感動!感激!サプライズ!!
九州国立博物館

2005.10.25(火)

 九州国立博物館が太宰府に建設されるということを認識したのは、3年前に
大宰府(この「大宰府」には「、」がない。なぜでしょう?)政庁跡で開催された
「九州国立博物館(当時は仮称)建設資金募集キャンペーン 都府楼の歌人た
ち」というコンサートだった。さだまさしが出演すると言うこともあり、国博の建設
募集キャンペーンなど二の次だったのだが、コンサートを聴くにあたり、一口千
円の募金が義務づけられており、よーく考えたら、私もこの国博建設に一役買
っていたんだと、いまさらながらに国博との因縁に苦笑している。

 そして、好奇心旺盛な私は人よりは先に国博を見てみたいと、オープン前の
国博を8月の下旬に見に行った。
           オープンまで53日 九州国立博物館

 その外観のあまりにも壮大さを見て、オープンしたら絶対早いうちに見に行こ
うと決めていた。そして、ラッキーなことに招待券を頂いたので、オープンから10
日目に当たる今日、念願の国博を見に来ることができた。展示物は当然のご
とく、写真撮影できないので、展示物は下記URLを参考にしてください。

            九州国立博物館のオフィシャルHP

この場所が、「九州国立博物館」を一番きれいに撮影できるスポット(だと、私は思っている)
この場所が、「九州国立博物館」を一番きれいに撮影できるスポット(だと、私は思っている)

 国博へのアクセスは、西鉄電車で太宰府までやってきて、参道経由、天満宮から
エスカレータ&歩く歩道を使う方法と、車で行って、専用駐車場から歩いていく方法
と、民間駐車場に停めて辺りを散策しながら、(ちょっときつい)階段を上っていく方法
の3つがある。今回は3番目の散策コースをとった。

「神護山 光明禅寺」の看板         神護山 光明禅寺

 当山は臨済宗東福寺派に属し鎌倉中期約七百年前
菅家出生の鉄牛圓心和尚創建の天満宮結縁寺です。

          仏光石庭(前庭)
 七.五.三の十石で光りの字に配石された九州唯一の
石庭です。

          一滴海の庭(裏庭)
 青苔は大陸と島、白砂は水と大海を現し、長汀曲浦
の美事な線で画出された枯山水の庭です。
                        太宰府市

光明禅寺でくつろぐ妙齢の女性達 仏光石庭 異人さんも散策中
光明禅寺でくつろぐ妙齢の女性達 仏光石庭 異人さんも散策中

 散策を終えて、国博のふもとにたどり
着くと、写真のような結構長くて急な
階段が目の前に現れる。8月にこの階
段を上ったときは、流石に暑くて、何度
も休憩しながら上ったが、今回はちょう
どいい運動だった。

 もちろん、階段の横には高齢者や障
害者のためのリフトカーが運行してい
る。
国博へ通じる長く急な階段

それぞれの写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます
手前は障害者用の車の駐車場
手前は障害者用の車の駐車場
自然とも調和した国博の外観
自然とも調和した国博の外観
裏側(動く歩道側)から見た国博
裏側(動く歩道側)から見た国博

外に設置してある「観覧券売り場」 平日にもかかわらず大型バスがいっぱい
外に設置してある「観覧券売り場」 平日にもかかわらず大型バスがいっぱい


ロビーにある駐車料金事前精算機とチケット券売機 ロビーに飾ってある博多山笠の飾り山
ロビーにある駐車料金事前精算機とチケット券売機 ロビーに飾ってある博多山笠の飾り山

国博の近代的な外観とは対照的に、和風の建築技術を随所に取り入れた内観
木の暖かさがあちこちに 木組みの天井 全体に和のテイストが感じられる
木の暖かさがあちこちに 木組みの天井 全体に和のテイストが感じられる

3階が開館記念特別展「美の国 日本」の展示場となっている。
当然中は撮影できないから入り口だけ、撮ってきた。
「美の国 日本」の入り口に掲げてある巨大看板           . 「音声ガイド」はここで
「美の国 日本」の入り口に掲げてある巨大看板
(写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます)
「音声ガイド」はここで
ヘッドホンを受け取る

ここでしか買えない「美の国 日本」仕様の「鶴乃子」       . アジアからの出店で買った干支(亥)のストラップ
ここでしか買えない「美の国 日本」仕様の「鶴乃子」 アジアからの出店で買った干支(亥)のストラップ

3階が特別展示室、4階が常設展示(?)の文化交流展示室になっている
4階「文化交流展示」の入り口にある看板 3階から見た4階「文化交流展示」へのアプローチ
「文化交流展示」の入り口にある看板 3階から見た「文化交流展示」へのアプローチ

1階ロビーから4階まで吹き抜けになっていて、とても開放的な造りになっている
4階まで吹き抜けとなっている。3階から見た1階ロビー 1階ロビーにある「あじっぱ(アジアの原っぱ)」
3階から見た1階ロビー(右下は「あじっぱ」) 1階ロビーにある「あじっぱ(アジアの原っぱ)」

