筑後川 灯籠流し

2005. 8.15(月)

 父が亡くなって20年。それから数年間はお盆のお供え物を水天宮下まで
持って行き、灯籠と交換して筑後川に流していた。しかし、いつの頃からか
流しに行くのを止め、お供え物は「ゴミ」として出されることに。

 今年、私が所属するシニアネット久留米(SNK)が、この灯籠流しのボラン
ティアを有志で請け負うことになり、その連絡用のメールがMLに大量に流
れてきたために、いやが上にも灯籠流しのことを知ることとなる。

 母に「今晩、灯籠流しを撮影しに行ってくるから」と言ったら、「じゃー、お
供え物を持って行ってよ」と言われ、今回の灯籠流しに1個貢献できた次第
である。

灯籠流しの動画(写真をクリック)
(640×480ピクセル、744KB、52秒)


それぞれの家庭から持ち込まれた盆のお供え物   仏壇のある家ならどこでも、お盆には
 くだものや野菜などをお供えする。

  そして、盆の15日にはそれらを「こも」
 でまいて水天宮のところに持って行くと
 引き取ってくれる。もちろん、ゴミになる
 ことに変わりはないのだが。

  その代わり、500円で灯籠を買って、
 その中のロウソクに火をつけて、筑後
 川に流すのである。

お参りする場所が作られていました   . 看板   . この方は4つも灯籠を流されるのでしょうか?
お参りする場所が作られていました 看板 この方は4つも灯籠を流されるのでしょうか?


 私も河川敷への入り口で、お供え物を引き取ってもらい、階段を下りて河川敷に
設けられていたテントで灯籠を1個買った。左の蓮の花が描いてある方に亡くなら
れた人の戒名(わからなければ俗名でも可)を、真ん中の功徳主と書いてある方に
流す人(訪れた人)の名前を書いてください、と言われた。

 父の戒名はおぼろげには覚えていたが、間違ったら恥ずかしいので(って、誰に
もわからないのだが・・・)俗名を書いた。功徳主の欄には母と私の名前を連名で
書いた。来年はきちんと父の戒名を控えていかなきゃ。 

流される人の名前(戒名or俗名で) 流す人の名前を ロウソクに火を灯して流す
流される人の名前(戒名or俗名で)を書く 流す人の名前を書く ロウソクに火を灯して流す

花火大会ほどではないけれど、いろんな露天が立っていた。
りんご飴や焼きイカのにおい・・・、何とも言えない郷愁を誘う。
露天1 露天2


 筑後川を流れていく灯籠をスライドショーでアップしてみた。薄暮の時間は
何とか見られるが、あたりに闇が落ちてくると、コンパクトデジカメでは、まっ
たくダメで(というより、私の腕が悪いのだが・・・)ボケた写真ばかりになって
しまった。でも感じだけはわかっていただけるものと思います。

 それぞれの写真の上にマウスを持って行くと、「あら、不思議」灯りが灯る。
「スライドショー(自動)」のボタンを押すと、フルスクリーンのスライドショーで、
見ることができます。

フルスクリーン鑑賞設定法



同じ日に長崎で開催される「精霊流し」では、豪華な精霊船が爆竹や鉦を叩いて、
通りをたくさん練り歩く。久留米でもこんな精霊船が何艘か準備されていた。   .

参考までに、昨年の「長崎 精霊流し2004」のページはこちら
精霊船1 精霊船2 精霊船3


灯籠流しボランティアの発起人、島井さん(右)   シニアネット久留米(SNK)が灯籠流しの
 ボランティアをすることの発起人が写真右
 の島井さん。

  この方を始めとして、今回ボランティアと
 してお手伝いをされている方々のメール
 がMLにたくさん流されてきて、さも「すー
 ちゃん、灯籠流しに来なさい」と誘われて
 いるようで、出かけた次第である。

  島井さん、廣津さん、今津さん、珠理さん
 その他大勢のSNKのボランティアの皆さん
 お疲れ様でした。

廣津さん 今津さん 珠理さん
廣津さん 今津さん 珠理さん