2012. 6.19(火)〜25(月)

 昨年のドイツ旅行から早くも1年。今年はユナイテッドキングダム(UK)、要するにイギリスに行くこ
とになった。昨年行き損ねたイタリアに行くことも考えたが、最近のユーロ不安で、国の中も落ち着
いていないのではないかと言うことで、それなら通貨がユーロではない国、と言うことでイギリスに
行くことに決まった。ただ、今年はロンドンオリンピックがある。その期間は旅行社もツアーどころで
はないだろうからと、オリンピック前の「旬のイギリス おいしいとこどり7日間」のツアーに申し込んだ。

6月20日  . ロンドン→ストーンヘンジ→バース→ストラトフォード・アポン・エイボン(泊)
6月21日 ストラトフォード・アポン・エイボン→コッツウォルズ→マンチェスター(泊)
6月22日 マンチェスター→湖水地方→マンチェスター(泊)
6月23日 マンチェスター→ウェールズ→ストーク・オン・ザ・トレン→ロンドン(泊)
6月24日 ロンドン→バッキンガム宮殿→大英博物館→ウインザー城→ヒースロー空港

イギリスのガイドブック             . イギリスの通貨ボンド
イギリスのガイドブック イギリスの通貨ボンド
阪急交通社のワッペン 阪急交通社のステッカー 阪急交通社のネームタグ
阪急交通社のワッペン 阪急交通社のステッカー 阪急交通社のネームタグ

 さあ、いよいよ出発である。またしても雨が降っている。イギリスの天気もイマイチの
ようである。9:50発の中国東方航空0532便に乗ってまず、まず上海浦東(プードン)国
際空港に向かう。

福岡空港国際線の外貨両替所 外貨両替のレート(日本円→外貨)
福岡空港国際線の外貨両替所 外貨両替のレート(日本円→外貨)
1ドルが81円、1ユーロが107円、1トルコリラが64円
そして、1ポンドが135円。今までの中では一番高いなー

福岡国際空港ではボーディングブリッヂで 上海浦東空港ではタラップで降りる タラップで降りてバスに乗ってターミナルビルへ
福岡国際空港ではボーディングブリッヂで搭乗 上海浦東空港ではタラップで降りる タラップで降りてバスに乗ってターミナルビルへ

世界でも有数のハブ空港、上海浦東国際空港のターミナルビル
第一ターミナルの様子1 第一ターミナルの様子2 第一ターミナルの様子3
第一ターミナルの様子1 第一ターミナルの様子2 第一ターミナルの様子3
表示が漢字なので日本のターミナルビルみたい 「元」を持ってなかったので、自販機で買えなかった(泪) 23番ゲートからヒースロー空港に向けて飛び立つ
表示が漢字なので日本の
ターミナルビルみたい
「元」を持ってなかったので、
自販機で買えなかった(泪)
23番ゲートからイギリス・ヒースロー
空港に向けて飛び立つ

12:35発イギリス・ヒースロー空港への中国東方航空機0551便   福岡空港から乗ってきた
 飛行機に比べて、かなり大
 きい飛行機である。

  これに乗ってイギリスのヒ
 ースロー空港まで約12時間
 のフライトになる。

  あーあ、12時間。この時間
 を考えると、たまにはビジネ
 スクラスに乗っていきたいと
 思うが、30万円ほど追加料
 金の支払いになるので、そ
 れはムリ(笑)。

  でも、まさかヒースロー空
 港までのフライトの中であん
 な大騒ぎが起きろうとは、こ
 のときにはまったく予想だに
 しなかった。

 過去2回の海外旅行は仁川空港経由の大韓航空機利用だった。今回のイギリスへのフライトは
中国東方航空だった。過去2回の燃油サーチャージャーが約5万円だったのに比べて、今回は約
25,000円。それは石油がいっぱい採れる国の航空会社だからだと聞いたが、それは定かではな
い。でも二人で約5万円も燃油サーチャージャーが安くなるのはちょっぴり嬉しい。

