明善高校名物
筑後川河川敷マラソン大会
              2003

2003. 2. 7(金)

 とうとう やってきたこの日。一年で一番いやな日だ。少なくとも僕にとっては。
だって、筑後川の河川敷を8キロも走らなければならない(女子は5キロ)。風邪
を引いてても、故障をしてても、よくなったら絶対に走らなければならないのだ。
雨が降れば「延期」ではなく「中止」になる。麻子が作っていた「逆さてるてる坊
主」をつり下げたい気分だった。しかも、午前中は普通通り授業がある。しかし、
どうせ走らなければならないのなら、意を決して走ることにした。

 そして、当然物好きの母ちゃんがやってきた。今回はおばあちゃんまで連れて。
写真もいっぱい撮っていたようだったが、後で見てみると、まともな写真がほとん
どない。それでも、2回目にして最後となるマラソン大会の写真を一挙公開〜。

水天宮下の折り返し点に向かう男子
筑後大堰から戻ってくる女子と、大堰に向かう男子 水天宮下の折り返し点に向かう男子
はるか向うに見える筑後大堰 この橋は豆津橋
はるか向うに見えるのが筑後大堰 この橋は豆津橋
ゴールに駆け込む1年女子 先生や、走らなかった生徒もお疲れ様
ゴールに駆け込む1年女子 先生方や走らない生徒もお疲れ様です
久留米大橋から戻ってきてゴール寸前の2年男子 ゴールまであと少し「頑張れー」
久留米大橋から戻ってきてゴール寸前の2年男子 ゴールまであと少し、「頑張れー!」
走り終わってへたり込んでいる男子生徒達 レースが終わり、学校へ帰る生徒達
走り終わってへたり込んでいる男子生徒たち レースが終わり、学校へ帰る生徒達
ほとんどの生徒のゴールが終わったゲート 戦い終わって、夕陽の中の筑後川
ほとんどの生徒のゴールが終わったゲート 戦い終わって、夕陽の中の筑後川