星野村の 「シャクナゲ」と「藤」

2004. 4.30(金)

 福岡県八女郡星野村。福岡県の南東部に位置し、大分県とも接する県境の山村。
我が家からは車で1時間程度で行くことが出来るのだが、今から3年前までは、40数
年生きてきて、たった2回しか行ったことがなかった。

 ところが、3年前、息子が入学した高校に星野村の保護者会役員さんがいた。「星
野村から通えるはずないのにー」と思って、そのお母さんに尋ねたら、星野村からで
は、どこの高校でも通えない(過疎地)ので、県内のどの高校でも合格したら入学でき
るそうである。当然、その子も下宿生活で、お母さんは役員会がある度に星野村か
ら出てこられているとのこと。「大変ですね」と言ったら「いいえ、こんなことでもないと
星野村から出ることもないので」と笑っておられた。

 そのときから、1年に数回、その方を訪ねて星野村を訪れるようになった。だけどや
っぱり星野村は遠い。星野村に入ってからも、「星の文化館」や「茶の文化館」まで、
結構かかる。コンビニもお弁当屋さんもスーパーもない。しかし、その代わりおいしい
空気と水がある。緑溢れる山林や、季節ごとに咲き乱れるきれいな花もある。

星野名物の棚田 竹林の中に見つけた巨大タケノコ
星野名物の棚田 竹林の中に見つけた巨大タケノコ

(有料の)シャクナゲ園

 その花の名前は子供の頃から知ってはいたが、実物は見たことがなかった「シャク
ナゲ」。見頃がいつかわからないまま、思い立って、G・Wのさなかの平日に行ってき
た。星野村には2つのシャクナゲ園があるということである。1つは村営なので無料な
のだそうだが、「池の山キャンプ場」からかなり遠いということだったので、有料だが、
キャンプ場のすぐ近くにある「シャクナゲ園」に立ち寄ってみた。4月の上旬から5月下
旬まで開園しているそうだが、もう盛りを過ぎて、枯れかかっていたので、入場料は
通常800円が600円となっていた。それでも、写真ではきれいに撮れたので、それらの
花を一挙掲載。
       (写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真が見られます。)

シャクナゲ1 シャクナゲ2 シャクナゲ3 シャクナゲ4
シャクナゲ5 シャクナゲ6 シャクナゲ7 シャクナゲ8
シャクナゲ9 シャクナゲ10 シャクナゲ11 シャクナゲ12
 ツツジとシャクナゲは咲く時期も花の形も似ているが、よーく観察すると、花びら
や葉っぱにその違いが見て取れる。色は、これらの他にもっといろんな色があり
そうだが、今回はこれだけで精一杯だった。来年こそは満開を狙って・・・

シャクナゲ園内にしつらえられた水車 園内の池を悠然と泳ぐ鯉
シャクナゲ園内にしつらえられた水車 園内の池を悠然と泳ぐ鯉

地面の上でお昼寝中の犬  . . 目が覚めちゃいました
地面の上でお昼寝中の犬 目が覚めちゃいました

キャンプ場内の「藤棚」

 シャクナゲを見たら、黒木町の大藤を見に行こうと思ったが、「池の山キャンプ場」の
池の中心にちょっとした藤棚が作られていて、結構きれいに咲いていたので、それで
藤見物を済ませた。「藤」は我が家にも咲いていたが、駐車場整備のために藤の木を
切り倒して10数年ぶりの「藤」だった。
        (写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます。)

藤1 藤2 藤3
藤5 藤6 藤7 藤8

 藤棚の下では3匹のカルガモが気ままに遊び、池の中に入っていった。
「いいなー、こんなにゆったりした時間」。ここではそんな風景が随所で見
られる。

カルガモ1 カルガモ2 カルガモ3
カルガモ4 カルガモ5 カルガモ6


戻 る