 しかし、いいことがあればダメなこともあるわけで、上海からの乗客のほとんどが中国人なので、
機内放送は中国語と英語だけ。機内食を持って来るときのCAさんの言葉もイマイチ日本語が苦
手そうだしそれよりも、私たちの後ろの席も中国人で、そろそろ睡眠に入ろうかという時間になっ
ても、そんなことは全くかまわず、大声でしゃべっている。それが機内の至る所でルーシーショー
(笑)なのである。「いいかげん静かにしてくれー」と思うのだが、中国語がしゃべれないので黙って
いるしかない。

 そんなこんなで、約12時間のフライトもほとんど眠れず、そんなわけで、機内食も完食できずに残
してしまったものもあった。
       【機内食の写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます】

福岡−上海間の機内食(10:30頃)
福岡−上海間の機内食(10:30頃)
15:00頃の機内食
15:00頃の機内食
20:00頃の機内食
20:00頃の機内食

飛行機内のトイレ トイレ内の洗面台 そろそろイギリスに近づいた機内の様子
飛行機内のトイレ トイレ内の洗面台 そろそろイギリスに近づいた機内の様子

 幸運にも窓側の座席に座ることが出来たので、シャッターチャンスを狙っていたが、ずーっと
雲の上を飛んでいたので、何にも見えなかった。しかし、ヨーロッパの上空に来たらくっきりと
見えてきた。しかし、どこの上空を飛んでいるかはまったくわからなかったが・・・
    【飛行機からのの写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます】

飛行機の翼が見えます
飛行機の翼が見えます
飛行機からの風景1
飛行機からの風景1
飛行機からの風景2
飛行機からの風景
飛行機からの風景3
飛行機からの風景
飛行機からの風景4
飛行機からの風景


現地時間19日の18:00頃イギリス・ヒースロー空港に到着
現地時間19日の18:00頃イギリス・ヒースロー空港に到着(ここでは当然ボーディングブリッヂ使用でした)


空港の中の売店 のどが渇いたので飲料水を買う ヒースロー空港には世界各国の人であふれている
空港の中の売店 のどが渇いたので飲料水を買う ヒースロー空港は世界各国の人であふれている


ターミナルビルから荷物を持って外に出る ロンドンのタクシーは「ブラックキャブ」と言う
ターミナルビルから荷物を持って外に出る ロンドンのタクシーは「ブラックキャブ」と言う

阪急交通社の人気添乗員、福本さん   予定では18:50に到着の予定だったが、1時間ほど早く到着した。そして、オリンピック前で
 入国審査が厳しいので、3時間ぐらいかかるかもしれませんと、添乗員の福本さん。阪急交
 通社の人気添乗員さんである。

  しかし、みんなおこないがいいのか、入国審査も1時間足らずで終わって、イギリスにおけ
 る旅行社「ミキトラベル」の真っ赤なバスが空港に迎えに来てくれていた。運転手はジョン。

  ホテルまで1時間ほどかかるそうで、ロンドン在住のアシスタントの大島さんと長谷川さん
 が同乗してくれて、ロンドンの見どころをいろいろと説明してくれた。バスの中からの撮影のみ。

  ホテルに20:20頃着く。空港に着いて、2時間もかからずにホテルに着くなんて奇跡のよう
 なものだそうな・・・

ミキトラベルのバス               . ドライバーのジョン
ミキトラベルのバス ドライバーのジョン

ロンドンの象徴「ビッグベン」 【世界遺産】国会議事堂(ウエストミンスター宮殿) 大型観覧車「ロンドンアイ」
ロンドンの象徴「ビッグベン」 【世界遺産】国会議事堂(ウエストミンスター宮殿) 大型観覧車「ロンドンアイ」
エリザベス女王一家の巨大パネル 【世界遺産】ロンドン塔 タワーブリッヂ
エリザベス女王一家の巨大パネル 【世界遺産】ロンドン塔 タワーブリッヂ

