ハウステンボス
花   の  芸  術  祭

2006.10. 3(火)

 9月16日から「花の芸術祭」が始まっているというテレビCMが、毎日のように流れて
いる。実は「花の芸術祭」は開園以来今回で3度目だそうである。過去2回の芸術祭
がどんなものかはよく知らないが、今回は花で作った浮世絵が花の運河に浮かび、ミ
ッフィーやちゅーりーのタペストリーが、ルーベンス通りの店先に飾られているという。

 ハウステンボスは昨年3/20(福岡県西部沖地震発生日)以来、1年半も間が空いて
しまった。学校の教師をしている高校の同級生が、運動会の代休が取れるというので
急遽ハウステンボスツアーが決定した。

 いつもは、バスハイクでしか来たことのないハウステンボスだったので、お客も多くて
人気のアミューズメントはあきらめていたが、今回は、全然待ち時間もなく楽しむことが
できた。平日だったので、イベントはほとんどあってなかったが、こんなハウステンボス
もいいもんだと思った。(花の芸術祭は11/5まで)

入場チケット(\3,200)   当初、入場チケットだけ買って場内を 
 回ろうと思っていたのだが、カナルク
 ルーザーに乗るときに、「3回乗り物に乗
 るなら、パスカードの方がお得ですよ」と
 言われて、結局パスカードを買ってしま
 った。


←入場チケット(\3,200)

          パスカード(\1,600)→
パスカード(\1,600)

ゲートの向こうはテディベア キングダム       . 葉っぱで作ったテディベア
ゲートの向こうはテディベア キングダム 葉っぱで作ったテディベア

カナルクルーザー

初体験のカナルクルーザー
初体験のカナルクルーザー。今回は平日だったので、待たずに乗ることが出来た

カナル(運河)をクルーザーで航行しながら見えた建物を撮影してきた
水車 フライト・オブ・ワンダー ホライゾンアドベンチャー
水車 フライト・オブ・ワンダー ホライゾンアドベンチャー
ハウステンボスIFXシアター Kirara 白鳥(もっとたくさんいました) 眼鏡橋の下をクルーザーが潜る
ハウステンボスIFXシアター Kirara(キララ) 白鳥(もっとたくさんいました) 眼鏡橋の下をクルーザーが潜る

ドムトールン

ハウステンボスのシンボルタワー、ドムトールン    高さ105メートルのハウステンボスのシンボルタワー。
 場内のどこからでも目にすることができ、来場者にとって
 道しるべの役割も果たしている。地上80メートルの5階(終
 日一般利用:パスポート、パスカードまたは400円)と65メ
 ートルの4階にある貸切展望室からは、レンガの街並みや
 風光明媚な大村湾を一望することができる。

  建物の由来は、オランダ第4の都市ユトレヒトの旧市街
 地に建つ、オランダの歴史的建造物のなかで最も高い教
 会の鐘楼がモデル。

オレンジ広場から見たドムトールン . 時計台(拡大)   . 展望塔
オレンジ広場から見たドムトールン 時計台(拡大) 展望塔

 ハウステンボス来場5回目にして、初体験のドムトールン展望台。80メートルもの高さだというのに、
エレベータであっという間に展望台に到着。360度のビューでなかったのは残念だったが、それでも、
下の写真のように、いつもは目線でしか見られなかった、ハウステンボスの街並み等が一望できた。
(それぞれの写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます)
ピネンスタッド
ピネンスタッド
アレキサンダー広場
アレキサンダー広場
スパーケンブルグ
スパーケンブルグ
オレンジ広場
オレンジ広場
パレスハウステンボス
パレスハウステンボス
ホテルヨーロッパ
ホテルヨーロッパ
針尾送信所 無線塔
針尾送信所 無線塔
ウインズ佐世保
ウインズ佐世保
JR全日空ホテル
JR全日空ホテル
コテージ
コテージ

ドムトールンの展望台から下りてきて、2階のレストラン街にあった、台湾料理「楼蘭」で早めの昼食
私が食べた老李セット(\1,500)
友達が食べた○○麺(\1,000?) 私が食べた老李セット(\1,500) これに杏人豆腐が付く

デリーフデ号

デリーフデ号   帆船の体をなしているが、この船が海に
 出ることはない。この船の前はステージと
 なっており、イベントが行われたりこの船の
 バックで花火が上がったりする。

  この船は格好の撮影スポットとなってお
 り、私達も撮影を頼まれたし、私達も写して
 もらった。

洋上クルーズ「観光丸」

 ハウステンボスに来たら、必ずこの洋上クルーズ船 
は見ていたが、いつも長蛇の列で、乗るのをあきらめ
ていた。

 ところが、今回は平日ということもあり、楽々と乗り
込む事ができた。乗り込んでみたら、私達の回りは
ほとんど韓国人。言葉もハングル語が飛び交い、ま
るで私達が異邦人!?

