@あっとホームなデジタル写真展
2006年 1月分の「@ホーム賞」受賞

2006. 2.13(月)

 昨年(2005年)11月分の作品で、11ヶ月ぶりの低迷を脱して、「@ホーム賞」
を受賞して、さあ今年はスタートダッシュするぞー、と思っていたら、NHKから
思いがけない電話があった。

 「年賀状配っているアルバイトさんの写真が@ホーム賞に入賞しました」と。
えー、あの写真が?あのアルバイトの男の子は、息子の1年後輩で(息子も
年賀状配達のバイトをしてました)、保育園の頃からよく知っていたので、年末
から彼に「元旦に配達に来たときはだまって年賀状を入れていかないで、ブザ
ーを鳴らしておばちゃんを呼ばやんよー。写真を撮るから」と頼んでいた。

 どんな構図で写真を撮ろうという、意図はまったくなかったのだが、郵便受け
に年賀状を入れている写真は家の影が映って、あまり良くなかったので、もう
一枚撮らせてね、と言って撮った写真がこれである。動きもないし、まったくお
もしろくないから、まさかこれが入賞するなんて、という思いである。

 しかし、審査員の先生のコメントにあるように、こんなに分厚い年賀状を撮影
できるのは、元旦だけだし、郵便局のバイクであることが即座に判別できるこ
と、そして、バックの家(恥ずかしながらこのボロ家が我が家なのだが)に郵便
受けが見受けられ、そんなところを総合して、【新年】というテーマの受賞作品
として選んでもらえたのだろう。

受賞作に対する審査員の先生のコメント

NHK福岡放送局のHPより今回の受賞作品のページ
(来年度2007年3月末までしか見られません)