第一目のホテル「ノボテルホテル」 ホテルの隣に「エクセルロンドン」が
第一目のホテル「ノボテルホテル」 ホテルの隣に「エクセルロンドン」が

海外に行ったら、例のごとく甚兵姿でお酒を飲む(笑)・・・
スコッチウイスキーのメニュー ガラス窓の向こうに「エクセルロンドン」が オリンピックで柔道や卓球があった会場
スコッチウイスキーのメニュー ガラス窓の向こうに「エクセルロンドン」が オリンピックで柔道や卓球があった会場

 毎度の事ながら、イギリスで買ってきたおみやげのラインナップです。「今度のイギリス旅行では
無駄遣いはしないようにしよう」と言っていたのに、この“ていたらく”である。単価は安くても、数多
く買えば、それなりの金額になってしまった。反省ー。

ピーターラビットの壁掛け ユニオンジャックの壁掛け 栓抜き?(壁掛けにしています)
ピーターラビットの壁掛け ユニオンジャックの壁掛け 栓抜き?(壁掛けにしています)
粉末紅茶 ティーバッグ紅茶 ウェッジウッドの五輪仕様マグカップ
粉末紅茶 ティーバッグ紅茶 ウェッジウッドの五輪仕様マグカップ
ウェッジウッドの五輪仕様ゆで卵立て ウェッジウッドの小鉢 ウェッジウッドのネックレス&ピアス
ウェッジウッドの五輪仕様ゆで卵立て ウェッジウッドの小鉢 ウェッジウッドのネックレス&ピアス
ピーターラビットのペーパーウエイト ピーターラビットのカップ&スプーン ピーターラビットのコーヒーカップ
ピーターラビットのペーパーウエイト ピーターラビットのカップ&スプーン ピーターラビットのコーヒーカップ
ピーターラビットのティーバッグ紅茶 ピーターラビットのミルクチョコ(大) ピーターラビットのミルクチョコ(小)
ピーターラビットのぬいぐるみ ピーターラビットのぬいぐるみ ユニオンジャックスタンプのゴルフボール
ピーターラビットのぬいぐるみ ピーターラビットのぬいぐるみ ユニオンジャックスタンプのゴルフボール
ユニオンジャックスタンプのゴルフボール スコッチウイスキー21年物 ユニオンジャックのサングラス
ユニオンジャックスタンプのゴルフボール スコッチウイスキー21年物 ユニオンジャックのサングラス
ユニオンジャックのトレーナー 孫にウォッシャブルマーカー ミントチョコ&ジンジャークッキー
ユニオンジャックのトレーナー 孫にウォッシャブルマーカー ミントチョコ&ジンジャークッキー
飛行機内で使うためのポット トレイ(大) トレイ(小)
飛行機内で使うためのポット トレイ(大) トレイ(小)
ユニオンジャックのネームタグ バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(I love LONDON)
ユニオンジャックのネームタグ バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(I love LONDON)
バッグ用のステッカー(I love ENGLAND) バッグ用のステッカー(BRITISH) バッグ用のステッカー(タワーブリッジ)
バッグ用のステッカー(I love ENGLAND) バッグ用のステッカー(BRITISH) バッグ用のステッカー(タワーブリッジ)
バッグ用のステッカー(ウインザー城) バッグ用のステッカー(ピーターラビット) 車用ステッカー(ENGLAND)
バッグ用のステッカー(ウインザー城) バッグ用のステッカー(ピーターラビット) 車用ステッカー(ENGLAND)
バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(ユニオンジャック)
バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(ユニオンジャック) バッグ用のステッカー(ユニオンジャック)

 そんなわけで、オリンピック前の「旬のイギリスおいしいとこどり7日間」の旅行はほぼ終わり、
これからまた10時間ほどのフライトを経て、上海→福岡への帰路となる。

 入国審査は厳しくても出国審査はたいしたことなかろー、と甘く見た私が馬鹿だった。審査は
すぐ終わったのだが、機内持ち込みのセキュリティーチェックで引っかかってしまった。「なぜ?
」と思ってリュックを開けてみたら、なんとなんと、ペットボトルが入っていた。そういえば、ホテル
で煮沸した水をペットボトルに入れて、リュックに入れていたのだ。当然、観光中に飲み終える
ろうと思っていたのに、寒くてまったく飲むこともなく、リュックに入ったまま、入れているのを忘
れていた、というわけである。

