第20回 芳揮会
『 春 に 舞 う 』

 2003. 3. 9(日)

 ひょんなとこから舞い込んだ舞台写真撮影の話。この舞踊の会の司会を
される中嶋恵子さんから、「写真を撮ってくれる人を捜してるの。あなた、撮
ってくれない」という一言から、軽い気持ちで引き受けたものの、スティール
カメラは持ってないし、腕もない、そんな「ないない」状態でカメラマンをやる
ことになりました。

 フィルムはたくさん持って行っていたつもりでしたが、撮り出すときりがなく
デジカメ(もちろん三脚も2つ持っていっていました)との2台で撮りまくり。最
終的に両方で300枚ほども撮ってしまいました。

 ただ、デジカメはその場で確認できるけど、スティールカメラは現像してプ
リントされないとどんな具合に撮れたのかわからない。だから出来上がるま
でふあ〜んでした。でも、素人が撮ったにしてはまずまずの出来。安心して
先方に送りました。

 そのスティール写真の中から動きがあってなかなかいい写真を選んで、
アニメーションにしてみました。画像が出てくるまでちとょっと時間がかかり
ますが、しばらくお待ち下さい。(12枚 約450KB)

会場玄関に立てかけられた看板  福岡市西区、地下鉄姪浜駅から
 徒歩3分のところにある、「西区民
 センター」でありました。

 我が家から、この会場はかなり遠
 かったです。

 そして、打ち上げ会場はここから
 さらに西へ行くこと30分。JR筑
 肥線周船寺駅の近くの料亭でし
 た。打ち上げまでお邪魔して、帰
 宅したのは午後9時でした。

先生の舞台挨拶 プログラムラストの「きよしのズンドコ節」
中山芳揮先生の舞台挨拶(それはそれは物腰柔らかく、
香り立つような色香の先生でした)
プログラムラストの「きよしのズンドコ節」(氷川きよしの歌声に
乗って16名が軽やかに舞われました)