国博の隣に「ホテル ニューオオタニ」のレストランが出店している。
国博と同じく大盛況で、30分ほど待たされた。
ホテルニューオオタニの箸袋

博物館松花堂弁当(1,470円) ご飯とお吸い物
博物館松花堂弁当(1,470円) ご飯とお吸い物

 国博と天満宮をつなぐアクセスとして、ながーいエスカレータと動く歩道が
新設された。特に動く歩道(トンネル)の中は写真のようにいろいろな色に
照らし出されて幽玄的な雰囲気を醸し出している。

だざいふ遊園地の前にある、エスカレータ乗り場 エスカレータを下から撮影  . エスカレータを上から撮影
だざいふ遊園地の前にある、エスカレータ乗り場 エスカレータを下から撮影 エスカレータを上から撮影

それぞれの写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます
青色の光線
青色の光線
黄色の光線
黄色の光線
虹色の光線
虹色の光線
緑色(微妙)の光線
緑色(微妙)の光線
青紫色の光線
青紫色の光線

 国博を見てから天満宮にお参りするか、天満宮にお参りして国博を見るか。
悩めるところだが、今回は国博を見た後、動く歩道&長いエスカレータを利用
して、天満宮へ。

国博のオープンに合わせてリニューアルされた「だざいふ遊園地」
国博のオープンに合わせてリニューアルされた「だざいふ遊園地」

だざいふ遊園地の前に猿回しのサルくんがいた(お漏らししないようにおむつをしていた)
右手を上げてくださ〜い 宙返り、とってもよくできました お座り
「右手を上げてくださ〜い」 「は〜い」 宙返り、とってもよくできました お座り」 とってもお利口さんでした

太宰府に来たならば、天満宮にもお参りして帰らなくちゃ・・・
楼門(奥に本殿が見えています) 本殿(向かって右手に「飛梅」が) 本殿の中で神主さんと巫女さんが祈祷をしていた
楼門(奥に本殿が見えています) 本殿(向かって右手に「飛梅」が) 本殿の中で神主さんと巫女さんが祈祷をしていた

本殿と楼門の間の両側でお守りなどを売っている(ここのことを何というのだろう?)
本殿と楼門の間の両側でお守りなどを売っている(ここのことを何というのだろう?)

絵馬がたくさん掛けられている所 今年の大厄年表 おみくじを結びつけている所
絵馬がたくさん掛けられている所 今年の大厄年表 おみくじを結びつけている所

国博のオープンを記念してたくさんの幟があちこちにはためいていた
大宰府ブランド創造協議会の幟   . 大宰府天神おもしろ市実行委員会の幟   . 大宰府市商工会の幟   . 参道の両脇に下がっていたフラッグ
太宰府ブランド
創造協議会
太宰府天神おもしろ
市実行委員会
太宰府市商工会

参道の両脇に下がっていたフラッグ

参道の鳥居にも「九州国立博物館開館」の横断幕が掛けられていた
参道の鳥居にも「九州国立博物館開館」の横断幕が掛けられていた

太宰府天満宮の参道にはこんな情緒ある建物が並んでいる
お菓子や土産物を売っている「松屋」 喫茶店「風見鶏」(手回しオルゴールを聴くことができる)
お菓子や土産物を売っている「松屋」 喫茶店「風見鶏」(手回しオルゴールを聴くことができる)

 上の写真右の「風見鶏」で飲んだ 
コーヒー。確か600円だった。ちょっ
ぴり高め。だけど、ウエイトレスとい
うのか、メイドさんというのか、その
女性が袴姿でコーヒーを運んできて
くれた。その姿が見られただけでも
600円、許しちゃう・・・

 窓際に座って、参道を行き交う人
たちを見るのもおもしろい。
喫茶「風見鶏」で飲んだブレンドコーヒー、600円

喫茶「風見鶏」では貴重に手回しオルゴールを聴かせてくれた。
これだけでも600円の価値あり?(このオルゴール、フランス製だとか)
手回しオルゴール1 手回しオルゴール2

太宰府に来たら「梅が枝餅」。これは定番である。どこで食べるというこだわりはないが・・・
この器具でアツアツの梅が枝餅が焼ける このお店の奥にはこんな庭があったので、ここで食べた
この器具でアツアツの梅が枝餅が焼ける このお店の奥にはこんな庭があったので、ここで食べた

 というわけで、国博&天満宮ツアー 
もこれにて終了であります。

 いやいや、国博は始まったばかり。
「美の国 日本」は11/27で終了です
が、来年の元日から「中国 美の十字
路」が始まるそうです。

 国博も天満宮も相乗効果で当分は
お客絶え間が無いことだろうと思いま
す。
次回展示「中国 美の十字路」の予告看板


戻 る