台風前の筥崎宮放生会で見た
おはじき・必勝祈願ボード・露天etc.

2012. 9.15(土)

 筥崎宮の放生会(「ほうじょうや」と読む)は「めんたいワイド」の生中継などで毎年紹介されている
こともあって、一度行ってみたかった。5年前の2007年に初めて福岡・筥崎宮の放生会「(ほうじょう
や」と読む)に出かけた。

 あまりの露天の多さ(700店とも言われる)や、人出の多さ(7日間で100万人)に驚き、翌年(2008年)
にも出かけた。2回も続けて行くと、縁日なんてだいたいわかってくる。ただ、露天の他に「おばけ屋
敷」や「見世物小屋」があって、子供の時以来行ったことのない「おばけ屋敷」に行きたくて、夫と一
緒に3度目の放生会に行ってきた。

  博多三大祭りの一つ「放生会(ほうじょうや)」
 (9月12〜18日)で、縁起物として人気を集
 めているおはじきは「厄をはじく」とされている。

  直径約2センチの素焼きで、博多人形の製
 法で作られる。昭和初期 に途絶えたが、博
 多人形師団体「白彫会」(小副川祐二会長)が
 1980 年に復活させた。

  今年の絵柄は「むかしむかしのお話」がテー
 マ。「桃太郎」「花咲じいさん」「赤ずきんちゃん」
 などを立体的に描いている。社務所に集まった
 同会員ら25人は、昔話の世界をにぎやかに再
 現したおはじきを次々と化粧箱に詰めていった。
  
  1箱27種類入りで3千円。1200箱を用意し、
 お守り授与所で12日午前8時から販売する。
 例年初日に売り切れるという。
                【西日本新聞 夕刊】

【スライドショー】のボタンを押すと「放生会はじき」の写真をスライド
ショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。
WindowXp sp2でも、今まで通りフルスクリーンでご覧になりたい
場合は、「フルスクリーン鑑賞設定法 をご覧ください。



 筥崎宮は福岡に籍を置くプロスポーツのチームが、シーズンはじめに必勝祈願に来る所としても
有名である。その中でも福岡ソフトバンクホークスは毎年キャンプインの前日にスタッフ・選手で祈
願に来る様子がテレビで報道される。

 そのほかにも福岡にはサッカーのアビスパ福岡、ラグビーのコカ・コーラウエストレッドスパークス
九州電力ヴォルテクス、バスケットボールのライジング福岡など、たくさんのチームがある。応援し
たくてもチームがない地域に比べたら、福岡は大変恵まれている。

 しかし、ホークス以外のチームはあまり知らないし、成績もあまり芳しくない(のでは?)。これから
は、野球以外の球技にももう少し関心を持っていこうと思った。
          【写真をクリックしたら拡大(800×600ピクセル)写真をご覧いただけます】

福岡ソフトバンクホークス
福岡ソフトバンクホークス
(野球)

アビスパ福岡
アビスパ福岡
(サッカー)

コカコーラウエストレッドスパークス
コカ・コーラウエスト
レッドスパークス
(ラグビー)
九州電力ヴォルテクス
九州電力ヴォルテクス
(ラグビー)

ライジング福岡
ライジング福岡
(バスケットボール)


 筥崎宮の参道には、放生会の期間中700店もの露天が立つ。その中でも、気になったお店を
撮ってみた。これらの他にも金魚すくい、かき氷、焼き鳥等数え切れないぐらいの種類の露天を
見るのも楽しみだ。

放生会名物の新生姜 トルコ名物の「のび〜るアイス」 宮崎名物「肉巻きおにぎり」
放生会名物の新生姜 トルコ名物の「のび〜るアイス」 宮崎名物「肉巻きおにぎり」
B-1グランプリ優勝の「シロコロホルモン」 トルコ名物「「ドネルケバブ」 縁日には欠かせないお面
B-1グランプリ優勝の「シロコロホルモン」 トルコ名物「「ドネルケバブ」 縁日には欠かせないお面

 そして、最後に楽しみだった「おばけ屋敷」。入場料が500円だったので、それほど期待はしていなかったが、
まー、その程度だった。来年は入場料700円の「見世物小屋」に入ってみようと思う。

上からおばけ(の、にせ物)が降りてきて 子供達は怖がって・・・
上からおばけ(の、にせ物)が降りてきて 子供達は怖がって・・・
生首(笑)が3つ並んでる ちっとも怖くないおばけのお面をかぶったおじさん
生首(笑)が3つ並んでる ちっとも怖くないおばけのお面をかぶったおじさん

 台風16号が近づいて小雨が降る中、筥崎宮の放生会に行ってきた。「放生会はじき」は初日(12日)に
並ばないと買えないという。当然、15日に行っても買えるわけではないが、いつか機会があったら、買っ
てみたい。で、おはじきを買えないならば、ここ数年のおはじきの展示を見てこよう、と言うわけで写真を
撮ってきたというわけである。

 まー、来年ここに来るかどうかはわからないが、久留米では体験出来ない場所であることは確かであ
る。いつか、「見世物小屋」には来てみたい・・・


戻  る