 そして、これのチェックがまた厳重なのである。チェックを待っている人が何人もいて、30分ぐ
らい待たされただろうか。それから、リュックの中身を全部出して、検知器で全部調べて、そし
て無罪放免というわけである。夫が「まだー?」と何度も聞きに来たがダメな物はダメなので
ある。不注意がこんな結果を招くといういい勉強になった。

ヒースロー空港でのチェツクインの様子 免税品の払い戻しの手続き窓口
ヒースロー空港でのチェツクインの様子 免税品の払い戻しの手続き窓口

 中国東方航空、上海からロンドンへのフライトのトラウマがよぎる。また、10時間を超えるフライト
の間中寝られないのでは、と思って搭乗したが、今度はロンドン→上海である。来るときほど中国
人は多くないようである。それに機体も新しいし、来るときには付いてなかった個別モニターも一人
ずつシートに付いている。まー、日本の映画数本しか、わからないが・・・

 でも機内食もどーんとボリュームがあって、あまり食べる気がしない。一週間の旅行でかなり日本
食が恋しくなってきた。
         【機内食の写真をクリックすると拡大(700×525ピクセル)写真がご覧いただけます】

イギリス時間24日22:40頃の機内食
イギリス時間24日22:40頃の機内食
イギリス時間25日6:30頃の機内食
イギリス時間25日6:30頃の機内食
上海−福岡間の機内食(中国時間19:20頃)
上海−福岡間の機内食(中国時間19:20頃)

 さあ、イギリス旅行も9割ぐらいは終わった。現地時間の25日16時ぐらいに上海に到着し、2時間15分
ほどの時間を待って、18:15発の飛行機(0531便)に乗って福岡空港に向かう。その間、買い物や飲食を
して時間をつぶす。

 のどが渇いたのでお茶を買おうとしたらウーロン茶が1本350円と言う。自販機だったら100円ぐらいで
買えたのだろうが、「元」を持っていないので、日本円が使えるお店で買おうとすると、3倍以上にぼった
くられてしまう。それで、2本買うつもりだったが、1本を夫と2人で飲むことにした。

 しかし、空港には免税店が多いので、化粧品店で夫が、先日銀座三越で買ったアフターシェープロー
ションが半額ぐらいで売ってるからと、2本も買ってしまった。まー、ウーロン茶でぼったくられても、ロー
ションで、数千円得したのだから、結果オーライと言うことで(笑)。

ウーロン茶が350円もしたお店 漢字がなければ中国のお店とは思えない
ウーロン茶が350円もしたお店 漢字がなければ中国のお店とは思えない

 上海から福岡に向かう飛行機は、当日、中部国際空港(セントレア)から上海にフライトした飛行機
に乗る予定になっていたが、その飛行機の到着が少し遅れたために、上海発の時間も15分ほど遅
れた。私たちは車で福岡空港に来ているので、遅れても問題ないのだが、予定では福岡空港に
20:50着だったので、それに合わせて、九州新幹線で八代まで帰ろうとしていたおばちゃん3人組が
「間に合わんかもしれんねー」と言われていた。

 まー、間に合ったかどうかはわからないが、今回の旅行で至れり尽くせりの世話をしてくださった添
乗員の福本さんに「また次の旅行も是非福本さんとご一緒したいです」とお礼を述べて別れた。

 日本の梅雨を逃げ出すために国外脱出したというのに、イギリス旅行中半分は雨で、しかも寒くて
イギリスで買ったトレーナーの上にジャンバーを着て過ごしていた。ところが、日本に戻ってきたら、
梅雨特有の高温多湿の気候である。あーあ、今日からまた現実に引き戻されてしまったすーちゃん
である。