どんぐり村
の
地上に輝く天の川2014

2014. 7. 5(土)

  2005年に阿蘇の「ミルク牧場」で始まった「大草原の天の川」。
 その年と翌年は阿蘇までバスツアーで見に行った。

  2007年にはミルク牧場の園長が、佐賀県「どんぐり村」に着任さ
 れたのを機に、どんぐり村でも「地上の天の川」のイベントが始ま
 った。

  2007年と2008年には車でどんぐり村まで出かけ、その後は行く
 ことも無くなっていたが、先日新聞に7/5と7/12の土曜日の夜、
 「地上の天の川」が開催されると載っていたので、6年ぶりに行っ
 てきた。この時期は梅雨の真っ盛りで、雨の時が多いのだが、今
 夜は雨も降らず涼しくて、とてもいい七夕(2日早いが)の夜だった。

 ←写真をクリックすると拡大画像が見られます

 せっかく車で1時間程かけて三瀬まで行くのなら 
何か美味しい物を食べようと考えていたら、前日
(7/4)の西日本新聞の別刷りにこんな特集が載っ
ていた。

 場所もどんぐり村に程近い。久しぶりにそばを食
べてみようと言うことで、「三瀬そば」に行ってきた。

         写真をクリックすると拡大画像が見られます→

三瀬そばの店内 店内には「杉村春子」(左)と「米倉斉加年」(右)の色紙が
「三瀬そば」で一番人気の2〜3人前の板そば おかずにからあげとおはぎ(笑)をも注文

     .
どんぐり村の入場ゲート 「地上に輝く天の川」のポスター

 まだ明るかった午後6時半に入場して(5時以降の 
入場に関しては入場無料)、「天の川」の点灯までは
2時間近くあるので、20年ぶりぐらいに園内を散策し
ようと、マップ片手にウォーキング開始。

         写真をクリックすると拡大画像が見られます→

ワインショップ「Benheur」 ショップ入り口にはワインボトルが並んでいる
ワインショップの店内 紅白のワインの他、ロゼやサイダーも
ワインショップの2階、フランス・ボルドー地区の「ワインのできる過程」を解りやすく展示


ワインショップの前で、エレクトーン演奏があっていました。

ヤギの体重当てがあっていた。正解は約28sでした。意外と重い!? ヤギ舎にいた白ヤギと黒ヤギ
乗馬場にいた馬
乗馬場にいた馬 乗馬場にいた馬 乗馬場にいた馬

園内で搾乳した牛の乳でミルクを加工するミルクプラント
園内で搾乳した牛の乳でミルクを加工するミルクプラント アジサイが綺麗だった「雲の池」

どんぐり村のばんやさん みつせ鶏を食べられる「どんぐり亭」

 8時半になり、いよいよブラックライトの点灯。日中は蒸し暑かったが、どんぐり村は標高400メートルもあり、
地表の気温より7℃程低いそうである。腕時計の気温を見たら22℃で、半袖では肌寒いほどだった。


ブラックライト点灯までのカウントダウンをキッズ「織り姫とひこ星」がしました

【スライドショー】のボタンを押すと「どんぐり村 地上の天の川」の
写真をスライドショーでご覧いただけます。

・各写真をクリックすると高画質写真が見られます。
・閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
・右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
・ダウンロードは[Shift]キーを押しながら右クリックしてください。



どんぐり村名物のミルク加工品。いずれも1個150円。無糖のコーヒーミルクが美味しかった。
どんぐり村のコーヒーミルク どんぐり村のミルクプリン どんぐり村のジャージーヨーグルト

 と言うわけで、梅雨の合間に雨にも遭わずに、どんぐり村の「地上に輝く天の川」を駆け足で
見てきた。2005年開始のの阿蘇ミルク牧場で2回、そしてどんぐり村で3回目の体験だった。
まー、きれいなのだが、毎年同じなので、今少し工夫が欲しい気はする。でも、何よりこの季
節、雨が降らない事が一番のご褒美のようである。