マンチェスターを拠点に 湖水地方の散策

2012. 6.22(金)

 昨日、マンチェスターのパレスホテルに宿泊し、今日は有名な湖水地方の散策である。湖水地方と
言えば、さだまさしの小説「茨の木」の舞台でもある。さだまさしのファンなので当然、茨の木が出た
ときにすぐ買って読み始めたのだが、途中で挫折してしまっている(笑)。で、その湖水地方を今日は
この目で見に行くことになった。ところが、雨。フットパス(ウォーキング)も予定されているというのに。

古いホテルなのにエレベータ
の装置は新しかった
ホテルのテレビに偶然香川真司が登場 雨漏り対策のバケツ

昨夜は遅くまで、ホテルの外を探検したのに、今朝もまた懲りずに早起きして、朝食前に町を散策・・・
左手が駅? メインストリート オックスフォードへの道?
マンチェスター・ヴィクトリア駅 時刻表の電光表示 駅売店

パレスホテルの時計台 劇場パレスシアター

いつもながらのホテルの朝食(バイキング)
パン・チーズ・ハムエッグ フルーツ コーヒー

イギリスの硬貨
   1ポンド           50ペンス          20ペンス          10ペンス          5ペンス     2ペンス    1ペンス

 香川真司選手が2012年6月にイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFC(マン・U)に移籍
することが発表された。そのマン・Uのホームグラウンドである「オールド・トラッフォード」。訪れたのが、朝9時
前だったので、スタジアムの中にも入れなくて、雨の中外観だけ写真に撮ってきた。

オールド・トラッフォードの正面玄関 チケットセンター

 湖水地方と言えばピーターラビットの生みの親、ビクトリア・ポターが半生を過ごした地として
有名に「二ア・ソーリー」がある。「ワールド・オブ・ビクトリア・ポター(ビクトリア・ポターの世界館)」
では、ピーターラビットの映像やぬいぐるみ、グッズなどをふんだんに見ることが出来る。

入場ゲート ビクトリア・ポターの世界館の外観 ラッピングカー
カントリークロック ビクトリア・ポターの世界館のエントランス
ピーターラビットの映像 ピーターラビットの映像

「ワールド・オブ・ビクトリア・ポター(ビクトリア・ポターの世界館)」の中の様子
(写真をクリックすると拡大写真が見られます)

朝食は湖畔クルーズをするために、クルーズ船に乗る前に港の近くで・・・
湖畔の船着き場の近くの町並み レストラン「ペレスフォード」
ブルーバードビタービール パン コーンスープ カンバーランドソーセージ

 ウインダミア湖クルージング。折角のクルージングも雨に煙って、残念だ。

船着き場の時計 ボウネス・ピア(港) クルージング船に乗り込む
クルージング船の船内 イギリス国旗がはためいていた 湖畔に建つホテル?

グラスミア湖 グラスミア湖のフットパス ウインダミア湖
おしゃれなアパートメント 窓際に居た猫 湖水地方を案内してくれたガイドさ

ノーザンブリアの王、聖オズ割るどを祀る「セント・オズワルド教会」
時計台 ワーズワースの石碑 ミカエル夫妻の石碑?
ヘンリー・ホリデイ作のステンドグラス
教会の内部 ワーズワース一家の墓 ワーズワース一家の墓

ジンジャーブレッドショップ 売り子さん 店内の様子

昨夜のディナーはマンチェスターのパレスホテルで食べたが、今夜はホテルではなく、近くのレストランで・・・
夕食を食べたマンチェスターの「ボワーホテル」 ウォッカ(赤) ポテト&ビーフシチュー
スープ パン フルーツポンチ

 同じホテルに連泊はありがたい。特に昨夜は遅かったので、荷物のパッキングをしなくていいのは
とても助かる。で、散らかして出ていっても、戻ったときには部屋はきちんと掃除されている。でも、
明日はマンチェスターを出て、ウェールズ経由でまたロンドンに戻らなければならないので、さあ、頑
張ってパッキング。
ベッド テレビとドレッサー
バスタブ トイレと洗面台

 一日雨の中の湖水地方散策。ウインドブレーカーは 
持ってきていたが、丈の長いカッパなどは持ってきて
おらず、傘だけではボトムズも靴もしっかり濡れてしま
った。

 と言うわけで、今夜は濡れた衣類や靴を乾かすこと
に専念。6月というのに暖房が入った部屋でのほとんど
を占領したこれらの品。

 そして、長袖はイギリスに来てバースで購入したトレ
ーナーしか無いために、3日続けて、明日もまたこれを
着ることになった(笑)。

 コッツウォルズ、湖水地方とイギリス旅行の王道を制覇して、明日はいよいよウエールズ入りである。
と言いつつ、ウエールズがどこにあるのか、どんな観光地があるのかもわからないまま、ドライバーさん
が運転するバスに乗るだけである。その他にウエッジウッドで、アフタヌーンティーと言うのも楽しみ・・・