クラスマッチ 2004 夏

2004. 7 7(水)

 高校生活の中で、もっとも青春を感じる行事はなんだろう?明善生ならたぶん、
「大運動会」と答えるだろう。しかし、運動会は4つのブロックに分かれるときに、ク
ラスも分割されてしまう。その点クラスマッチは、文字通りクラスを挙げて一致団結
して戦うものである。文化面で合唱コンクールがなくなった現在、クラス対抗の競
技は、一年に3回行われるクラスマッチだけである。

 特に3年生は1学期のクラスマッチが最後となる。このあと、大運動会が終わる
と、一気に受験戦争になだれ込んでいく。そういう意味でも、1学期のクラスマッチ
は他の学期のそれよりも、生徒たちにとっては思い入れの深いものだと思う。

 クラスマッチ当日は「博多座」へ福岡県出身の歌手が主役を務める舞台見に行
っていたので、今回の撮影は特派員である娘麻子が行った。あまりよく撮れてい
ないが、感動は十分伝わるのではと思う。

 現場を見ていないので、写真にコメントの付けようがない。競技をやっているのが
どの学年かもわからない。とりあえず、麻子に聞いてわかる範囲で写真だけ掲載し
ています。

1年男子 バスケットボール 1年女子 バレーボール
     .

2年男子 バレーボール 2年女子 ハンドボール
     .

3年男子 サッカー 3年女子 ソフトボール
(競技中の写真がないので、応援中の写真です)
     .


ハチマキの写真をクリックすると拡大(640×480ピクセル)写真が見られます
1年 優勝 5組 2年 優勝 6組 3年 優勝 10組
1年 優勝 5組 2年 優勝 6組 3年 優勝 10組

「はちまきグランプリ」の表彰式


1−5               2−6                3−10
1年5組 2年6組 3年10組

表 彰 式

男 子 女 子
1年
バスケットボール(1−2) バレーボール
2年
バレーボール ハンドボール(2−3)
3年
サッカー(3−6) ソフトボール

 今回のクラスマッチより採用された「はちまきグランプリ」。現在職員室の前に
全クラスのはちまきが飾られている。「1本作るのにどれだけ時間がかかっただ
ろう」と思わせるような力作から、「いつもと同じ」という普通の作品まで、明善ク
ラスマッチの別の一面が見られておもしろい。競技で勝てなくても、はちまきで
は絶対勝つ、という意欲があふれていてほほえましい。

 そんな必勝はちまきを身につけて戦った結果は上記のようになった。クラス名
が分からないものがあるが、リサーチ不足です。近いうちに全部書き込みます。
このページをご覧になって、「これ、うちのクラスです」という人、是非ご連絡くだ
さい。


イベントのページへ         . あさこの部屋4へ