SLあそBOYの旅 と わくわくカブトムシ獲り体験

2005. 7.27(水)

 熊本県内を走るJR豊肥本線「熊本」−「宮地」間を一日一往復、SL(蒸気機関車)
が牽引する列車「あそBOY」が運行されていることは知っていたが、特別乗りたい
とは思わなかった。

 ところが、新聞でこのSLが8月いっぱいで引退するという記事を見て、それならば
最後に一度乗ってみようと、またまた西鉄旅行のバスハイクに申し込んだ。夏休み
だし、このツアーはカブトムシ獲りまでセットされている。当然たくさんのお客の申し
込みがあるだろうと思っていたら、あに図らんやたったの15名。だけど、これくらい
のほうがバスハイクはちょうどいい。

 それから、バスハイク前日に西鉄旅行から電話がかかってきて、「当日のあそB
OYはSLではなくディーゼル機関車の牽引になります」と言う。「なにーっ、私はSL
を見たくて、SLを撮影したくてこのツアーに申し込んだのにー」でも、いまさら予定を
変更するわけにもいかず、三度目の正直でリベンジとなるか(3/5の「火文字焼き」
7/9の「大草原の天の川」、両日ともかなりの悪天候だった)というわけで、阿蘇に
向けていざ出発ー。 

今回のバスハイクは「あそボーイ」の乗車券と昼食込みで\6,800 西鉄旅行バスハイクのワッペン
今回のバスハイクは「あそボーイ」の乗車券と昼食込みで\6,800 西鉄旅行バスハイクのワッペン

いつもながらの旅の友(^_-)      . ヨン様CMのコカ・コーラ「七色亜茶」
いつもながらの旅の友(^_-) ヨン様CMのコカ・コーラ「七色亜茶」

(なかなかイケメンの)運転手さん   . いつもよりちょっと小さめの西鉄バス    添乗員さん
(なかなかイケメンの)運転手さん いつもよりちょっと小さめの西鉄バス 添乗員さん

道の駅「水辺の郷 おおやま」     . まず今日の1個目ソフトクリーム
道の駅「水辺の郷 おおやま」 まず今日の1個目(柑橘系)ソフトクリーム

食べ物屋さんが並ぶ 苗木なども売っていた
食べ物屋さんが並ぶ 苗木なども売っていた

道の駅「水辺の郷 おおやま」の横を流れる川を撮影(4枚の写真を合成)
道の駅「水辺の郷 おおやま」の横を流れる川を撮影(4枚の写真を合成)


今日の2個目黒ごまソフト   . 昼食を摂った「三愛レストハウス」   . 焼きちくわが美味しそうだった
今日の2個目黒ごまソフト 昼食を摂った「三愛レストハウス」 焼きちくわが美味しそうだった

昼食はバイキングでしたー
昼食はバイキングでしたー。(まー、ありきたりの・・・)

「三愛レストハウス」から見た阿蘇の山々
「三愛レストハウス」から見た阿蘇の山々(4枚の写真を合成)

今回のバスハイクの目的のひとつ「カブトムシ獲り」
今回のバスハイクの目的のひとつ「カブトムシ獲り」(しかし、なかなかカブトムシがいない。結局子供一人に1匹ずつ支給?された)

ようやく1匹だけ見つけたカブトムシ 子供に支給されたカブトムシ
ようやく1匹だけ見つけたカブトムシ 子供に支給されたカブトムシ

この辺りはいろんな昆虫の宝庫でもありました
バッタ モンキチョウ 蜂、かな?
バッタ モンキチョウ 蜂、かな?

 「三愛レストハウス」から歩いても行けるほどの距離にある「三愛高原ホテル」。そんなに
近い距離なのにバスに乗って行った。このホテルも実は「黒川温泉郷」の中の一つなので
ある。黒川温泉からは遠く離れているような気がするのだが・・・

三愛高原ホテル 瀬の本高原標高920mにあるホテル ここの露天風呂は「絶景の湯」
三愛高原ホテル 瀬の本高原標高920mにあるホテル ここの露天風呂は「絶景の湯」

脱衣かごと休憩のベンチ 貴重品用のロッカーと洗面台
脱衣かごと休憩のベンチ 貴重品用のロッカーと洗面台

露天風呂「絶景の湯」
ここで身体や頭を洗って 湯船はゆ(湯)ったり ジャグジーもあります
ここで身体や頭を洗って 湯船はゆ(湯)ったり ジャグジーもあります
温まったら冷泉に入って これは飲めます 左の飲み水の説明
温まったら冷泉に入って これは飲めます 左の飲み水の説明

