっていた
ので、駅地下の「むじゃき」に行って香港の彼と別れた後、1人で白熊(レギュラー)を食べた。
            
             
天文館 むじゃき」のホームページ

「むじゃき」の店頭にあるキャラクター 鹿児島中央駅「むきゃき」の店頭 しろくま【レギュラー】690円
「むじゃき」の店頭にあるキャラクター 鹿児島中央駅「むじゃき」の店頭 白熊(しろくま)【レギュラー】690円

 九州新幹線が開通して、博多駅を除いて一番ウハウハなのは鹿児島中央駅だという。最速で
博多から1時間19分で鹿児島に到着できるというのはやはりとても凄いことで、短距離よりも、
博多−鹿児島中央を乗っている人が多いと推測する。

 鹿児島の街を歩くと、同じ九州なのに言葉がこんなにも違うのかと、ここは別の国なの?と思う
ほどである。でも、その多様性がいい。日本全国すべて標準語だとまったく面白くない。どんなに
移動時間は短縮されようとも、その地の特色は変わらないで欲しい。

鹿児島中央駅ビルの上にある大観覧車 鹿児島中央駅前の階段 駅前の「ソラリアホテル」ここがバスターミナルになっている
鹿児島中央駅ビルの上にある大観覧車 鹿児島中央駅前の階段
映画「奇跡」もここでロケがあっていた
駅前の「ソラリアホテル」ここが
バスターミナルになっている

 「維新ふるさと館」を見ただけで、今回の鹿児島散策は終わった。まー、今回の目的は九州新幹線に
乗ることが目的だったのだから、鹿児島滞在5時間足らずで帰りの新幹線に乗ることになった。今度、
鹿児島に来るときには、もっとじっくりリサーチして訪れることにしよう。