キャナルシティ博多のハロウィーン

2011.10.28(金)

 今日から3日間、福岡市内の4つの会場(JR九州ホール、福銀本店ホール、イムズホール、そして
キャナルシティホール)に全国の落語家が集結して「博多・天神落語まつり」が開催される。今回で
5回目だということだが、私は初めてである。だいたい、プロの落語家の落語を聞くのも初めてなの
で、ちょっとウキウキ。で、平日のため仕事の夫とキャナルシティで待ち合わせることにした。

 私はJRで博多駅まで電車に乗って、駅ビルをうろうろしていたら、「JQカード」(JR九州とセゾン
のコラボカード)を作りませんか、とお姉さんに勧誘されてしまった。もうクレジットカードは増やしたく
ないのだが、JRに乗るときに必ず使うICカード「SUGOCA」へのオートチャージが出来ると言うこと
に惹かれてJQカードを作ることにしてしまった。

在来線からエスカレータを上がったところのコンコースからはイスに座ってガラス越しに在来線を見ることができる
チェアー1 チェアー2
チェアー1 チェアー2
チェアーとテーブル1 チェアーとテーブル2
チェアーとテーブル1 チェアーとテーブル2
葉っぱの壁画の柱 葉っぱの壁画 向こうは博多阪急
葉っぱの壁画の柱 葉っぱの壁画 向こうは博多阪急

第二キャナルの壁面   1年に1度ぐらいはやってきているキャナルシティ
 博多。9/30にキャナルシティに隣接してイーストビル
 (第二キャナル)が完成し、テレビで紹介されるたびに
 行ってみたいと思っていた。で、夫と落ち合って、食事
 をした後、落語の開演までの時間に少しだけイースト
 ビルに行ってみた。

H&M(レディス、メンズ、キッズアパレル) ZARA(レディス・メンズファッション) Franc franc(フランフラン)(生活雑貨)
H&M(レディス、メンズ、キッズアパレル) ZARA(レディス・メンズファッション) Franc franc(フランフラン)(生活雑貨)

 ハロウィン、あるいはハロウィーンは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行われる。
ケルト人の行う収穫感謝祭が、他民族の間にも行事として浸透していったものとされている。由来と歴史的経
緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われる。                       【出典 Wiki pedia】

 この季節にキャナルにやってくるとお化けカボチャが至るところにころがっている。かぼちゃの人形にそれぞ
れアルファベットが付けられていて、番号順にそのアルファベットを並べると、あるキーワードが浮かび上がる
ということで、5つは解ったが、それだけでは判読不明だった。どなたか判読できた方、教えてください。それら
の写真をスライドショーで載せてみた。さすが、キャナルという感じである。そして、キャナルは1996年オープン
以来15年。その間に来場者が2億人ということである。やはりキャナルはすごい・・・

【スライドショー】のボタンを押すと「キャナルのハロウイーン」の写
真をスライドショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。
WindowXp sp2でも、今まで通りフルスクリーンでご覧になりたい
場合は、「フルスクリーン鑑賞設定法 をご覧ください。



 テレビ「笑点」でも有名な三遊亭円楽さんプロデュースによる「博多・天神落語まつり」。2007年
に始まったこのイベントも福岡の秋の風物詩になってきたようだ。4つの会場で3日間を通して、
計27の高座がある。自分の好きな落語家がでる高座を選べるのがよい(料金はすべて5,000円)
しかし、人気の落語家がでる高座はすぐ完売になってしまうから要注意。

 私は、笑点メンバーの円楽、昇太、たい平の他地元出身の落語家3人の計6人の高座を聴こう
と、28日 18:30〜の『笑点ブラック団VS博多っ子純情』のチケットを取って、初落語を楽しんできた。

出演の落語家の札            . 古典芸能鑑賞なので10数年ぶりに着物を着て行きました
出演の落語家の札 古典芸能鑑賞なので10数年
ぶりに着物を着て行きました

 と言うわけで、博多駅→(第一)キャナル→(第二)キャナル→落語まつりをめいっぱい楽しんで
きた。来年の落語まつりは11/2(金)・3(土・祝)・4(日)だそうである。やはり、芸術(芸能)はテレビ
ではなくライブで見るべきである。もちろん、衣装も整えて(笑)。落語まつりの事務局にメール会
員の登録をして、来年はチケットを早めにゲットできるようにした。


戻   る