 35分間の大村湾クルージング。天気が良かったの
で、とても楽しい時間を過ごすことができた。
洋上クルーズ「観光丸」

ロープだけの帆船       . このロープにマストが上がる
ロープだけの帆船 このロープにマストが上がる
ロープを操作してマストを上げる マストが上がった
ロープを操作してマストを上げる マストが上がった

海から見たJR全日空ホテル 海から見たドムトールン他 きらきら光る水面
海から見たJR全日空ホテル 海から見たドムトールン他 きらきら光る水面

パレスハウステンボス
オランダの宮殿を忠実に再現

パレスハウステンボス
ハウステンボスの文化的象徴パレス ハウステンボス。17世紀にハーグの森に建てられ、現在はオランダのベアトリクス
女王陛下のお住まいになっている宮殿の外観を、オランダ王室の特別のご許可をいただいて忠実に再現している。

ハウステンボスで甦った「幻の庭園」
宮殿の後ろ側にはヨーロッパの造形美を極めた、広大なオランダ・バロック式庭園が広がっている。
この庭園は18世紀、フランスの造園家ダニエル・マローがオランダの宮殿のために設計したものの
実現しなっかた「幻の庭園」で、保存されていた図面をもとにハウステンボスに甦らせた。ギリシャ神
話をペースに、神殿風あずま屋、噴水、彫刻、装飾花壇が美しく配置されており、宮殿をより一層引き立てている。
「幻の庭園」全景 装飾花壇 噴水
「幻の庭園」全景 装飾花壇 噴水

花の運河
 巨大キャンバスに花々で描いた名画が運河に浮かんでいた。今回のテーマは、オランダ絵画に
大きな影響を与えた日本の「浮世絵」。橋の上から、秋の街並みと一緒に見ている人たちが・・・
                   【開催日】9/16(土)〜11/5(日)
                   【場所】アートガーデン前運河

運河に浮かんだ浮世絵を見るための観覧席
今回のハウステンボスツアーの目的のひとつがこれ。花で作られた浮世絵を運河に浮かべたもの

写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます
「花の運河」−浮世絵−の端の立てられた説明版
「花の運河」−浮世絵−
の端の立てられた説明版
東洲斎写楽「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」
東洲斎写楽(1794年頃制作)
「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」
菱川師宣「見返り美人図」
菱川師宣(1692年頃制作)
「見返り美人図」
喜多川歌麿「ビードロを吹く娘」
喜多川歌麿(1792年頃制作)
「ビードロを吹く娘」
葛飾北斎「富嶽三十六景―山下白雨」
葛飾北斎( 1830年頃制作)
「富嶽三十六景−山下白雨」
葛飾北斎「富嶽三十六景−神奈川沖浪裏」
葛飾北斎(1830年頃制作)
「富嶽三十六景−神奈川沖浪裏」

花のタペストリー
〜ハウステンボスの愉快な仲間たち〜

「花のタペストリー」の案内板    レンガの壁を彩る鮮やかな花々のアート』
  建物の壁に花々のミッフィーやちゅーりーが出現


 食の専門店が並ぶルーベンス通りの壁面に、鮮やかな花々で描いた
「ちゅーりー」「ミッフィー」などハウステンボスのキャラクターが登場。ショ
ッピングを楽しみながら、お気に入りのキャラクターを見つけました。
        【期 間】9月16日(土)〜11月5日(日)
          【場 所】ルーベンス通り(ビネンスタッド)
←写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます

ミッフィーとオランダ国旗
ミッフィーとオランダ国旗
ダンスミッフィー
ダンスミッフィー
風車
風車
ミッフィー
ミッフィー
ミッフィー
ミッフィー
ウサギ
ウサギ
バンダナヘア
バンダナヘア
ちゅーりー
ちゅーりー
ダンスミッフィー
ダンスミッフィー
ミッフィーとオランダ国旗
ミッフィーとオランダ国旗

マウリッツ広場

花の噴水(女神達の側から) 占いの天星ホール 花の噴水(花壇側から)
花の噴水(女神達の側から) 占いの天星ホール 花の噴水(花壇側から)

帰りの時間が近づいて、ばたばたと写真だけ撮ってきた
ギヤマンミュージアム前の花時計 ハウステンボスIFXシアター Kirara(キララ) 風車とハウステンボスJR全日空ホテル
ギヤマンミュージアム前の花時計 ハウステンボスIFXシアター Kirara(キララ) 風車とハウステンボスJR全日空ホテル

チーズ農家「BOERENKAAS(ブールンカース)」で買ったチーズ  チーズ農家BOERENKAAS(ブールンカース)

  おみやげを買って帰るつもりはなかったのだけれど、この
 お店の
前を通ったら、何となく足が店の中に向いてしまって
 いた。

  左のチーズ色のものが、ナチュラルチーズ「メイゴーダ」
 (\1,190)で、右の白いのがクリームチーズ(\1,370)である。
 
  特に、クリームチーズを1p程度のさいころ状にカットして、
 鰹節をまぶして冷や奴風にして食べさせてもらった、美味し
 かったので、買うことにした。


戻  る