露天風呂から見た阿蘇の山並み(?)
露天風呂から見た阿蘇の山並み(?) (5枚の写真を合成)

SLあそBOY

 大正11年に誕生して以来、昭和50年3月まで九州で活躍し
た8620形機関車(通称ハチロク)が、昭和63年に「SLあそ
BOY」として復活。平成元年10月には西部劇映画によく登場
し、アメリカで最も人気がある「デュランゴ・シルバートン鉄道」
のSLと姉妹列車提携を結びました。ダークグリーンだったカラ
ーリングを平成12年春、もともとの「黒」に戻して雄大な自然の
地「阿蘇」へ多くの乗客を乗せて走りつづけています。

 「SLあそBOY」は、車両の老朽化のため、平成17年8月
28日の運行を最後に、引退する事になりました。

大正11年製造、82歳(平成16年)
大正11年製造、82歳(平成16年)

ディーゼルあそBOY(宮地→肥後大津の乗車券・指定席券)   「ディーゼルあそBOY」
     宮地→肥後大津の乗車券・指定席券

  この切符、よく見ると「SLあそBOY」ではなく、
 「ディーゼルあそBOY」となっている。今、写真を
 整理していて気がついた。

  あそBOYは特急でも急行でもなく、座席指定
 の普通電車扱いなのだろうか。だって、各駅停
 車だったもの・・・

乗車駅の「宮地駅」 ホーム側から
乗車駅の「宮地駅」 ホーム側から

昇降口 ディーゼル機関車牽引のあそBOYの全景 ディーゼル機関車
昇降口 ディーゼル機関車牽引のあそBOYの全景 ディーゼル機関車

JR九州豊肥本線(大分ー熊本)のうち、宮地から肥後大津までを乗った。
(駅名の看板をクリックすると拡大写真が見られます)
みやじ
いこいの村
あそ
内 牧
市ノ川
みやじ(乗車駅) いこいのむら あそ うちのまき いちのかわ
あかみず たての
(豊肥)瀬田
ひごおおづ 立野駅スイッチバック案内
あかみず たての(スイッチバック) (ほうひ)せた ひごおおづ(下車駅) 立野駅スイッチバック案内

あそBOYの車内
座席1 座席2 観葉植物も置かれていた
座席1 座席2 観葉植物も置かれていた

売店にはいろんなものが、コンパクトに取りそろえてありました
SL関連のグッズ SLの絵はがき ビール SLに関連した人かな?
SL関連のグッズ SLの絵はがき ビール SLに関連した人かな?

ウエスタンスタイルの客室乗務員(女性) ウエスタンスタイルの売店担当の客室乗務員(男性)
ウエスタンスタイルの客室乗務員(女性) ウエスタンスタイルの売店担当の客室乗務員(男性)

車窓からこんなものが見えてきた。阿蘇の山で風力発電が行われているようだ。
車窓からこんなものが見えてきた。阿蘇の山で風力発電が行われているようだ。

 宮地駅を15:21に発車して、阿蘇の山並み 
を見て、肥後大津に到着したのが16:28。
1時間ちょっとの旅だった。

 牽引するのがSLかディーゼルかの違いな
だけで、乗ってしまえば全く一緒。快適な「あそ
BOY」の旅だった。

 宮地で私達を下ろしたバスは、先回りして、
大津駅に待っていてくれた。
「あそBOY」を下車した肥後大津駅

 長崎に行ったときには「和泉屋」、熊本に来たときには「キムチの里」と相場が決まっている
ようだ。帰りにここでお土産を買ってくださいよ、ということなのだろう。私は買うつもりはなか
ったのだが、お店にはいるとどうしても何か買ってしまいたくなる。で、写真の「太平燕(タイピ
ーエン)」と「いかの塩辛」を買って帰った。

例のごとく例のごとしの「キムチの里」 熊本名物春雨スープ「太平燕(タイピーエン)」 なぜか「いかの塩辛」
例のごとく例のごとしの「キムチの里」 熊本名物春雨スープ「太平燕(タイピーエン)」 なぜか「いかの塩辛」

 私が乗車した約ひと月後、「あそBOY」号は82才の老体を鎮めるかのように、
静かに引退していった。私はとうとうSLを見ることもなく、その名前だけを追い求
めることとなる。山口県ではまだSLが走っているらしいから、今度機会があった
ら、乗りに行ってみようかな、と思っている。


戻   る